コミックマヴォVol.5

« 企画・幻のデビュー前作品集 | トップページ | 多摩美の講評会で »

2005/01/12

昨晩はココログ重かったですね

特に夕方6時から7時くらい。まったく繋がらなかった。mixiも以前はよくこうなったけど、ココログもひどいね。これって他のサーバーもこんなものなんですか? オリジナルドメインでレンタルサーバってのも考えてはいるんですが、そういうのはまだやったことがないんで不安もあります。なんかオススメがあったらどなたか教えてください。

「たけくまメモ」の場合、今のところ一日1万5千~2万ヒットくらいで推移しています。過去には一日6万というのも一回だけありましたので、最悪そのくらいヒット数があっても耐えられるようなところってないでしょうか。容量1Gくらいで。できれば月千円程度が望ましいですが、まあそこは条件次第です。

ブログは便利なんですけど、サーバーが不安定だと長い原稿をアップするのは心配なことがありますね。こないだブラウザ上で長文を書いていて、アップの段階でなぜか消えてしまったことがありました。それに懲りて、長文はエディタで書いてからアップするようにしています。このへんもなんとかなりませんかね。

いや、なんか愚痴みたいな業務連絡でした。

|

« 企画・幻のデビュー前作品集 | トップページ | 多摩美の講評会で »

業務連絡」カテゴリの記事

コメント

ウチのサイトはMovableTypeというブログツールをレンタルサーバーにインストールして使ってます。
ttp://rebecca.ac/milano/install/等のサイトを参考にしたら、わりと簡単にできましたよ。
オリジナルドメインだったら、ttp://www.value-domain.com/あたりが安くていいのではないでしょうか?

投稿: ナル | 2005/01/12 13:57

http://www.sakura.ne.jp/
値段を考えるとここくらいしか思いつかないです

投稿: 某 | 2005/01/12 16:14

竹熊さん、はじめまして。

昨晩のココログの重さは眞鍋かをりさんの
ブログにアクセスが集中していたせいでは
ないかと思われます。ヤフーのニュース欄に
「ヤクルト古田氏ブログ開設、眞鍋かをりの
トラックバック数を抜くのが目標」みたいな
記事が掲載されていました。

普段ブログを見ない人たちもアクセスしていた
みたいですね。
という私もココログの重さに加担していた
一人ですが...

投稿: ikik | 2005/01/12 16:16

>ナルさん、某さん
どうもありがとうございます。今、参考書を買ってきて勉強しているところです。
とりあえず春まではココログで行ってみようと。
考えてみれば、まだ一ヶ月経ってませんしね。

>ikikさん
あ、眞鍋かをりだったのか…。
恐るべしアイドルパワー。

投稿: たけくま | 2005/01/12 18:18

いや、アイドルが恐ろしいのではなく、眞鍋かをり固有に恐ろしいです。もし未見でしたら一度ご覧になるといいです。ブロガーとして(かなり偏った)センスありです。

投稿: nomad | 2005/01/12 21:22

>長文はエディタで書いてからアップするようにしています。

自分も長文を書いてる時は勢い(笑)で書いてる時が多いので
一分一秒でも早くweb上に反映させたいという気持ちが
文章を保存するという行為を省かせてしまい
失敗してしまったという事が多々あります(笑)。

投稿: 忍天堂 | 2005/01/13 13:25

その用件ですとバリュードメイン↓
http://www.value-domain.com/
だと思います。
たけくまさんの要望すべてクリアしてるはずです。
僕は知るのが遅くてロリポップ使ってますが、次にドメインが必要になればこっち使うと思います。

投稿: sedasou | 2005/01/18 06:57

↑お。バリュードメインはよさそうですね。
どのみちこのブログとは別にページ開こうと考えているので、検討してみます。

投稿: たけくま | 2005/01/18 07:05

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩はココログ重かったですね:

» サムいです・・・ [いぬようび]
さすがに寒いですね・・・これじゃあ風邪をひくのは無理もないでしょう・・・。 昨日 [続きを読む]

受信: 2005/01/12 07:55

» 昨晩のココログが重かった原因 [UGUBLO]
本日のたけくまブログのエントリは 昨晩のココログが重かったとゆうたわいもない内容 [続きを読む]

受信: 2005/01/12 21:15

« 企画・幻のデビュー前作品集 | トップページ | 多摩美の講評会で »