« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/30

夏は地獄だテンピュール

帯状疱疹は、ほぼ完治したんですが、今度は風邪をひいてしまった。

うっかりクーラーつけっぱなしで寝てしまったせいです。朝起きたら、喉ガラガラ。声も別人みたいになってる。いや参りました。

p1000523 なんでクーラーつけっぱなしだったかというとですね。実は自分は数年来のテンピュール枕の愛用者なんですよ。例の「低反発枕」の元祖的存在。NASAが開発したとかいうふれこみの。

実際、冬場は快適なんですよ。こう頭の重みと体温で変形してピッタリフィットする感じで。でも夏は、はっきり言って地獄ですわ。なにせ保温効果ばかりでなく、保湿力も尋常じゃない。熱帯夜ともなると、汗が搾れるんじゃないかっつーくらい、じっとりムレムレです。

いやしかし、改めて写真に撮るとキタナイネこれは。汗というか嫌なオヤジ汁が染みついているようだ。お目汚しですみません。

続きを読む "夏は地獄だテンピュール"

| | コメント (22) | トラックバック (1)

2005/07/28

【業務連絡】アマゾン・アソシエイトコンテストで「たけくまメモ」が

先日、アマゾン・コムさんから連絡があり、も、もしかしてまた登録抹消されるのか?…とビビリましたところ、そうではなく、なんと「アマゾン・アソシエイト・プログラムコンテスト」で「たけくまメモ」が書籍部門賞を受賞したとのお知らせでした。

http://www.amazon.co.jp/contest

そういえば、コンテストに応募していたのをすっかり忘れていたのでした。いやめっちゃ嬉しいんですが、入賞ページを見たら「上には上がいる」ということをやはり思い知らされました。

続きを読む "【業務連絡】アマゾン・アソシエイトコンテストで「たけくまメモ」が"

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2005/07/27

【告知】8月6日の朝カルで

tsuji1 ←辻真先先生

ええと、以前こちらでも告知しましたが、来たる8月6日(土)、新宿の朝日カルチャーセンターにて日本アニメ界の生き字引である脚本家・辻真先先生に竹熊がいろいろお話を伺う会が開かれます。まだ若干、席が余っているようなので、ここにお知らせをしておきます。有料ですが、アニメ史に興味ある人なら聞いて損はない内容になるはずであります。

●詳しくは下記URLを参照

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0507koza/A0101_html/A010127.html

続きを読む "【告知】8月6日の朝カルで"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005/07/25

【訃報】杉浦日向子さん死去

http://www.asahi.com/obituaries/update/0725/001.html

今知った。ショックだ。まだ46歳だろう。若すぎる。

なぜか一度もお会いしたことはなかったのだが、同世代では極めつきの才女であっただけに、気にはなっていた。この人の『吉良供養』(『ゑひもせす』所収)は大傑作だ。マンガ家としての才能と、時代考証家としての知識が、ここまで高度な融合を遂げた例を、俺は知らない。読めば「忠臣蔵」に対する見方が180度変わる。シミュレーション漫画とでもいうのか、あるいはルポルタージュ漫画とでもいうべきなのか、吉良邸討ち入りの様子を可能な限りの史料を駆使して完全再現していて、その律儀さにも驚いたが、同時にマンガとしての面白さにも驚いた。ここでは正確無比な「考証作業」が、そのままエンターティンメントになっているのだ。いかに赤穂浪士が極悪非道で卑怯な狼藉集団であったか、吉良側の侍たちが、不意打ちにもかかわらずいかによく戦い、主君を守ろうとした「忠臣」であったか、客観的にわからせてくれた。この作品が『ガロ』に掲載されたとき、目から鱗が落ちるとはこのことかと思った。

続きを読む "【訃報】杉浦日向子さん死去"

| | コメント (11) | トラックバック (13)

2005/07/24

【業務連絡】祝・300万アクセスヒット御礼

050724つい今しがた、午後9時35分頃、「たけくまメモ」は通算300万アクセスを達成いたしました。

昨年12月14日に開設して以来、7ヶ月と10日でここまで来ることができました。これも皆様の日頃のご愛顧・ご声援の賜であると、深く感謝する次第であります。

最近はなかなかまとまった時間が作れず、身辺雑記的な記事が増えておりましたが、教えに行っている大学も夏休みに入りましたので、これからはブログに割く時間がもっととれるのではないかと思います。春先に予告した記事などもまだ全然書けていませんので、ぼちぼちそちらにも取りかかりたいなと。とりあえず今日明日は本業の締め切りがあるので無理ですが…。

続きを読む "【業務連絡】祝・300万アクセスヒット御礼"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ぼぼぶらじるさんへ

以下のエントリーは、「俺の愛する平田劇画(1)」のコメント欄でのぼぼぶらじるさんの書き込みへのレスとして書かれたものですが、なんだか長文になってしまったのでコメントではもったいないと思い、改めてエントリー化したものです。以下のリンクでのぼぼさんのコメントをお読みのうえ、本文をお読みください。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_1913.html#c3233539

>ぼぼさん

「劇画」の起源はハッキリしていて、1957年、関西の貸本作家・辰巳ヨシヒロが自作『幽霊タクシー』に「劇画工房」の名前を冠したのが最初です。

広辞苑のその定義は少し違っています。紙芝居の正式名称は「画劇」です。ただ同じ意味で「劇画」と言われたこともあったのかもしれませんが、俺個人は確認していません。

なぜ辰巳が「劇画」と言い出したかと言うと、「大人向けで笑いの要素のない・リアルな内容のストーリーマンガ」を描こうとしたとき、従来の「漫画」だと「児童向け」のイメージが強すぎるので、これとの差別化を図ろうとしたことがきっかけだとされています。

続きを読む "ぼぼぶらじるさんへ"

| | コメント (46) | トラックバック (0)

2005/07/23

銭ゲバ4コマ合戦って駄目ですか

こないだからライブドア(社長・ホリエモン)のトップページに「デイリー4コマ」というのが連載されておりますな。いろんな漫画家に4コマを描かせて、毎日なんかしら掲載するというやつ。これの仕切りを知り合いがやってるんですけど、ライブドアで漫画扱おうというのは、どうやらホリエモン氏の発案であるらしい。好評なら、いずれライブドア・パブリッシングかなんかで本にする可能性もあるとかないとか。

http://www.livedoor.com/

立ち上げ前にその知り合いから相談を受けたんですけど、せいぜい知っている漫画家を何人か紹介したくらいで、あまり有効なアイデアが出せなくて申し訳ありませんでした>知り合いの人。

続きを読む "銭ゲバ4コマ合戦って駄目ですか"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005/07/22

俺の愛する平田劇画(1)

hangyaku-1叛逆の家紋―平田弘史傑作選(←クリック)

いよいよ『叛逆の家紋』発売であります。早ければ本日中にアマゾンで買えるかもしれませんので、チェックよろしく。俺の平田先生インタビューもバッチリ載っております。内容は「たけくまメモ」のルポとは重なってませんので、よろしくお願いします。

で、『叛逆の家紋』刊行記念としまして、以前予告だけしていた「俺の愛する平田劇画」をいくつか書いてみたいと思うしだいであります。もちろん平田劇画は全作品がベストなのでありますが、個人的に愛着のある作品ということで、ひとつ。

続きを読む "俺の愛する平田劇画(1)"

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2005/07/20

帯状疱疹その後

例の帯状疱疹ですが、昨日病院に行きましたが、ほぼ快方に向かっているとのこと。

「でも先生、まだ痛いんですけど」と訴えましたところ、この病気は治癒したのちにもしばらく神経痛が残ることがあるのだそうです。なんじゃそれは。タチの悪い病気です。

でも今回はちゃんと予約して行ったので、せいぜい30分待ちくらいで済みました。診療代も410円くらいだったし。

それで先週やった採血の結果なんですが、内心密かに一番心配しておった血糖値は正常で、糖尿病の心配はないとのことでした。これは意外。

続きを読む "帯状疱疹その後"

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2005/07/19

【業務連絡】「萌えT」受付開始!

そんなこんなで、皆様のおかげ様で、意外と早く「平田先生の萌えTシャツ」受付ページができたようです。

http://www.seirinkogeisha.com/(←TOPページから「萌えTシャツ」バナーをクリック!)

http://www.seirinkogeisha.com/goods/050718t.html(←直リン)

hrhr2tbb リサーチの結果、初回制作分は生成のS・M・L(Lを多めに)、リクエストが多かった黒地に白でXLサイズの特製シャツも特別に制作するとのこと。白や他の色は今回は作らないようです。(スイマセン)

価格は、生成が各サイズ共通で2800円(送料200円)、黒地のXLが3000円(送料200円)になります。なお2着以上は何着でも送料300円だとか。

なおこの週末には平田先生待望の新刊『叛逆の家紋』が出ます! 発売に合わせて特別エントリも執筆しますのでしばしお待ちを!

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2005/07/18

【業務連絡】『色単』この秋復刻!

irotan-1-2 えー、以前「たけくまメモ」でご紹介した、竹熊が23歳のときに青春のすべてを賭けて作った最初の編集作品『色単』ですが、当ブログで書いたことがきっかけになって、このたび復刻・出版される運びとなりました。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_1.html
↑以前の紹介記事

出版元はポット出版、刊行は10月(予定)、定価は1500円(予定)であります。

http://www.pot.co.jp/
↑ポット出版公式サイト

原書はすべてアナログ作業によるもので、原稿はおろか製版フィルムも残ってなかったのですが、今回は原本をバラしてのスキャニング作業での復刻となりました。超アナログによって作られたものがデジタルで見事に蘇るというのも、いい時代になったものです。

それ以前にブログに書かなければ今回の話もなかったわけで、この点ひとつとっても、物書きにとってのブログのメリットが生きた格好になります。いや、書いてみるものですね。

詳しい発売日や定価がわかりましたら、改めてこちらで告知します。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005/07/16

【業務連絡】「萌え」Tシャツ発売決定!

moe-T-Naturalmoe-T-Whiteそんなわけで、冗談から駒、とでも申しましょうかマジで平田弘史先生の萌えTシャツが発売決定! (図版はクリックで拡大)

来週末に青林工藝舎から先生の新刊『叛逆の家紋』が発売されるのですが、それを記念しての発売となります。

初回は100枚ほどの制作になりますが、みなさんは生成りとホワイト、どちらが欲しいですか? 業者には週明けに発注しても間に合うそうなので、この連休に皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。(色については、初回はどちらかひとつの色で発売すると思います。皆さんの意見しだいでは、二次生産分から別の色も制作するかもです)

価格は、送料込みで3000円になるそうです。S・M・Lの比率もどうするかまだ迷っているので、一応当ブログでリサーチしたいと思います。ぜひとも「萌えT」が欲しい人は、希望の色と、ご自分のサイズをコメントしてみてください。

実際の注文は、連休明け来週木曜くらいから下記の青林工芸舎サイトで受け付けるとのこと(たけくまメモでは注文は受けられませんので注意してください。色とサイズをお聞きするのは、あくまでもリサーチです)

http://www.seirinkogeisha.com/(青林工藝舎ホームページ)

この夏のコミケは萌えTでキマリだ!

| | コメント (90) | トラックバック (10)

2005/07/14

【告知】まんがたうんでの連載URL

こないだ当ブログで「まんたんブロードで連載開始」との業務連絡を行いましたが、それのウェブ版である「まんがたうん」にも同じ内容が掲載されています。うっかり告知するのを忘れていました。

http://www.mangatown.mainichi.jp/portal/special/takekuma/

今後は基本的に「まんたんブロード」(毎日新聞社発行のフリーペーパー)にて最初に掲載し、その数日後にウェブに掲載する順番になります。フリーペーパーが月末発行で、その翌月の4日くらいにサイトに掲載されるそうです。

内容は、当ブログでも再三取り上げた「webマンガ&webアニメ」の月評ということになります。自薦・他薦を問わず、作品情報をお寄せください。優秀作品はどしどし紹介していくつもりです。

作品推薦は「たけくまメモ」でも受け付けますが、まんがたうんの「ご意見コーナー」でも受け付けます。その場合、メールタイトルに「たけくま月評」宛と明記されますようお願いします。

http://www.mangatown.mainichi.jp/portal/info/opinion/

| | コメント (11) | トラックバック (5)

2005/07/13

白川和子さん

sirakawa-P1000521 イテテテテテ…。

帯状疱疹が痛くてたまりません。病院の痛み止めも、最初は効いたと思ったら、2日で効かなくなってきたぞ。いや効いてはいるんでしょうが、病状がそれ以上に進行しているのか。

それでも仕事はせねばならぬ。昨日は特に、日活ロマンポルノ第一作『団地妻・昼下りの情事』の主演女優白川和子さんにお会いするのですから。

で、お会いしました。今は一般映画やドラマ・CMでも活躍される白川さんですが、ものすごく上品で、しかも今も可愛らしい女性でしたね。それでいてロマンポルノの女王としての過去も堂々と「私の誇りです」と言えるのですから、すっかり感心してしまいましたよ。

続きを読む "白川和子さん"

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2005/07/11

病名確定

やはり帯状疱疹でした…。

近所の国立相模原病院に行ったのですが、ここは紹介制&予約制なので、初診者にはものすごく冷たかったです。皮膚科の前で三時間待たされました。午前11時から2時過ぎまで! あまりに待たされるので、なんかのプレイなのでは?と思ったくらいです。

待っているうちにも、背中の神経痛がジクジクと脇の下を通って胸に移動し、それがまた背中に戻ったあたりでようやく名前が呼ばれました。

で、診察が5分……俺の背中の発疹を見て、お医者さん曰く「あ、帯状疱疹ですね」と。

念のため、採血も受けました。糖尿病とか腎機能低下とか、そのへんが理由で体力が落ちている可能性もあるとのこと。次回の診察は来週火曜ですが、血液検査の結果もそのとき判明しますので、なにかステキなオマケが見つかっているかもしれません。お楽しみに!

| | コメント (30) | トラックバック (2)

やっぱ帯状疱疹かも

houshin ←ネットで「帯状疱疹」と検索かけて出てきたイラストなんですが、俺の症状もまさにこんな感じ。それで神経痛が出ることもあるというのも同じ。

例の雅子妃がかかったのもこの病気みたいですね。

神経痛みたいな症状ですが、疱疹が出ているのが背中から脇の下を通って胸のほうにまでポツリポツリとあり、どうもそれに沿って肩胛骨のあたりから胸まで痛んでいる感じであります。痛みは断続的に襲ってくるので、なかなか安心できない。

http://www.suita.saiseikai.or.jp/kakehashi/hifuka/no-1/houshin.htm

↑によると、身体が疲れているときに出る病気みたいですね。確かにここのところ忙しいですけど、そんなに俺は疲れているのか。

続きを読む "やっぱ帯状疱疹かも"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/07/09

虫に刺された

おととい背中を虫に刺されたのですが、腫れが全然引かないです。

痛がゆい状態が、ずっと。

そればかりか、肩胛骨のあたりにするどい痛みがあり、それが背中から胸に抜ける感じまでします。虫さされと関係があるのかは不明。いつもの肩こりの痛みとも違う。

それで虫さされですが、蚊ではない。赤い発疹が背中のかなりの範囲に拡がっており、ノミかダニか、そんな感じです。以前猫を飼っていたとき、ノミには刺されたことがあるので、たぶんダニ系かなんかだと思う。ノミより痒くないです。

heya-P1000519heya-P1000518問題は、やはり俺のこの部屋だろうか。もう臨界点を突破している感じ。何が沸いてもおかしくありません。

この夏、学校が終わったら徹底的に片づけるつもり。経過は逐次リポートしますのでお楽しみに! 本日は夜に朝日カルチャーセンターがあります。帰ったら帰ったで仕事があるので、掃除は来月だな。

それまで、変な虫に襲われませんよう、皆さんもお祈りしてください。

| | コメント (35) | トラックバック (2)

2005/07/07

これがアサノのオヤジだ!

P1000414P1000416P1000415

そういえばこないだの日曜、久しぶりにカレーのアサノ(町田が誇るカレーとオヤジの店)に行ったのですが、オヤジさんの写真を撮ったのにアップするのを忘れておりました。

みなさん、これがアサノのオヤジさんです! メニューには「チキン」とか「ビーフ」と書かれていますが、とりあえずオヤジの目の黒いうちは何がなんでも「カツカレー」以外は食べさせまい(変な日本語)とする日本一のカレー店であります。この日も、チキンを注文したお客さんが「カツカレーならあるよ!」とたしなめられていました。あと「大盛り」もメニューにはありますが、面倒くさいらしく受け付けてくれませんので注意してください。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_3.html

↑詳しくはココ参照。

それにしても、ひさしぶりに会ったアサノのオヤジですが、動作は相変わらず緩慢であるものの、お元気そうで何よりでした。オヤジさんは漬け物博士でもありまして、ラッキョウなども死ぬほどうまいですよ!

店内には「車だん吉」の色紙もあります。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005/07/06

楳図先生とギョエー!

umezu-P1000422まずは左の写真をごらんください(クリックで拡大)

ついに、あの楳図先生と念願のギョエー・ツーショット写真に収まることができました。正直、もう死んでもいいです。

昨日の先生におかれましては、大変にご機嫌がよろしく、撮影現場への移動に苦手なタクシーを使ったにもかかわらず、終始スムーズに撮影&取材ができました。楳図先生、本当にありがとうございました。

umezu-P1000517 ところで当日の楳図私服は左の市松模様のだったんですが、いつものシマシマシャツは撮影用だそうで。もちろんこちらから服装の話題は特にしませんでしたが、先生からされるぶんには問題ないのです。

インタビューと写真は、8月発売のスピリッツ増刊に載る予定です。それに合わせて『楳図 PERFECTION!』という三分冊の単行本も出る予定。そのうちの一冊(モクメの出る『ねがい』が載っている本)に、俺も解説を書かせていただきました。詳しい発売日を聞き損ねたので、わかったらまた書きます。

続きを読む "楳図先生とギョエー!"

| | コメント (23) | トラックバック (2)

2005/07/04

楳図先生に謁見する際の心得

umezu-gyoee 楳図かずお先生といえば、都内で最も目撃率の高い著名人として有名です。俺なども以前、吉祥寺に住んでいた頃は三日に一回はすれ違っておりました。吉祥寺だけでなく、中央線の高尾や中野、高田馬場、神保町などでも目撃率は高いです。

それというのも楳図先生、たいへん目立ちやすい独特のファッションであることに加え、乗り物が大嫌いで、やむを得ないときには電車に乗られますが、それ以外は極力、徒歩移動ですまされる人だからです。高田馬場に仕事場があった頃は、住んでいる吉祥寺から馬場まで毎日歩いていたというからハンパではありません。片道、そうですね4~5時間はかかるのではないでしょうか。

そんなこんなで、何度もすれ違っている楳図先生ですが、きちんとお話したことはほとんどなく、ましてやインタビューとなると初めてです。インタビュー慣れした俺でも、ちょっぴり緊張しています。なにしろ楳図先生ですから!

続きを読む "楳図先生に謁見する際の心得"

| | コメント (25) | トラックバック (1)

2005/07/02

杉田かおるさん…( TДT)

なんかセレブ結婚が破局だそうで…( TДT)。ひとのことは言えませんが…( TДT)

なまじ二回くらい会ったことがあり、本も借りっぱなしで返却してない間柄ですので、心中複雑なものがあります。まあなんと申しましょうか、世の中には、結婚に向いている人と向いてない人がいるということでしょうかね。ひとのことは言えませんが…( TДT)

特に芸能人の結婚については、昔から疑問に思っていたのですが、たいてい別れるではないですか。なんか俺の勝手な印象では七割八割ですよ。オシドリ夫婦などと言われていた森進一・昌子夫妻とかも別れましたし…。

郷ひろみも、こないだ二度目の結婚に破れたとき、例の太い眉毛をつりあげてですね、

「これからは郷ひろみを極めたいと思います」

続きを読む "杉田かおるさん…( TДT)"

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2005/07/01

【告知】マンガ販売ランキング・ダービー

あ、そうそう。「コミックパーク」という、復刻マンガを販売するサイトがあるんですが、ここで「販売ランキングダービー」という妙な企画に参加しています。

http://www.comicpark.net/new/ranking_derby_entry.asp

コミックパークで今販売されているマンガのうち、売れそうな本の順位を予想するというもの。会員(無料)になれば、みなさんも参加できるそうです。梅本さちおの『アパッチ野球軍』とか、なんかレアなのも出ますね。

よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【業務連絡】気の利いたシャレが思い出せません

今朝6時、これから寝ようと思って横になった瞬間、ひとつ気の利いたシャレというか、ウィットに富んだ面白いネタを思いついたのですが、とても眠かったので、起きたらすぐ「たけくまメモ」に書こうと思って寝ました。のですが、さっき起きたらすっかり忘れてしまいました。

なんか、こう思わず自分で「ぷふっ」と吹き出したくらい、含蓄のある面白いネタだったんですけど、今では漠然と面白い印象しか残っておらず、どんな内容だったかどうしても思い出せません。非常に残念というか、気持ちが悪いです。

人間の脳細胞は、生まれた時が最高の数で、あとは日々、死滅していっているという過酷な現実を歳とともに実感しております。これから渋谷まで行って桑沢の授業なんですけど、帰るまでにもし思い出しましたら、こちらでアップしたいと思います。

あと、今日は朝日新聞のコラムと、今度小学館から出る楳図かずお大先生の単行本の解説文を書かなければなりません。なんかもうパニックです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »