« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/31

Google AdSense問題その後

俺のほうは特にその後進展なし。2通のメールは完全に無視されました。このへんは、まあ予想通りではありましたが。

ところがところが、俺より一週間くらい前に、映画批評家の服部弘一郎氏のブログも俺とまったく同じ目にあったようです。ヘタレな俺とは異なり、服部さんはGoogle AdSenseとかなりやりあったようですが、まったく埒があかなかった模様。

http://hattori.cocolog-nifty.com/brog/2005/05/google_adsense_1626.html

↑上のサイトでこれから事の顛末をレポートされるそうなので、すべてのGoogle AdSenseユーザーは要注目だ!

しかしこんなことばかりやってて大丈夫なのかグーグル。少なくとも、俺はもう二度と契約なんかしないぞ。

◎このエントリへのコメント→★

| | コメント (20) | トラックバック (5)

2005/05/30

アカデミズムとマンガ

年下の友人である宮本大人くん(ひろひと、と読む)が、このたびブログを始めたようであります。彼はmixiにもアカウントを持っていたんですが、「博士論文執筆のため」という理由でほとんど書き込みはしていなかったので、いきなりの方針変更。この春から北九州市立大学で教鞭を執ることになり、向こうに引っ越したことで心境変化があったのでしょうか。それとも十年越しの大論文が仕上がったのか?

宮本くんのことを知ったのは、確か夏目房之介さん経由で、「若手のマンガ研究者で、凄いのがいる」と教えられたのでした。当時の彼は筑波を卒業して東大の大学院に所属していました。そこで彼はマンガの歴史を研究しており、特に「手塚治虫以前」というか、手塚治虫に繋がる戦前日本マンガの系譜について、地道に原典を当たりながら論文を執筆していたのです。

続きを読む "アカデミズムとマンガ"

| | コメント (36) | トラックバック (4)

2005/05/28

【日記】肩こりがヒドイ

ダメだ。マッサージに行ってくるか。

しかしここんとこ、3日に一度くらいマッサージを受けている。正直、お金がもったいない。なんで日本のマッサージはこんなに高いのでしょうか。

4年前、初めてタイに行ったのだが、あっちは安かった。日本円にして2時間で600円とかそんな感じ(変なマッサージではない。変なマッサージならもっと高い)。日本の20分の1くらいですか。1週間の滞在中、もう毎日受けてました。

もとはマッサージとは無縁の身体でした。ただ40歳くらいの頃に、ソファで寝てしまう癖がつき、それが続いてたらいきなり背中が痛くなった。マジで息ができないくらい。原因ははっきりしているので、近所の目の不自由なおじさんがやっているマッサージ店で揉んでいただいたが、これが元柔道家で、親のカタキとばかりに揉んでくる。もう痛いのなんの、悲鳴の上げ通しでありましたが、マッサージは癖になる。いつしか強く揉まれないと満足できぬ身体になってしまいました。

続きを読む "【日記】肩こりがヒドイ"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2005/05/26

【平田先生】それがし乞食にあらず

soregasi-1 それがし乞食にあらず(青林工藝舎)

平田先生訪問記の続きをグズグズしておるうちに、先生の新刊が出てしまいました! それも立て続けに2冊ですよ! なにをやっておるんだ<俺

最初に紹介いたしますは『それがし乞食にあらず』。もう、タイトルからして漢らし過ぎて通常の版元ではビビッて出せない感じですね! 70年代初頭の平田劇画傑作のひとつです。

なにしろ冒頭のコマからして、

soregasi-2 とこんなコワイ顔で怒られるのですから、いかに武士の子といえども泣きやむしかありません。このもののふのお父さんが、なんで怒っているかと申しますと、妻に先立たれ六人の子供を養う羽目になったものの、足軽ゆえに藩からはたいした給料も出ず、要するにド貧乏であるからです。

続きを読む "【平田先生】それがし乞食にあらず"

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2005/05/24

【告知】朝カル新宿校で講演3連発

betty001 えと、告知です。性懲りもなく、この7月と8月に再び朝日カルチャーセンター新宿校で講演をやります。

7月の講演は2週連続で、テーマは「ナンセンスの世界」7月9日(土)の1回目は、フライシャー兄弟の『BETTY BOOP』やテックス・エイヴリー(アヴェリー)のナンセンス・アニメーション、モンティ・パイソンなどのナンセンス・コメディ、杉浦茂から吉田戦車に至る日本ギャグ漫画の歴史を素材にしたナンセンス論をやります。

saruman-3 7月16日(土)は、拙著『サルまん』をテキストにした『ナンセンスの作り方教室』を予定。ギャグの自己解説というのはある意味で危険領域なのですが、正直、一番具体的に語れるところでもあります。相原コージ君や編集者をまじえての打ち合わせの中から、どんな具合にギャグが生まれてきたのかを実際の作品を見せながら語っていくつもり。ああ、これで新刊が手に入ればよかったんですが……。まあ、現物を見せながらなので、実際に『サルまん』を読んでない人でも大丈夫だと思います。

●詳しい告知は下記URLへ
http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0507koza/A0101_html/A010128.html
↑9日、16日とも18時半開演。すみませんが有料です。

続きを読む "【告知】朝カル新宿校で講演3連発"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005/05/23

【業務連絡】Google AdSenseのリンクを停止

前のエントリのコメント欄で読者の方が教えてくださいましたが、どうやらGoogle AdSense狩りという悪質な悪戯があるみたいです。

http://blog.livedoor.jp/ooki1/archives/4844443.html

今回のアカウント停止にあたり、思い当たる節がないので、もしかするとこれにやられたのかも。とりあえず、当ブログでのGoogle AdSenseのクリック広告を停止しました。今後Google AdSenseからなにか連絡があって、アカウントが復活されることがあれば、また元に戻しますが、しばらくは様子見をします。

しかしこういう悪戯があるとすると、皆さんもクリック広告を貼る際には気をつけて……といっても、これは防ぎようはありませんね。狙われたら最後ということです。

それと、Google AdSenseさんに望みたいことは、せめて事前に警告メールのひとつも送っていただきたいということです。「同一IPの人間が、あなたのサイトで大量に不正クリックを行っている」とかですね。ある程度の猶予が与えられれば、こちらもブロバイダに問い合わせるなり、それなりの対処ができると思うのですけど。

それから、そういう不正クリックがGoogle AdSense側で判断できるのであれば、不正と思われるクリックだけ無効扱いにするとか、いくらでも対処のしようがあるのではないでしょうか。どうも、釈然としません。Google AdSenseさんのやり方は、いささかお役所仕事に過ぎるのではないでしょうか(というか、役所の場合でも督促状とか、そういう警告の手紙くらいは来ます)。

ともあれ、今回の私の体験は多くのGoogle AdSenseユーザーにとって他人事ではないと思い、あえてエントリー化してみました。今後先方から反応があれば、随時ここで読者にも報告していきたいと思います。

◎このエントリへのコメント→★

| | コメント (29) | トラックバック (29)

2005/05/22

【驚】Google AdSenseからの契約破棄通知

いや、さっき帰宅しましてメールをチェックしていましたら、当ブログからリンク広告を貼っているGoogle AdSenseから「広告出稿契約」の一方的破棄のメールが届いていてビックリ!

一瞬、誰かの悪戯かと思ったんですが、Google AdSenseの当方のアカウントページに入ろうとしたら「無効なアカウントです」と表示されました。どうやらマジらしい。

さて、俺がなんか悪いことやったかな、と胸に手をあてて考えたがよく理由が思いつかない。自分で広告をクリックしてしまったことは、この半年間にうっかりミスで3回ほどあるんですが、それが理由なのでしょうか。

一応先方のは法人格によるメールであり、すでにGoogle AdSenseと当方の契約関係は失効しているとかんがえられますので、先方のメールとともに、私の返事を全文アップさせていただきます。

続きを読む "【驚】Google AdSenseからの契約破棄通知"

| | コメント (38) | トラックバック (62)

2005/05/20

【日記】へんなどうぶつ工場

昨日は相模原にある女子美術大学で臨時講義をしてきました。水曜が多摩美、木曜が女子美、それで本日金曜は、これから渋谷の桑沢デザインで講義があります。3連チャンだとさすがにキツイです。いつもの材料でしゃべればいいと思っていても、やはりそれなりの準備をしなければならず、「たけくまメモ」の更新が思うようにいきませんでした。週末には正常化したいのですが、どうなりますか。

なにしろうかうかしていると平田先生の新刊『それがし乞食にあらず』(青林工藝舎)が出てしまうし。今月28日発売だそうです。これには俺が一押しの超大傑作平田劇画『始末妻』も載ってます。詳しくは近々告知しますので、お楽しみに!

それで女子美なんですけど、実は俺が今住んでいる小田急相模原からはわりと近所で、自転車で20分くらいの距離にあります。それでリュックにノーパソ詰めてチャリで行ったんですが、幸い職質には会いませんでした。

続きを読む "【日記】へんなどうぶつ工場"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/05/18

さっきまた職質に

ええと、さっきまで近所のスーパー銭湯でサウナに入ってたんですが、帰り道、また路上で職質に会いましたよ。チャリンコで走っていたら横をスーッとミニパトが通ったんで、「あ、来るな」と思ったら本当に前で停まった。それで警官が降りてきて俺を待ちかまえてんの

今回は座間署だ。んで、例のピーガル君カード見せたら「あ、これは失礼しました」だと。同じ神奈川県警なのでピーガル君が有効だったようです。

それで、何が問題なのか反対に尋ねたんですよ。俺のどこが怪しく感じたのかと。そしたら「自転車のカギがついてなかった」のが最大の理由らしい。俺のチャリ鍵はチェーン式ですので、走っているときは当然外して前のカゴに放り込んでいるわけです。これがどうも見えにくかったらしい。って、知るかよそんなの。

そんなわけで、今年になってもう何回引っかかったかは覚えてないのですが、8回以上は確実だと思います。もうこうなったら今年は何回引っかかるか、ギネスに挑戦したい気分になってきました。皆さんもせいぜい応援してください。

●参考
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_e87e.html

| | コメント (32) | トラックバック (1)

2005/05/17

ギャース!ハレルヤ4号が…(2)

先日、当メモで愚痴った、いやお知らせしたハレルヤ4号(自作データサーバ)のその後なんですが、皆さんから教えていただいた「ファイナルデータ」という復旧ソフトをかけてみましたところ、残り時間が20000時間とかって表示されて目の前が真っ暗に。

もう少し状況を説明しますと、複数台積んであるハレルヤ4号のHDDのうち、2台のHDDが壊れまして、うち一台はOS専用なので取り替えて再インストールしたのですが、もう一台のデータ専用のやつはなぜか領域解放状態になっており、普通にアクセスしようとすると「フォーマットしてください」と出る(つまり、物理ドライブは認識している)。

そこでファイナルデータの説明を読むと、そういう状態でも回復可能だと書いてあるので、今まさにやっているのですが物凄く遅い! うわ、今見たら「あと21060時間」とかになってる。そこでたった今サポートセンターに連絡しましたところ「HDDの状態によってはそういうこともあります」とのお返事……。

と書いている間に22076時間になってるよ。えと、これを24で割ると…きゅ、919日と8時間30分!

どないせいっちゅうんじゃ。

幸い業務に支障の出るデータではないので、諦めるか……。

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2005/05/15

【速報】山松先生に会ってきた

P1000248 ●それから、昨日、東京の福生にてマンガ家の山松ゆうきち先生「インドで『血だるま剣法』を出版した体験」の詳細をお聞きして参りました。

関連「『血だるま剣法』がインドで出版」

詳しくは来月発売の『アックス』(青林工藝舎)に載りますが、その一部を紹介すると…。

俺「なぜ、インドで『血だるま剣法』を出版しようと思われたのですか?」
山松「だって、面白いマンガだし。昔から平田さんのファンだったから
俺「どうしてインドだったのですか」
山松「インドではまだ日本の漫画が出てないって聞いたから。パキスタンでもよかったんだけど
俺「なにか、現地にお知り合いとか、ツテはありましたか」
山松「全然。言葉もしゃべれないし、空港に着いたら途方に暮れちゃって
俺「それで、現地で印刷屋さんとか探されたんですか」
山松「そう。町の印刷屋さんみたいなところで」
俺「売れましたか」
山松「11万円くらいで千部作ったんだけど、50部くらいしか売れなかった。本屋に行っても置いてくれないし、仕方がないから広場でゴザ敷いて売ったんだけど。すぐに警官が飛んできてショバ代請求すんの。それで、インド人はマンガはおろか、本も読まないんだよ。あんなに人がいるから、もうちょっと売れると思ったんだけどね。もう、ガッカリしちゃってさ

yamamatu 山松Very Best of Early Years

だ、そうです。われわれ凡人の想像を百万光年は離脱する壮絶な体験をされていながら、ご本人は山松マンガそのままに、いたって淡々とものすごい話をされていたのが印象的でした。半年間の滞在中、インドの生水を平気でガブガブ飲んで、腹もこわさず生還した日本人は山松先生くらいでしょうか。 とりあえず、平田先生訪問記を完結させてから、山松先生についてはあらためて触れるつもりです。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

【業務連絡】日刊ゲンダイで「たけくまメモ」

日刊ゲンダイの人からメールが来て、20日発売のなにかのコラムで「たけくまメモ」が紹介されるそうです。記事の詳細は知りませんが、「よろしくお願いします」と返事を打っておきました。

●先週はなんか妙に急がしくて思うような更新ができませんでしたが、今週は学校の講義がメインで大きな締め切りもないので、ようやく『平田先生訪問記』が再開できそうです。いろいろ書きたいネタとか、予告したネタもたまっておりますがおいおい書いていきますので、ヨロシク。

●先日のハードディスクが壊れた件ですが、ようやくデータ復旧ソフト(ファイナルデータ)で現在解析中。250Gもあるとさすがに時間がかかっている。頼む、直ってくれ!(結果がわかったらコメント欄で報告します)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/13

【アストロ】期待していいのか?期待するよ?

本日、庵野秀明本紙秘密特派員からメールがありまして、某所でテレ朝『アストロ球団』のシナリオを読む機会があったとのこと。庵野特派員によれば、

●脚本は原作に驚くほど忠実。テンポもよい。

●キャラ描写・台詞も合格点

●巨人軍が完全に悪役。川上が悪のボスキャラに。

ということで、非常に高い評価でした。少なくとも脚本レベルでは合格点なようです。これは…マジで期待していいんですか? いや、まだシナリオなので本番でどうなるかはわかりませんけど……期待しちゃうよ?

ちょっとこれから急用で出かけなければならないので、本日はもう更新できません。

取り急ぎ。

| | コメント (10) | トラックバック (9)

2005/05/12

ギャース!ハレルヤ4号が…

P1000241壊れた…。ハレルヤ4号というのは、前にも書いたと思いますが俺の自作パソコン4号機でして、やっかいなことにデータサーバとして運用しておるのです。さっきまで何事もなく動いていたんですが、急にOSをきちんと認識しなくなって、再インストールしようとしたら、どうもOS用のHDDが壊れている様子(再フォーマットもできない)。

ほいで、慌てて別のHDDを入れてOSを入れたんですが、なんかデータ用に組み込んでいたハードディスク6台(各250G)のうち、一台が「未フォーマット扱い」になってしまっている。ここでフォーマットかけてしまったら中にあるはずのデータがパーになるので、何もできず…。明日、ヨドバシでデータ復旧ソフトを買ってくるしかないのか……なんかいいソフトないですかね。

こんなことは初めてです。というか、今までが運がよすぎたのか。まあ仕事に使う重要データは別のPCにバックアップをとっているので、業務に支障はないとはいえ、ショックで何もできません平田先生訪問記の続きを書いていたんですが、本日中の更新はちょっと無理になりました。期待されている人、もうしばらくお待ちを。

| | コメント (26) | トラックバック (1)

2005/05/11

【告知】本日は高円寺で林月光トークライブ

告知が続きますが、本日は夜7時から高円寺の円盤で「林月光(石原豪人)先生に関するトークライブ」があります。俺は夕方まで多摩美で講義があり、終わったら速攻で駆けつける予定。午前中には某社の原稿も仕上げねばならず、ちょっと忙しいです。

http://www.tacoche.com/event/2005event/hayashigekkou/gekkouhihoukan.html
↑の最後のあたりに告知あり。

あと、こないだ中野のまんだらけに行ったら「サルまん」の旧版が三巻揃いでショーケースに入っていて、それの値付けがなんと五百数十円くらいでビックリしました。だったらショーケースで飾るなよと。昨年あたりまでは三巻揃いで2500円くらいだったので、おそらくまんだらけで過剰在庫が発生してるんだと思います。作者としては売れても一銭にもなりませんので複雑な心境ですが、買うなら今かもしれんです。

続きを読む "【告知】本日は高円寺で林月光トークライブ"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/05/09

【告知】今日は電波祭

●しろはたさんの告知ページhttp://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/kimoi/denpamatsuri.htm

えー、本日は夕方7時頃から新宿ロフトプラスワンで開催されます本田透氏のイベントにお呼ばれしてきます。なんかやれとのことで、先日ここでも予告した『喪男としての黒澤明』についての研究発表をやりますのでよろしく。後日、きちんと文章化してたけくまメモでもアップする予定です。

それから本日中に共同通信の書評コラムを書かねばなりません。間に合うか? そんなわけで今晩は更新できないかも。落ち着いたら『平田先生訪問記』のつづきを書きます。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

お、feed meterにようやくランクイン

RSS feed meter for http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/

登録して5ヶ月……アクセスが増えようが減ろうが全然ランクされず、ちょっぴり残念だったんですが、昨日の時点で星がふたつになってて、さっき見たら99位にランクインしていました。

眞鍋ブログよりも上だ! なんかうれしい(でも俺の上にスタパ斎藤氏のブログが…)

前にも書きましたが、ここのランク評価システムは未だに謎なんですけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/08

【緊急】平田先生がお困りです!

__hr_P5040400 「平田弘史先生訪問記」もいよいよ佳境に入ってきましたが、当初は2回くらいで終了する予定でしたがあの調子で書いていくとあと3回くらい続きそうです。本業の予定もありちょっと予定が狂ってきました。ですがなんとか今週中には完結させますので、しばらくお待ちを。その間、別の小ネタは挟むつもりです。

それで今回のエントリですが、実は平田先生に代わって皆さんにお願いがあるのです。本来は「訪問記」を完結してからこの文章を上げるつもりでしたが、先に書いた事情があり、ここに「番外」としてアップすることにしました。

先生のお願いというのは、先生のホームページに関するものです。まずはこのトップページをご覧ください。

http://www2.wbs.ne.jp/~tesh/

↑Windows環境の人、またMacであっても最近のOSX環境の人は、ちゃんと読めない仕様になっております(ここに書かれてある指示を守れば、普通に読むことができます)。これは先生が厳格なMac-OS 9.2.2主義者であり、OSXは元来直感的操作に優れていたMac OSの堕落として、これを深く憂いておられ、OSXなぞマックではない!Windowsに媚を売ってこんな下らんOSを作ったApple幹部は腹を切ってユーザーに詫びるべしとえらい剣幕なのです。

続きを読む "【緊急】平田先生がお困りです!"

| | コメント (37) | トラックバック (2)

2005/05/07

平田弘史先生訪問記(其ノ弐)

__hr_P5040341本稿「其ノ壱」をアップしてからマゴマゴしておりますうちに、コメント欄が大変なことになってきており緊張に身の縮む思いがする昨今ですが、頑張って続けたいと思いまする次第。それはともかく…

さて離れの作業小屋から母屋に向かおうとした我々ではありましたが、途中のお庭があまりにも立派なのでしばし拝見することになりました。

03 「そういえば先生のホームページに、天気のいい日は庭で原稿を描くと書かれておりましたね」
「おう、ホームページの写真はここで撮影した。他にも、あっちやこっちで原稿を描くよ。あまり部屋でウジウジしておったら気合いが入らないだろう。劇画家といえども太陽の下で光合成をせねば血行が悪くなる。人間も動物も、太陽の光があるから生きているんだ。だから忙しいと、俺は外へ出るんだよ。部屋にいると、メールの返事を書かねばならんし、ついヤフオクが気になって仕事にならんからな」
「おっしゃる通りですね。私なども気が散る性分で、本当、困ります」

続きを読む "平田弘史先生訪問記(其ノ弐)"

| | コメント (43) | トラックバック (4)

2005/05/05

平田弘史先生訪問記(其ノ壱)

P1000109-1 小田原で青林工藝舎の浅川氏と落ち合い、伊東から伊豆急行鉄道に乗り換えて富戸の駅に着きましたのが昼下がりの2時14分。周囲はまばゆいばかりの新緑に囲まれ、眼下の谷間からは樹木に切り取られるようにして太平洋の碧(みどり)がのぞく絶好のロケーションであります。風光明媚とはまさにこのことかと、しばし浮き世を忘れてポカポカと日光を浴びていますと、向こうから「オーイ」の声が。

駅舎の外では既に平田弘史先生自ら車で出迎えに来られておりました。本物の平田弘史ですよ。古武士然とした漢らしい風貌に、手ぬぐいバンダナとチョンマゲがとてもお似合いです。さっそく富戸駅の看板の前で記念撮影をパチリ。デジカメですからその場で映り具合をチェックしましたところ、先生の鋭い忠告が我が耳に。

「構図的に余計な間が空いてるねえ」

P1000109-2 私は慌てて「イエ先生、あとで左図のように周囲をトリミングいたしますので、大丈夫ですよ」と言いますと、さっそく先生の一喝が。

「それでは画素がもったいない!」

まさに…。先生にとっては、デジタル画素の一点たりともゆるがせにはできないのです。これはイヤがうえにも気合いを入れて写真を撮らねばいかんと、私は身の引き締まる思いがしたのでした。

続きを読む "平田弘史先生訪問記(其ノ壱)"

| | コメント (42) | トラックバック (4)

平田弘史先生訪問記(其ノ零)

P1000110 昨日、念願の平田弘史先生のお宅を訪問することができ、感激の余熱さめやらぬ中、泣く泣く日帰りで帰って参りました。帰宅してさっそく報告をアップしようと思ったのですが、取材したICレコーダー記録やデジカメ写真を画像処理&PC保存作業をしているうちに日付が変わってしまいました。

なんか疲労困憊したので、今回は予告にとどめ、次回(できれば本日中)に訪問記をアップしたいと思います。

それにしても、豪放磊落な漢(おとこ)の中の漢・現代社会に生きる武士道精神の化身(実際にチョンマゲを結っておられる)ともいうべき平田先生ですが、初対面の私ごときにも大変フレンドリーに接してくださり、本日ばかりは心の底から「生きててよかった!」と思える一日でした。さすがは抱かれたい漫画家ナンバー1ではないかと筆者が勝手に脳内認定する平田先生であります。改めて先生と奥様、そして案内してくださった青林工藝舎の浅川満寛氏には深く感謝する次第であります。

続きを読む "平田弘史先生訪問記(其ノ零)"

| | コメント (22) | トラックバック (8)

2005/05/04

この部屋はひどすぎる

P1000105 ハレルヤ7号の自作ハマリ中。いやほとんど完成してOSとか入れたんですが、カノープスのビデオキャプチャボード(MTV3000W)を組み込んだら、相性問題なのかなんなのか、TVのキャプチャ画面で音が出ない。パソコン自体からは音が出るんです。起動画面で鳴るからそれはわかる。サウンドはマザーについてるオンボードのをそのまま使っているんだけど、これとの相性が悪いのだろうか……謎。まあ自作ですんなり成功することなんて少ないんですけどね。必ずなにかが起こる。で、これが楽しくなったら最後なんですよ。

P1000106 それはそれとして、昨日のエントリで我が仕事部屋をアップしたんですが、こう改めて写真に撮るとそのヒドサが理解できますね。男やもめにウジが沸くとはよくいったもので、本当に腐海状態。せっかくのGWなのだから、自作にウツツを抜かす前に、部屋をなんとかしなければと本気で思いましたよ。

続きを読む "この部屋はひどすぎる"

| | コメント (28) | トラックバック (1)

2005/05/02

俺の家族を紹介します

P1000080 GWに入ったら怒濤の更新をすると予告していたにもかかわらず、予告ネタがまだアップできてません。なぜなら、また病気が始まったからです。パソコン自作病。横の写真は俺の部屋ですが、ノンストロボですのでなんとなくいい感じですけども、ストロボをたくと悲惨です。

P1000087 ええと、ここには何台のパソコンが映っているかおわかりですか。もう自分で数えるのもうんざりなんですけど、8台あるんですよ。うち自作は6台。一応メンバーを紹介しましょう。

P1000092

えと、机の右下部分ですが、右からハレルヤ1号と2号。1号は最初に自作したペンティアム3の1Gの奴ですが、現在は引退状態。でもまだ使えるので今度親に売りつけようと思ってます。2号は現在のメインマシンでして、ペン4の2.6Cで通信&ワープロ機として使用。

続きを読む "俺の家族を紹介します"

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2005/05/01

iPod mini 使いづれえ!!

P1000064 いや、つい気が大きくなってiPodを買ってしまいました。
6Gのminiのほうです。20Gとかはちょっと重そうだったので。

それでさっそく使ってみようとしたんですが、なにこの操作性の悪さ? もしかしてこれは鉄人の操縦器ですか? ボタンが少なすぎる!  鉄人のはレバーでしたが。

みんなよくこんなの使ってるよね? 信じられない。 それとも故障? いや、これってこういうものなんですか?

そもそもボリュームのコントロールすらうまくできない。なんかいじっていてボリューム画面が出たと思うと、一瞬で別のメニューになってしまうし、運良くボリューム画面で止まっても、音を上げようとすると次の曲になってしまうんですけど・・・。

P1000068 もちろんマニュアルは読みましたよ。でもたとえばですね、左の写真みたいにメニュー画面を出すじゃないですか。ここまではできるんですよ。でも「Music」からその下の「Extras」とか「Setting」に移ろうとして、丸いところの下の方を押しますよね。すると、メニューは移動しないで音楽が勝手に始まってしまうんですよ。

結局そこは「▲〓」の場所だから、音楽再生が始まるのは仕方がないんですが、でもそれならメニュー操作で下方向をセレクトするときはどうすればいいのかと小一時間。

これって、俺の使い方に根本的な問題があるんですか。あまりにも根本的すぎて、マニュアルにも書いてないのでしょうか。

すいません、iPod使っている人、誰か助けてくれえ!

| | コメント (48) | トラックバック (8)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »