コミックマヴォVol.5

« 楳図先生に謁見する際の心得 | トップページ | これがアサノのオヤジだ! »

2005/07/06

楳図先生とギョエー!

umezu-P1000422まずは左の写真をごらんください(クリックで拡大)

ついに、あの楳図先生と念願のギョエー・ツーショット写真に収まることができました。正直、もう死んでもいいです。

昨日の先生におかれましては、大変にご機嫌がよろしく、撮影現場への移動に苦手なタクシーを使ったにもかかわらず、終始スムーズに撮影&取材ができました。楳図先生、本当にありがとうございました。

umezu-P1000517 ところで当日の楳図私服は左の市松模様のだったんですが、いつものシマシマシャツは撮影用だそうで。もちろんこちらから服装の話題は特にしませんでしたが、先生からされるぶんには問題ないのです。

インタビューと写真は、8月発売のスピリッツ増刊に載る予定です。それに合わせて『楳図 PERFECTION!』という三分冊の単行本も出る予定。そのうちの一冊(モクメの出る『ねがい』が載っている本)に、俺も解説を書かせていただきました。詳しい発売日を聞き損ねたので、わかったらまた書きます。

umezu-nekome01 それから、取材後、ついファンモードになってしまい、秘蔵の『妖怪伝・猫目小僧』のVTRパッケージにサインまでいただいてしまいました。70年代に「ゲキメーション」という画期的な技法でTV化された、あの幻のテレビ版『猫目小僧』であります。

ゲキメーションとは何かと申しますと、一見アニメのように見せかけておいて、その実態はキリヌキの紙人形を「手で」動かすという画期的な技法で、オタク第一世代のトラウマとなった作品です。見れば、感動のあまり、開いた口がふさがらないこと請け合いです。

楳図先生もこのテレビ版『猫目小僧』は、当時作者として「これはちょっと…」と唖然としたそうですが「でもこれ珍しいよ。僕もビデオ持ってないもん!」と言いながら快くサインをしてくださいました。上の写真ではよくわからないかもしれないので、ケースとパッケージを別々に掲載します(サインは、ケースのほうです)。

◎このエントリへのコメント→★

umezu-nekome04umezu-nekome03

←これはもう、家宝にするしかありますまい。

|

« 楳図先生に謁見する際の心得 | トップページ | これがアサノのオヤジだ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

今でも再生可能なのでしょうか?
デジタルに落としたほうが良さそうな、しかし再生したら再度朽ちてしまいそうなかんじですね。

投稿: 87分 | 2005/07/06 00:23

誤:しかし再生したら再度朽ちてしまいそうなかんじですね。
正:しかし再生したら最後、朽ちてしまいそうなかんじですね。

投稿: 87分 | 2005/07/06 00:24

>テレビ版『猫目小僧』

去年CS(neco)でやってましたね。

投稿: やす | 2005/07/06 00:46

竹熊さんのカオが怖いす……。
でもなんでお二人とも携帯を持ってるんですか?

投稿: 伊藤 剛 | 2005/07/06 00:54

>ところで当日の楳図私服は左の市松模様のだったんですが、

サッカーのクロアチア代表のユニフォームですね(笑)

投稿: 忍天堂 | 2005/07/06 01:19

職務質問する警察官の気持ちがほんの少しだけわかった気がしますw>ツーショット写真

梅図先生のサインもいい感じに狂ってていいですねえ、たまらん

投稿: 豆 | 2005/07/06 01:32

竹熊さんの顔 本当に怖いですw

投稿: ぱんだ | 2005/07/06 03:07

話は全然違うんですが、永島慎二が亡くなったそうですね

投稿: | 2005/07/06 03:52

↑ま、まじですか???

投稿: たけくま | 2005/07/06 06:15

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050706-0008.html

↑本当だ…。

投稿: たけくま | 2005/07/06 06:18

そういえば岡田史子さんもこの前、亡くなりましたね・・・

投稿: | 2005/07/06 11:51

夏休みの、昼間に、よく、12チャンネルで再放送されていた「猫目小僧」が楳図先生の作品とは知りませんでした。

自分のブログで〜残酷物語りを使わせてもらっていますが永島慎二さんが、漫画家残酷物語りというのを書いていたのも知りませんでした。

やはり、ここは、おもしろいし、タメになるブログですね。

投稿: Bermuda | 2005/07/06 12:21

>永島さん・岡田さん
80年代後半、高校の漫研部室で『漫画家残酷物語』や岡田史子さんを読みました。60年代も70年代も80年代もあるいかにも80年代的な部室で、いろいろおもしろく読みましたが、やはり永島さんや岡田さんの作品はとりわけ印象に残っています。
まだお若いのに。ショックです。

投稿: 一太郎 | 2005/07/06 13:11

たけくまさま
関連のないコメントで申し訳ないです
今、私のブログで東映さんへ質問運動をしています。
日本映画が元気ある中で、東映さんのみクリエイター尊重の姿勢が弱いと思っているからです。
もう、デビルマンのような過ちは嫌なもので・・・
機会があればご意見聞かせてくださいませ
失礼しました。

投稿: マイルス | 2005/07/06 19:41

>>マイルス殿
横から失礼。
その答えは、島本和彦先生の「新・吼えろペン」一巻に載っています。
\560で買えるので、ぜひ読んでみてください。

投稿: 牌_フェディダ | 2005/07/06 22:30

>ついファンモードになってしまい

自然を振舞っているが当初からの仕込以外の何物でもないでしょう。やる気満々。
たまたま持っていたとでも?

忙中に閑を見つけて、
サインもらうためにコレクションからたのしそうにいそいそと鞄に「猫目小僧」を詰めこんでる姿を想像しほっこりいたしました。

話はそれますが、マッチョメ体操、裏マッチョメ体操は肩こりに効きます。

しかし、大阪のとうはちのときにも思いましたが、
たけくまさん、
「笑顔が迫力ありすぎ」。

投稿: ぼぼぶらじる | 2005/07/07 02:38

一枚目の竹熊先生の顔が一瞬杉作J太郎に見えてしまいました・・・すみません。

投稿: レポレッロ | 2005/07/07 04:23

たけくまさま
コメント欄を掲示板のように使用して申し訳ないです。
>牌_フェディダ さま、情報有難うございます。
燃えよペン&吼えろペンまでは揃えていたのですが『新・吼えろペン』は未読でした。
早速探します。
情報有難うございました。

投稿: マイルス | 2005/07/07 09:22

あまりに素晴らしかったので思わず保存してしまいました。>ツーショット御尊影

投稿: ごま | 2005/07/07 10:20

楳図さんがAVの監督をやったことあるって本当ですか?

投稿: | 2005/07/07 16:49

すごい。。
楳図さんボーダーシャツにコンバース、
カート・コバーンみたいでカッコいいっす。

投稿: syuu | 2005/07/09 01:32

「楳図かずおを探せ」! イン・吉祥寺
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091121845488.html
あのシャツは吉祥寺で手に入るようですね。

投稿: 人工剽窃機 | 2005/07/22 09:21

http://umezz.com/interview/
「服のことはきくな」とはいい条、これきかないですますことの方がむずかしいのでは?

投稿: | 2005/07/31 18:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/4845992

この記事へのトラックバック一覧です: 楳図先生とギョエー!:

» 竹熊さん、楳図先生とギョエー! [極楽鳥使い]
竹熊さん、楳図先生とギョエー!これも竹熊さん???中川翔子が喜びそうなショットですね。 [続きを読む]

受信: 2005/07/06 10:17

» 笑顔、よかったっすか? [404 Blog Not Found]
先日のOSS Roundupの記事はどうなっているのかと思っていたが、やっとこさ記事が上がりはじめた。西尾記者のblogによると、記事化はなかなか難儀なようだ。 ひとつだけ - Planet GEEK [ITmedia オルタナティブ・ブログ]今後2日に1本程度更新していく予定です。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 14:38

« 楳図先生に謁見する際の心得 | トップページ | これがアサノのオヤジだ! »