« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/30

伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(2)

Amazon.co.jp:本: テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ

 さて、伊藤剛の「つまらなくなった言説批判」であるが、伊藤がどこまで意識したかは知らないが、かなりの部分私(竹熊)にも当てはまる耳の痛い批判にもなっている。というのは、そもそも私が相原コージと『サルでも描けるまんが教室』(復刊計画が進行中。続報は後日!)を始めた最大の動機が、まさに「最近のマンガはつまらなくなった」という実感にもとづいているからなのだ。

 そこでマンガの「様式」をパロディ化することで、この際一度、徹底的にマンガを解体してしまおう、というのが私と相原の共通認識であった。当時進行しつつあった商業主義的マンガ状況に対し、相当の悪意を持って始めた連載だったのである(しかもそれをスピリッツという「100万部の商業雑誌」で描いたところがミソ。よくあんな不届きな連載をさせてくれたものだと、編集部には感謝している)。ちょうど手塚治虫が死した8ヶ月後に『サルまん』の連載を開始したという事実も、偶然とはいえ、今となっては感慨深いものがある。

 断っておくが、べつに私は「手塚が死んだ」から「マンガはつまらなくなった」と考えていたわけではない。ただ「ストーリーマンガ」が、総体として、80年代に入ったあたりから急激に「つまらなくなった」と感じていたことはまぎれもない事実である。具体的にはある時期から『少年ジャンプ』が読めなくなったことが大きい。

『ドラゴンボール』が天下一武闘会をはじめたあたりで、世間の人気とは裏腹に、私は作品に対する興味を失っていった。こういう試合試合で引っ張っていく作劇は、遠くは『アストロ球団』に始まり『リングにかけろ!』で完成したジャンプ・スタイルである。『アストロ』は今でも好きな作品だし、『リンかけ』まではまだシャレとして楽しめたのだが、アンケート主義とあいまって、あらゆる連載が毎回試合を行うことで「強いやつのインフレ現象」を示すに及んで、私ははっきりついて行けないものを感じた。それはもはや、少なくとも私の考えるストーリーとは呼べないからである。

続きを読む "伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(2)"

| | コメント (62) | トラックバック (3)

2005/09/29

伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(1)

Amazon.co.jp:本: テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ

 以下の文章は先頃刊行された伊藤剛の著作『テヅカ・イズ・デッド』を読んでの感想であります。とはいえ書き始めたらとまらなくなり、内容紹介を含めて相当な分量になってしまいました(しかも、まだ書き終わっていない)。マンガ論としては久しぶりに出た本格的な理論的著作であり、2年半に及ぶ本書の「産みの苦しみ」のプロセスを友人として端から見ていただけに、個人的にも感慨深いものがあるのは確かであります。

マンガ表現やマンガ史における新見解をいくつも含んだ野心作で、かなり専門的な内容(価格も専門書的)ですが、難解な用語をことさらに駆使しているわけではなく(むしろそれは最小限に抑えている感じ)、マンガ表現に関心のある人なら、一度は目を通して損はない出来だと断言できます。この感想はまだ執筆途中ですが、なかなか終わらないので「短期連載」にしました。本書における伊藤くんの論旨には私自身のマンガ観にも反省を迫る部分があり、したがって単なる紹介を超えた「俺語り」の部分が出てしまったことを、最初にお断りしておきます



 書き下ろしのマンガ論としては、近年まれに見る快著が出た。伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド~ひらかれたマンガ表現論へ』(NTT出版、2400円)がそれだ。実は版元の好意で発売前に著作を入手していて、本来ならすぐにでも紹介記事をアップするつもりだったのだが、今日まで延び延びにしてしまった。それというのも、本書は「マンガの見方」に関する新見解や、先行世代の評論家(もちろんそこには竹熊も含まれる)への本質的な批判が含まれているので、とても高見に立って気楽に感想を書ける種類の本ではなかったからだ。

 本書の第一の目的は、戦後の「マンガ史」や「マンガ語り」を無意識的に支配していた「起源=神様としての手塚治虫」という呪縛を、主にマンガ表現論の手法を駆使して解くことにある。同時にこれは「(手塚中心史観を離れた)ありのままのマンガ観」がどこまで語れるか? という本でもある。このありのままのマンガ観、本書のサブタイトルに倣えば「ひらかれたマンガ表現論」には、当然手塚マンガそのものも含まれる。その意味で、手塚マンガや手塚本人を貶めるものでは決してない。

続きを読む "伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(1)"

| | コメント (17) | トラックバック (2)

2005/09/27

谷岡ヤスジ展にて

taniokayasujiten-P1000703 こないだの土曜日、漫画史研究会の面々で「谷岡ヤスジ展」に行ってきました。その入り口にあった記念撮影用鼻血ブーの前で。ちなみに夏目房之介ヴァージョンはこちら↓。
http://www.ringolab.com/note/natsume2/archives/003829.html

あと展覧会の告知ページはここ↓。
http://mitaka.jpn.org/calender/gallery/065.shtml#g1

↑10月23日までやっているようです。展示では、原画もさることながら谷岡さんのスケジュール表が圧巻でした。毎日締め切り状態が何年も続いている。俺なら逃げます。

| | コメント (19) | トラックバック (3)

2005/09/26

【人生相談】頭の切り替えができません

【悩み】私は「切り換え」というのがどうも苦手なんですね。なにかひとつのことを考え出したり、どこかにでかけたり、お酒をのみはじめたりすると、別のことを考えたり、人より先に帰ったり、飲むのを途中でやめたりするのが苦手なんです。なんかタイミングをつかめないっていうか、寂しい様なソンしたような気持ちになってしまうんです。 その点たけくまさんは「切り換え」がけっこうじょうずな気がするのです。できれば「切り換え」のコツとか、こころがけてることとかがあれば、お教え下さい。よろしくお願いします。 (ヤマダトモコ)

【回答】マンガ評論家で主婦のヤマダトモコさんから相談が寄せられました。お答えします。まずひとつ、重大な誤解があると思われるのは、俺(たけくま)は頭の切り替えがものすごくド下手だということです。

続きを読む "【人生相談】頭の切り替えができません"

| | コメント (54) | トラックバック (2)

2005/09/24

【人生相談】回答します

【悩み】早速相談させていただきます。現在33歳で、これまで楽しいこともあれば苦労もありましたが、この歳になっても未だに打たれ弱く、何かと落ち込みがちになる私。竹熊さんの元気回復法は何でしょうか? ささいなヒントでもいいので、いただけると嬉しく思います。(坊や哲さん)

お答えします。俺もよく落ち込むのですが、その落ち込みの原因をよく考えてみると、まず99%は「他人の目を気にした結果」であることに気がつきます。「こんな恥ずかしいことをやってしまって、他人はどう思うだろう」と考えるとどんどん鬱になっていっていくわけです。

しかしここで立場を変えてみたらどうでしょう。たとえば、自分が他人の失敗を見たとき、心の中で「あはは」と笑うことがあっても、すぐに忘れてしまうでしょう。その「他人の失敗」が、自分の生活に直接影響を及ぼすものでない限り、しょせん「他人事」ですので、どうでもいいわけです。

続きを読む "【人生相談】回答します"

| | コメント (79) | トラックバック (6)

2005/09/23

人生相談を募集します

「たけくまメモ」秋の新企画としまして「人生相談」を始めたらどんなものだろうとたった今、発作的に思いつきました。恋の悩みや仕事の悩みなど、出来る限り誠心誠意答えますのでどしどしご応募ください。相談無料です。

ただし、俺自身、どちらかというと人生に挫けることの多い人間ですので、あまりに難しい相談には乗れないこともあります。借金の相談や、あいつを殺したいけどどうすればいいですかなんていうのは乗れませんので悪しからずご了承ください。金銭面の悩みなんか、俺が相談したいくらいです。

それから、高度な専門知識、たとえば医学や法律の知識を要求する相談にも乗れません。「一週間前から首筋のリンパが腫れて引かないのですが」とか「うちの祖母が元従軍慰安婦なんですが、国家賠償請求はどうやればいいですか」なんて相談が来ても、「医者にいきなさい」とか「社民党系の弁護士に相談しなさい」と答えるのがせいぜいで、俺ではなんの役にも立ちません。

続きを読む "人生相談を募集します"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2005/09/22

【告知】10月9日に吉祥寺アニメ祭

以前、当メモでご紹介した「第2回吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭」の開催日が近づいて来ましたのでお知らせします。開催日は10月9日です。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/post_18.html(前回の記事)

●告知ページ
http://kichifes.jp/animation/news.html
http://kichifes.jp/index3.html

たくさんのご応募ありがとうございました。今回はコンペの他に「出張JAWACON」としまして、JAWACON参加作家の作品上映会も併せて企画しております。我が国フラッシュムービーの最前線が堪能できます! すべて入場無料です。

続きを読む "【告知】10月9日に吉祥寺アニメ祭"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005/09/20

ようやく部屋の片付けを

nuruanime-P1000671 うっかり魔が差して「大海物語」のスクリーンセーバーを入れてしまいました。



nuruanime-P1000674 馬鹿か俺は。



続きを読む "ようやく部屋の片付けを"

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2005/09/19

ぬるいアニメ絵

 うちのマンションのすぐ近くにパチンコ屋があるんですけどね。基本的に俺はパチンコはやらない(競輪・競馬・競艇もやらない。麻雀はいまだにルールもよくわからない)んですが、駅への通り道にあるんで、いやでも看板が目に入るわけです。

nuruanime-P1000656その看板というのがコレ(左写真)なんですよ。どうも『大海物語』とかいうパチスロの新機種らしいんですけど、もちろん俺はパチスロもやらないので、ゲームとしていいとか悪いとかは言えません。


nuruanime-P1000665ただ一言、言いたいのは、このぬるいアニメ絵をなんとかして欲しい、ということです(左図は前作の『新海物語』より。基本的に同じキャラ)。なんですかこの焦点のあってない目は。陰影のつけかたもなんか気持ちが悪い。感想を述べようにも、いつもは使ってない脳神経を通過してブラックホールに吸収されてしまう感じです。毎日、この看板を眺めて通行しなければならない俺の身にもなってください。

続きを読む "ぬるいアニメ絵"

| | コメント (42) | トラックバック (3)

2005/09/17

津堅信之の『アニメーション学入門』

Amazon.co.jp:本: アニメーション学入門平凡社新書 (291)アニメーション学入門

 ここのところ友人知人の新刊ラッシュであります。昨日は本田透君の『電波大戦』を紹介しましたが、今度は津堅信之さんだ。

 津堅さんは本格的なアニメーション史の研究家であります。オタクとかマニアとかコレクターとか職業批評家・宣伝家はたくさんいますが、本格的な歴史研究者というと数が少ない。なぜか。マスコミ的な需要が少ないからです。

 当たり前の話ですが、マスコミは商売でマスコミをやっているので、読者の需要がない=商売にならないという論理で、専門的な文章は敬遠されるきらいがあります。まあそれは、オスカー・フィッシンガーとかノーマン・マクラレンとかUPAとか久里洋二の素晴らしさをいくら述べたところで、そういうのを好むのはそういうのを好むマニアだけなので、作品はDVDにならなかったり、なってもバカ高かったりでそもそも見ること自体に敷居が高いわけです。

続きを読む "津堅信之の『アニメーション学入門』"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/16

本田透君の逆襲

Amazon.co.jp:本: 電波大戦電波大戦

本田透君の『電波男』が出たとき、俺は『本田透君が心配だ』というエントリを書きましたが、あそこで俺が書いた「本を書く→有名になる→モテの魔の手が襲ってくる→モテたら本田君の市場価値が減じる→そうなったらどうする?」という疑問に対し、アンサーが帰ってきました。

それがこの本、『電波大戦』なんですけど、基本的に前作の電波が大増幅して全編を覆っております。

まず冒頭が「俺(竹熊)の過去の恋愛(?)告白インタビュー」という、ほとんど個人的には自殺行為に近い内容になっております。まあ自分で文章に赤も入れたんで結果には責任を負いますが、他人の本でここまでつっこんだ話をしてしまって、自分でもいいのか?とは思います。本田君には印税が入るのでしょうが、俺をはじめインタビューイのギャラは3万円だそうで、ちょっとこの内容ではサービスしすぎたかも。

続きを読む "本田透君の逆襲"

| | コメント (24) | トラックバック (8)

2005/09/15

【日記】昨日は大失敗

昨日は多摩美の初日だったんですが、いきなり機材が不調で3限のみ休講に。新しく買ったシンクパッド持って行ったのはいいんですが、多摩美の機材と相性が悪かったか、なんとも不可解な画面の映り方をするのですよ。ちょっとここで説明しづらいのだけれども。

約15分、あーだこーだと奮闘したあげく、こりゃだめだということで3限の生徒には帰っていただきました。みんなゴメン。

ちなみに俺の講義は人が多いので(約750人)、3限と4限を400名と350名に分けて来ていただいてます。こっちからすると同じ講義を二回やることになる。最初はとまどいましたがじきに慣れました。要するに一日に高座を二回やる落語家みたいなもので。

続きを読む "【日記】昨日は大失敗"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/09/13

UPAとリミテッドアニメーション

明日から多摩美の後期授業開始なんですけど、毎回授業で配布しているレジュメ、いやレジュメというか、もはやテキストですね。それを特別にアップしてみます。後期一回目は、1950年代アニメ界の世界的トレンドだった「リミテッドアニメーション」について。来週は東映動画、その次が虫プロという流れですが、合間にマンガ史の講義もはさみますのでなかなか大変です。

■マンガとアニメに見る時間芸術の歴史
●講師・竹熊健太郎

●第15回「リミテッドアニメーションの誕生」

●1940年代~50年代のアニメ界(アメリカ)

 今回は、終戦後から1950年代までの内外アニメーション動向をレクチャーする。この時期で注目すべきは、アメリカにおけるアニメ製作会社UPAの台頭と、日本における東映動画の創立である。

 '40年代後半、ディズニー・アニメは技術的・美学的・産業的に完成の域に達していたが、同時にそれは閉塞の始まりであった。あまりにも完成され過ぎたディズニー様式は、製作にかかる莫大な予算の問題もあって他の追随を許さず、短編はともかく長編アニメにおいては、長らくディズニーの独占市場であったといえる。

続きを読む "UPAとリミテッドアニメーション"

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2005/09/10

Appleのミュージックストア

P1000068 その後、いろいろありましたが今や順調に愛用しております。iPOD。

それでこの間、「そういや始まっていたよなあ」てな感じで、Appleのミュージック・ストアというのをやってみました。オンラインで音楽が買えるという、あれです。

正直、すげえ便利。こりゃ凄いわ。一曲単位(¥150~¥200)で買えるから、気楽に落としていたら気がついたら5000円とかすぐ使ってしまった。ちょっと麻薬的なものがあるな。

ただ、俺がそのとき本当に欲しかったやつ(早川義夫の『かっこいいことはなんてかっこわるいことなんだろう』)は入っていませんでした。ああ、あの陰々滅々とした暗~い声が聴きたかったのになと残念でしたが、そんなわけで登録曲はまだまだ少ないようです。

続きを読む "Appleのミュージックストア"

| | コメント (26) | トラックバック (2)

2005/09/08

終わった…

仕事が。

でも今夜中にもう一本細かいのがあって、明日も毎日新聞のアレが締め切りなんですけど。しかし厄介なのが片付いたので、さっきまで昼寝してました。もう夜かよ。

仕事が遅いのも2パターンあって、純粋に手が遅い(時間がかかる)というのと、とりかかるまでが遅いというのがありますよね。俺は典型的な後者だと思うんですね。

仕事にとりかかるのは相撲の仕切りに似ている。こう気合いとか、書く内容のイメージが盛り上がってきて、エイヤッ!という瞬間が訪れるのをじっと待っているタイプ。その瞬間が来れば、徹夜してでもわっと書いちゃうんだけど、それに失敗すると悲惨です。

続きを読む "終わった…"

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2005/09/06

うう、仕事が終わらない

ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ。

締め切りが過ぎてるよ。

台風は近づいてくるし。

俺の心の中にも台風が停滞しております。

そんなわけで今日は更新できません。

書きたいネタはあるんですが。

ではでは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/09/04

電車内でのベッキー対策

だいたい俺、昔から電車内の手持ちぶさたな時間というのが苦痛で、たいていは本を持って乗り込むんですが、たまたま何も持たずに乗ると後悔するんです。で、しかたなくそういうときは電車と平行して走る忍者のことをよく妄想していたんですが、最近はもっぱら、こういう妄想で気を紛らわせることが多いです。

あの、これから書くことは本当にバカバカしい内容なんですけど、俺が暇なときにどんなことを考えているのかがよくわかると思いますので、笑わないで読んでください。あ、いや別に笑ってもいいですが。

よく考えるのはタレントのベッキーのことなんですけどね。この人のトークの持ちネタが「電車で痴漢を撃退する方法」というやつなんですよ。「徹子の部屋」を始め、もう3回くらい同じ話を聞いてます。

それでベッキー、電車内で痴漢に会ったらもう絶対に泣き寝入りはしないと。とにかく相手の腕を捕まえて、大声で「この人チカンです!」と叫びながら駅員に突き出すそうですよ。最初のうちは、腕の取り方が悪かったのかよく逃げられたそうですが、最近では研究を重ねて、簡単には腕が抜けないようにできるんだそうです。

まるでヒョードル顔負けです。

続きを読む "電車内でのベッキー対策"

| | コメント (39) | トラックバック (16)

2005/09/02

携帯メールが使えない

こんなこと書くとまるでジジイの繰り言みたいですが、俺がいまだに信じられないのは、携帯でみなさん器用にメール打ってるじゃありませんか。なんであんなことするんですか? 電話なんだから、さっさと電話すりゃ話が早いと思うんだけど。

俺、自慢ではないが一度も携帯メールなんか打ったことないですよ。携帯というかPHSなんですけど。そもそも自分のメアドも覚えてませんし。一応あるはずなんだが。以前、こちらから打ってみようとしたことがあるんですけど、カタカナの打ち方がどうしてもわからず、断念しました。まあマニュアルを読めばわかるんでしょうが、腐海にまぎれてどっかに行っちゃいました。

昔、ダウンタウン松本が携帯CMに出ていて「電話なんだから、話せりゃいいじゃありませんか」と訴えてましたが、その通りですよ。最近ですと小林桂樹のジジイ向け簡単携帯。あれいいよね。シンプルで。あれの若者向けのが欲しいところです。俺が若者かはともかくとして。

続きを読む "携帯メールが使えない"

| | コメント (33) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »