« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/30

樹海が俺を呼んでいる

jyukai樹海の歩き方

久しぶりに書評書きます。どうしたわけかまたイースト・プレスですよ。俺も本出してますが、別に回し者じゃないですよ。ただ最近ここは、俺がとりあげたい本を出す率が高いんで仕方がないです。

それで『樹海の歩き方』ですけど。もうタイトルズバリっつーか。でも場所は特殊ですが、観光ガイドとして異様によくできている本です。

著者の栗原さんは、日本有数の廃墟マニアとしてネットでも有名です。以前、某誌の企画で廃墟を取材したときには、直接現地を案内していただきまして。あのときはお世話になりました。

●廃墟Explorer http://www2.ttcn.ne.jp/~hexplorer/

自分のサイトだけではなく、やはりイースト・プレスから『廃墟の歩き方』「探索篇」「潜入篇」の二冊もすでに出されております。これが結構売れているらしい。人のことはいえませんが、世の中、物好きが多いですよね。

続きを読む "樹海が俺を呼んでいる"

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2005/04/27

【業務連絡】「定番記事」カテゴリを作りました

えー、いつも「たけくまメモ」をご愛顧いただきましてありがとうございます。

当ブログも5ヶ月目に突入し、エントリ数も120を超えまして、過去ログの検索が面倒になってきました。また新たにここを読み始めて、過去ログまで読むのはかったるい、という人もいるかもしれません。

そこで今回から右のサイドバー内に新たに「定番記事」のカテゴリをもうけることにしました。これは過去ログの中で、特に人気があったもの、個人的に思い入れのある記事に直接リンクを貼ることで、一種のインデックス機能をもたせてみようという試みです。

続きを読む "【業務連絡】「定番記事」カテゴリを作りました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/26

これから書きたいネタ・追加

ああ、ダメだ。書きたいネタは出てくるのに書く暇がない。そんなわけで、書きたいネタ予告の追加です。しかしこんなこと書くとどんどん自分の首を絞めることに

●「オタクと老後」……俺みたいに齢40を過ぎますと、だんだん直面せざるをえない問題に「オタクのまま年をとる」というのがあります。一応、俺としては生きられるだけ生きたいというか、80歳までは生きる予定があるので、なかなか深刻です。まあ、俺はもうコレクションとか諦めているんでそこはいいのですが、オタクのなかには、大事な蔵書の行方を心配する人も多いことでしょう。特にマニアが年とって死ぬと、遺族によって古本屋に二束三文でたたき売られたり、それならまだしもそのままゴミで捨てられたりしますからね。よく古書店に、突然マニアックな本がまとめて出ることがありますが、たいていはそんなケースです。諸行無常ですね。そんなわけで、「老後」というテーマは一度きちんと書いてみたい。

続きを読む "これから書きたいネタ・追加"

| | コメント (20) | トラックバック (4)

2005/04/24

【告知】林月光展のご案内

gojin01昨年、弥生美術館で石原豪人の画業を回顧する展覧会が開かれましたが、今度は豪人先生のもうひとつの顔である「林月光」の画業にスポットを当てて、中野タコシェで展示会が行われております。

タコシェHP http://www.tacoche.com/

林月光展告知 http://www.tacoche.com/event/2005event/hayashigekkou/gekkouhihoukan.html

もうひとつの顔とは、他でもないホモイラストの巨匠という顔であります。豪人先生は、もともと江戸川乱歩の『少年探偵団シリーズ』なんかの挿絵も描いていて、20面相に捕らえられる少年や少女が妙に色っぽいので有名でしたが、特に小林少年の半ズボンからはみ出るフトモモの色気に定評がありました。

続きを読む "【告知】林月光展のご案内"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/04/23

『失踪日記』、とうとう10万部突破

Amazon.co.jp: 本: 失踪日記

だそうですよ…。あ、あじま先生……( TДT)

ベストセラーじゃないですか……。

もう、何もいいますまい。

しかし。

『失踪日記』の担当編集者K氏がさっき俺にメールしてきたんですが……。

なんか変なキャンペーンを始めたようで……。

http://k.excite.co.jp/hp/u/cue200/

↑4刷ぶん以降、『失踪日記』の造本を一部変えましたが、さてどこが変わったでしょう? わかった人には吾妻先生のサイン色紙プレゼント? 先着1名って、あなた……。

イーストプレスは少し調子に乗ってるのではないか?

| | コメント (26) | トラックバック (5)

2005/04/22

これから書きたいネタ

ゴールデンウィーク進行とでも言うのでしょうか、妙に忙しくなってここのところ長目のエントリーが投稿できない竹熊であります。

しかし以下のような企画はありますので、なんとか時間を作って書いていきたいと思います。特に読みたいのがあったらリクエストしてくだされば優先的に書きます。ただネタによっては時間がかかるかもしれないです。

●「俺と萌え」……基本的に「萌え」を語る資格はない俺ですが、それでも萌えるものはあります。あと、世に蔓延する「萌え」に関して、個人的にある疑問がありますので、それもあわせて書いてみたい。

●「ホリエモンは『市民ケーン』である」(タイミング待ち)……これはちょっとタイミングを逸したというか、ホリエモン騒動が一段落してしまったので次のチャンスを伺っているところです。どうせホリエモンのことですから、また何かやるでしょう。

●「喪男としての黒澤明」……男らしい作風で知られる黒澤明ですが、彼の本質は2ちゃん用語でいうところの「喪男」だと俺は思います。また、それを作品から完璧に証明することができます

続きを読む "これから書きたいネタ"

| | コメント (22) | トラックバック (2)

2005/04/20

アストロ球団公式サイトの

コンテンツがいつのまにかできてるようです。

http://www.tv-asahi.co.jp/astro/

↑ご意見ご要望を受け付けるそうですよ。ダメもとでなんか書いてみるか。

俺としては、どうせテレビなんだから特撮やCGが多少へぼくても許す。問題はキャスティングと俳優のテンションだ! この際、出演者全員に覚醒剤の投与を許可! アストロ球団なんだからこのくらいは超法規的措置でしかたがない! あとコメディ演出は絶対不可! ほんの1ミリ秒でもオチャラケた瞬間に作品は崩壊する! 全員、瞳孔が開きまくりの血走った目で日常演技もこなしてほしい! まあアストロ世界に日常もへったくれもないわけですが! つまんなかったら関係者全員切腹! それ以前に全員廃人になっているかもしれませんけど。

それから西新宿の東京都庁の土地は、本当ならアストロドーム(15万人収容)が建っているはずなので、新都庁はなかったことにしてアストロドームを建設してください! 

とかいろいろ書きたいことがありますので、みなさんも勝手な要望を出しましょう。

それからジャニタレ絶対不可

※関連記事→

| | コメント (20) | トラックバック (15)

TEPCOひかりスゲー

おとといから実はTEPCOひかりに切り替えたんですが、たった今回線スピードをチェックしたら、なんと82Mbpsも出ましたよ!

測定サイト  http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻  2005/04/20 07:04:23
回線種類/線路長/OS FTTH/-/Windows XP
キャリア/ISP/地域  TEPCOひかり/nifty/神奈川県
ホスト1: WebArena(NTTPC) 63Mbps(16870kBを2.3秒で転送)
ホスト2: SAKURAインターネット 82Mbps(16870kBを2.7秒で転送)
推定最大スループット: 82Mbps
コメント: TEPCOひかりの平均速度は30Mbpsなのでかなり速い方です!おめでとうございます(下位から95-100%tile)

↑こんなのはインターネット開始以来はじめてだ! しかもうちはひとつの光ファイバーを何世帯かで使うマンションタイプなんで速度は期待していなかったんですよ。この前まで有線ブロードバンドの光接続だったんだけど、どんなに出ても40Mでしたので、この速度は異常。でもまあ俺はファイル共有とかやってないから無用の長物なんですけどね。なんとなくうれしい。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/04/19

デジカメと職質と

P1000020今日は天気がいいので、メシ食いがてらチャリンコで近所を散策。もちろんデジカメのテストを兼ねてます。横の写真は、近所のこどもセンターの建物なんですが、最初見たときはギョッとしました。俺が子供なら大喜びですね。

P1000023それから相模大野に出て、花丸うどんで食事。「春のぶっかけ祭」開催中だそうですよ。



続きを読む "デジカメと職質と"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005/04/18

デジカメを買った

050418P1000001 昨年暮れにデジカメがぶっ壊れて以来、デジカメのない生活を送って参りました。いやアナログカメラはあるんですが、こういうネットに写真をアップするのならやはりデジカメですよね。買ったのは500万画素のLUMIXです。レンズがライカのやつなので、つい。どうも俺はこういうブランドには弱い。

それで上のは俺の部屋の一部。PC台横の本棚ですよ。

なんかこういう写真載せるのってネットアイドルみたいですね!

050418P1000004

ちょっと外に出てみましょう。これは近所にある空手道場なんですが、ヒジョーに気になる。



続きを読む "デジカメを買った"

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005/04/17

【業務連絡】朝カル、好評のうちに終了しました

nemo-300 昨日、新宿の朝日カルチャーセンターで「ウィンザー・マッケイ」に関する講演&上映会を行いましたが、有料にもかかわらず満員御礼で、好評のうちに終えることができました。どうもありがとうございました。

特に名は秘しますが業界関係者や有名ネットワーカーもいらしていたようで、終わってから居酒屋でオフ会状態に。「たけくまメモ」のオフ会みたいなものも、そろそろ考えようかなと思ったりして。でも普通の会ではつまらんので、どうしようかなといったところです。

ところで『夢の国のリトル・ニモ』、水面下で日本版出版の動きが始まっているようです。もしこれが実現すれば、70年代に小野耕世氏翻訳でPARCO出版から出て以来の快挙ですが、PARCO版同様、かなり高価なものになってしまいそうです。やはり大判・オールカラーというのがネックでしょうか。完全に美術書扱いですね。ちなみにPARCO版は現在古書価が2万近くしますから、それに比べれば全然安いですが(笑)。出版に関しては、本決まりになった時点で当ブログでも逐次報告する予定です。

なお朝日カルチャーセンターでは、この夏にも何かやる予定ですんで、内容が決まったらこちらで告知します。

とりあえず5月9日に新宿のロフトプラスワンで『電波男』関連のイベントに出る予定。ロフトに行くのも久しぶりだな。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2005/04/16

【業務連絡】ココログの画像表示が変

ところでこないだからココログの投稿画面の仕様が変わったんだけども、それにともなって画像の表示が変になってる。

下の画像とか、クリックすると上と左端に妙な余白ができるでしょ? それで画像の右端と下端が切れている。要するに、微妙に右下にズレるのですよ。デフォルトでこうなるのは気持ちが悪いのでなんとかしてくださいませんか>ココログさん

1100820382556 ←参考写真です。本文とは関係ありません。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

【告知】「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」は

history_obi

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

5月9日刊行だそうです。こないだ編集者さんから書影のメールが来たので、こちらでも紹介。

う……オビの俺の名前がこんなに大きく? これじゃまるで俺が著者に見えてしまう…ってことはないか。もちろん俺は中身にはまったく関係しておりません。著者はばるぼらさん、解説は大森望さんであります。

それにしても、こと日本のインターネットに関することならなんでも載っている印象です。WAREZ、いわゆる「割れ物」(不正コピーのプログラム等)の歴史まで載っているのには感動すら覚えます。ボリュームもすごいです。A5版で500ページにビッシリ!

ちょっと気になるのは、定価が改定(予告より値上げ)されているので、アマゾンなどで予約されている人は注意してください。俺はオビ書いただけですので、文句は翔泳社にお願いします。

あと詳しい内容はこちらを参照(担当編集者氏のブログです)。

http://d.hatena.ne.jp/mohri/20050414

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/04/14

今年はアストロの年になるというのかッ?

asutoro01asutoro02asutoro03




昨日のテレビ朝日「スーパーベースボール」見た人います? 途中からでなくて、最初から見た人であれば、その人は信じられないものを見たことになります。

そう、昨日から始まった新オープニングが『アストロ球団』のアニメ! しかも制作がプロダクションI.G!!!なんじゃそりゃ! しばらくこのOPで行くらしいので次回も期待です。はっきり言ってムチャクチャカッコイイです!!!

それはそれとして、あくまで風の噂なんですけど、今年はこれだけではないみたいですよ。ちょっとにわかに信じられないのですが、『実写版・アストロ球団』のドラマ化も進行しているそうで……主演は誰とかまだよくわからないんですが、少なくともアストロ球団のオーナーである謎のフィリピン人大富豪・シュウロ役は世界の千葉真一先生で決定しているとか。

続きを読む "今年はアストロの年になるというのかッ?"

| | コメント (22) | トラックバック (34)

2005/04/13

【日記】本日は多摩美の初日

でした。

通年の講義は今年で3年目なんですが、講座としてはぼちぼちこなれてこないと困る、んですがまだまだ未熟ですね。

本日は19世紀の末に成立した映画と漫画(コママンガ=コミック・ストリップ)の話。後半はマッケイの話の第一回。当ブログのこのへんに書いた話を中心にやりました。来週はマッケイの後半と、オットー・メスマーの「猫のフェリックス」を上映しながらくっちゃべる予定。

大学の授業というのは指導要綱もないし、こっちで勝手にプログラムを組めるから楽しい。あと、大学の先生になるのに学歴も資格も必要ないというのは人生の盲点みたいなものですかね。

続きを読む "【日記】本日は多摩美の初日"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/04/12

【業務連絡】なんかビックリした

050412 ここんとこ1万~1万5千PV/日が続いていて、その範囲を超えなかったのでいきなりアクセス数がこうなるとビックリしますね。

どこからリンク貼られたのか? と思ったら、昨日の「ギョエー」が

http://dougafile.shard.jp/index7.htm

↑ここに貼られたらしい。なんかエロサイトみたいだけど、有名な動画リンクサイトらしい。18歳未満はクリックしないように。って、俺が厨房だったら絶対するよな。

それはそれとして昨日のエントリですが、コメントが少ないからイマイチだったのかな、と思っていたら好評だったようで嬉しいです。

続きを読む "【業務連絡】なんかビックリした"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/11

楳図先生の新展開!

umezu-gyoee

そろそろ寝ようと思ったら「屋根裏」さんのリンク先で見過ごせないものを発見。

楳図かずお先生が「グワシ」から実に20数年ぶりの新作一発ギャグを発表されました!

その名も「ギョエー」! ←クリックで拡大

リンク先からは も聴けます!

最高だ!

これでいい夢を見られそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

【蔵出】肩書きは大事

んーと、まだいろいろ忙しいので昨年のmixiの書き込みから、蔵出しシリーズでお送りします。今週の水曜日には多摩美の講義も始まるし、なんやかんやで大わらわなんですが、今年の俺は「たけくまメモ」に賭けておりますからね! 今後、いろいろ新企画も考えておりますので見捨てないでくださいネ。

昨日、某新聞の原稿を入稿したら、先方から電話があって「肩書きをどうしますか」と言われた。こういうの、俺の場合すごく多いんですよ。

いつもは「編集家」というのを使っているんですが、たぶん日本で俺しか使ってない肩書きなので、新聞社のような堅い仕事先の場合、「もう少しわかりやすいものを」と必ず言われるわけです。「編集者」の誤植と間違われるからと。

俺がなぜ「編集家」かというと、俺の仕事の原点が編集者であり、今でも心の底では自分は編集者だと思っているからです。しかし現実の編集仕事はもう何年も開店休業状態でありまして、仕事の9割は普通のライター仕事になっている。最近はこれに大学講師も加わりましたが、別にこれだけで生活ができるわけではないので「講師」と名乗るもおこがましい。非常勤だし。

続きを読む "【蔵出】肩書きは大事"

| | コメント (27) | トラックバック (6)

2005/04/09

そんなに俺は怪しいのか

俺、一人暮らしが長いんですよ。21歳で家を出てから、途中数年間、諸事情で二人暮らしだった期間を除けば、チョンガー歴20年ってところですか。普通このくらい年季が入ると料理のひとつくらいなんとかなるものでしょう。ところがこれが全然ダメ。未だにお湯を沸かす以外の行為がほとんどできないのでありますよ。まあ、ご飯くらいは炊けると思いますが、もう10年くらいまともに炊いたことがありません。

したがって、メシはオール外食。ついコンビニ弁当で済ませることが多いんですけれども、それだけだとブクブク太る一方だし健康も心配ですので、昼か夜のどちらかは運動を兼ねて、チャリンコで町田まで飯を食いに出ることが多いです。アサノのカツカレーとか。

それでまあ、今日も昼飯のためにチャリンコで走っておったのですがね。いるんですよ。待ちかまえておるわけです、前方に警官が。必ず二人組でね。今みたいな季節の変わり目になると、盗難自転車の取り締まりをしているんですね。

続きを読む "そんなに俺は怪しいのか"

| | コメント (53) | トラックバック (8)

2005/04/08

【訃報】岡田史子さん逝去

たった今、某所から連絡が入ったのですが、マンガ家の岡田史子さんが今月3日、ご逝去されていたようです。本葬は明日本日(8日)である行われたとか。年齢もまだ55歳とお若く、まったく予期しないことだったので驚いてます。

岡田史子さんは、1967年に『COM』でデビューし、その「文学的」かつ斬新な作風で漫画界に強烈なインパクトを与えた人です。特に少女漫画の文脈とは別の場所から登場した「女性作家」の草分け的存在であり、当時、マスコミではつげ義春と並び称されたこともありました。

萩尾望都や竹宮恵子など70年代女性作家にも多大な影響を及ぼし、また「非少女漫画的女性作家」という文脈では、高野文子に代表されるニューウェーブの先駆的な作家であったといえます。近年、マンガ家としての活動は、ほぼ停止状態でしたが、根強いファンを持ち、一昨年と昨年に飛鳥新社から2冊の傑作選が出たばかりでした。

本葬は明日4/8)、11:30から埼玉県所沢市小手指町 所沢教会 にて執り行なわれるそうです 執り行われたそうです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

※すみません、俺の勘違いで、本日は7日だとばかり思ってました。今日は8日ですよね。俺の周囲では早い人は昨日の段階で情報に接していたようですが、俺が知ったのは本日夕方でした。上記の文章を一部訂正させていただきます。申し訳ありませんでした。

Amazon.co.jp: 本: オデッセイ1966~2003―岡田史子作品集 (Episode1)Amazon.co.jp: 本: ODESSEY1966~2003 岡田史子作品集〈episode2〉ピグマリオン

ODESSEY1966~2003 岡田史子作品集 (Episode1)

ODESSEY1966~2003 岡田史子作品集〈Episode2〉

| | コメント (23) | トラックバック (2)

【蔵出】ポイントカードは悪魔の発明

ええと、今回のも昨年にmixiで書いた文章なんですが、周囲ではプチ話題になったのでこちらにも再掲。あと昨日からココログに書き込む際の仕様が変わったので、そのテストも兼ねてます。テキストのレイアウトが細かく指定できるようになったみたい。おお、色が使えるぞ!

自作PCとか始めると、なにかとお世話になるヨドバシカメラのPCコーナー。しかしたまに秋葉原とか行くと、これ(ヨド)が全然安くないことに気が付きます。

ではなぜヨドバシかと言うと、町田に巨大な店があって品揃えがいいこともあるんですが、最大の理由はポイントカードなんですね。ある程度まとめて買うと、これが馬鹿にならない。せっかくポイントが貯まっているから……と、つい次回もヨドバシで、ということになります。

しかしこれって、よく考えたら次に買う商品の値段」を先に払っているだけなんだよな。別に値引きでもなんでもない。しかし貯まったら使わなければもったいない。それでまた…ということになって無限連鎖

まあポイントカードなんてどこも同じなんでしょうが、ヨドバシの言葉を信じるならば、このシステムの元祖はヨドバシなのだそうです。「利子はユダヤ人の悪魔の発明である」と言われますが、ポイントカードもまた一種の悪魔の発明かもしれませんね。

テスト書き込み、終了。

| | コメント (23) | トラックバック (1)

2005/04/06

「姫」の対義語は「王子」ではない

まあ、どうでもいい話なんですがね。名前を聞けば誰もが知っている、超有名マンガ家夫婦がいるじゃないですか。もう、夫婦揃って超売れっ子。いや弘兼憲史と柴門ふみじゃありませんよ。あれも揃って売れっ子だけども、その世代ではない。松本零士と牧美也子……は古すぎます。もっと若い世代ですよ。夫婦でコミケに同人誌出品するような。ここまで書けば、分かる人は分かるでしょう。

で、ですね。昔からこの夫婦に関してはいろいろ逸話があって。商業誌の締め切りよりもコミケの締め切りを優先させるとか。本当か嘘かは知りませんけどね。そういう逸話のひとつに、お互いに「姫」「王子」と呼び合っているというのがあるんですよ。旦那が奥さんを「姫」と呼び、奥さんは旦那を「王子」と呼ぶのだそうです。

続きを読む "「姫」の対義語は「王子」ではない"

| | コメント (39) | トラックバック (3)

2005/04/05

【蔵出】アサノのカツカレーについて

【はじめに】ええと、ちょっと忙しくなってきたのでしばらく蔵出しシリーズでお茶を濁します。といっても今回のは11月にmixiの自分の日記でアップした文章なんですけどね。「たけくまメモ」を始めるまでは、mixiにもこういう長文をけっこう上げていたんですけど、最近はすっかりいいかげんな更新になっております。マイミクの皆さんには申し訳ない。

町田に「アサノ」というカレーショップがあるんですよ。
駅から東急ハンズ近くまで歩いていって、ちょっと説明しづらい路地を入った途中にある。カウンター席しかなく、6人か7人でいっぱいになるような小さい店です。

続きを読む "【蔵出】アサノのカツカレーについて"

| | コメント (17) | トラックバック (7)

2005/04/04

『血だるま剣法』がインドで出版

マジですか。

http://indo.sub.jp/arukakat/index.php?itemid=180

↑ちょっと古いエントリなんですが、さっき気が付きました。インドに留学している日本人のブログなんですが、彼が『血だるま剣法』をヒンディー語に翻訳したのだそうです。依頼主が山松ゆうきち(!)というのも衝撃。

「ポケモン」などの日本マンガが、インドで出版されることは過去にもありましたが、すべて英語版でした。ヒンディー語で出るのはこれが初めてであるらしい。しかも、よりにもよって『血だるま剣法』……。この作品については、過去にエントリを書きましたのでこちらを参照してください。インドはカーストがあるから、この作品に理解を示す人もいるかも、と思いましたが、どうやらまったく売れてないようです。まあ、いきなり平田弘史ではなあ。

続きを読む "『血だるま剣法』がインドで出版"

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2005/04/03

【蔵出】幻の『色単』について

Amazon.co.jp: 本: もえたん[新装版]もえたん[新装版]

本田透さんのインタビューを読んでいたら、なんですか『電波男』の担当編集者の斎藤氏って、あの『萌える英単語~もえたん』の編集者でもあると知ってビックリ(※註)。同時に、なるほど!とヒザをうってしまいました。なにが「なるほど」なのかはわかりませんが、なんとなく。

http://media.excite.co.jp/book/interview/200503/

※註 三才ブックスの斎藤氏から、「自分は『もえたん』には一スタッフとして参加しただけで、企画は第二編集部編集長の村中が行った」旨、メールがありましたので、ここに報告しておきます。

「萌え」については、俺は基本的によくわからないんですが、俺の心の中をサーチして、なんとかそれっぽい感情を現在引き出している最中です。引き出しが終了しましたら、改めてエントリーしてみたいと考えているところ。今回は「萌え」ではなく「単」について、もう少し書きます。

『もえたん』がヒットして以降、『○○単』みたいな本が雨後の竹の子みたいに出ました。とうとうホリエモンまでもが『ホリタン』を出したのは、前々回にもご報告した通りです。でも、ちょっと待ってください。ほとんどの日本国民は知らないと思いますけど、はるか昔、この俺様も、こういう本を一冊作っているんです。いや『奇跡のマサイ語』ではなくて。アレは表紙だけでしたが、これは中身もバッチリ詰まっている本なんですよ。詰まりすぎ、というか。

続きを読む "【蔵出】幻の『色単』について"

| | コメント (26) | トラックバック (3)

2005/04/01

【業務連絡】第一四半期「たけくまメモ」ベストセラー報告

『ゴルゴ13はいつ終わるのか?』のアマゾンでの扱いですが、ようやく24時間発送になったようです。今後も在庫状況で変動するとは思いますが、よろしくお願いします。

ところで、昨日(3月31日)がアマゾンでのアフィリエイトの第一四半期締め日でした。今年の1月1日から、3月31日まで、当「たけくまメモ」からどのような本が売れたか、ベスト10形式で紹介したいと思います。なおこれから発表する数は注文数でして、実売数ではありません。キャンセルとかあれば、これより数は減りますけど、いまのところベスト10に関してはないみたいです。注文数発表のほうがなにかと見栄えがいいので、今回はこれで発表します。

では……(ドラムロール)……

続きを読む "【業務連絡】第一四半期「たけくまメモ」ベストセラー報告"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »