コミックマヴォVol.5

« UPAとリミテッドアニメーション | トップページ | 本田透君の逆襲 »

2005/09/15

【日記】昨日は大失敗

昨日は多摩美の初日だったんですが、いきなり機材が不調で3限のみ休講に。新しく買ったシンクパッド持って行ったのはいいんですが、多摩美の機材と相性が悪かったか、なんとも不可解な画面の映り方をするのですよ。ちょっとここで説明しづらいのだけれども。

約15分、あーだこーだと奮闘したあげく、こりゃだめだということで3限の生徒には帰っていただきました。みんなゴメン。

ちなみに俺の講義は人が多いので(約750人)、3限と4限を400名と350名に分けて来ていただいてます。こっちからすると同じ講義を二回やることになる。最初はとまどいましたがじきに慣れました。要するに一日に高座を二回やる落語家みたいなもので。

しかし1時間いじっていたら、なんとなく原因が分かってきて、映像が映るようになりました。そんなわけで4限はできたのですが、来週がやっかいなことになりますな。しかたなく来週は4限を休講にして調整することにしました。非常勤講師というのは日雇いのアルバイトなので1回休むと当然そのぶんのギャラはでないのだった。ひー。

多摩美で講義している教室はレクチャーホールといって、去年完成したばかりの視聴覚室のオバケみたいな施設。なんでもできる多機能ぶりですが、多機能が邪魔をして不具合の嵐になってます。なんせDVDを上映してから、電子白板(一見ホワイトボードだが、上にマジックみたいなもので描くと、それがカメラ抜きでそのままスクリーンに投影される)に切り替え、再びDVDに戻ろうとすると、いきなり音がでなくなるのはなんとかしてほしい。

信じられないことに機材を切り替えると(切り替えの相性によって)アンプが落ちるんですよ。信じられますか。ところがシステム業者に言わせると「仕様」なんだそうですよ。こんなムチャクチャな仕様がありますか。どう考えてもおのれの不手際だろうが。

そんなこんなで、いつもヒヤヒヤしながら講義をしているのです。

|

« UPAとリミテッドアニメーション | トップページ | 本田透君の逆襲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませてもらってます。
今やっている仕事がマンガを扱ったビジネスなので、たけくまメモは自分たちの仕事のヒントにさせてもらってます。

ほぼ毎日更新というのは頭がさがります。これからも体調に気をつけて更新を続けてください!
P.S サイトを参考までに紹介しておきます。
http://www.jfeo.net/comicweb/top.html

投稿: ビジネスコミック編集部「ヤナ」 | 2005/09/15 12:54

↑ある意味すごいお仕事やってますなあ。

投稿: | 2005/09/15 13:31

そのシステム業者に損失補填させたほうがいいですよ!

投稿: goyou | 2005/09/15 13:43

大変でしたね。
日本工学院専門学校で講師をやったときは
教室が小さいために、50人ずつ、同じ講義
を2回やってました。

それが、生徒が急激に増えたので
250名一挙の、竹熊さんの教室みたいな
階段ホール、映画館並みスクリーンつき
マイク3本、黒板なしの何やらスティックで
書くとスクリーンにアップするシステムで
操作助手のテーブルのパソで、映像出し
~なる映像教室になったんです。

アニメの授業には大変好都合で
文句無いのです。
で、アニメ見せてました。しかし
ぼくはマンガ担当ですよ。

新学期直前に、ここでやって~と
言われ、そのための対応資料も
準備する時間が全くなし。
学校側の思惑は4教室分一気
講義で3コマ分の講師料節減。

あとはスンゴイ設備だという
カラーカタログで学生集め。
この教室で、どう高度な講義を
行うのか~というソフトに対する
配慮・意欲がゼロでした。

現在はぼくもアニメ講義をやらされて
いるので、この教室の半分サイズが
欲しいもんだと思いますが…。

現在は400名くらいマンガ・アニメ
志向生がいるので、大いに稼動
していると思いますが…。
ちょっとリアリティが無さ過ぎなんで
ここを辞めました。
色彩・彩色の勉強に水がご法度。
コピックとCG…。アニメの色付け屋
さんの大量生産所みたい。

投稿: 長谷邦夫 | 2005/09/15 15:25

非常勤講師の仕事というのは
大教室で数百人相手の講義と
そうでない講義もギャラが一緒なのですか?
400人相手というのはかなり大変そうなんですが。

投稿: | 2005/09/15 23:48

↑一緒です。

投稿: たけくま | 2005/09/16 01:21

↑↑一緒です。

宇都宮アート&スポーツ専門学校は
横浜から来る非常勤講師に新幹線
チケットを出しています。
生徒が20人程度でも…。

日本工学院専門学校は
宇都宮から非常勤で行く時
JR普通料金しか出さない。
巨大学校は徹底的にケチ。
よって儲かるので、更に
大きくなる。
いやならどうぞお辞め下さいです。
講師のレベルはどんどん軽く
なるんでは…。

投稿: 長谷邦夫 | 2005/09/16 18:20

竹熊さん、長谷さん、ありがとうございます。
受講生が多いほうが、講義の手間もレポートやテストの採点の手間も
かかりそうなのに、ギャラは一緒なんですね。
人気が出れば出るほど大変になるんじゃ……

投稿: | 2005/09/16 18:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日記】昨日は大失敗:

» 非常勤講師の実態 [blog珍品堂]
 竹熊健太郎先生の、多摩美での講義が再開され、その様子がたけくまメモで記事になっています。 昨日は大失敗  面白いのは、そのコメント欄。読者から講師業について質問が出て、長谷邦夫さん(赤塚不二夫のアシスタントをされてた方ですね。著書も多数)がその実...... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 11:12

« UPAとリミテッドアニメーション | トップページ | 本田透君の逆襲 »