« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/30

楳図かずお・幻のデビュー作品

Amazon.co.jp:本: 完全復刻版「森の兄妹」「底のない町」完全復刻版「森の兄妹」「底のない町」

今年は画業50周年ということで、もうマスコミに出まくりの楳図かずお先生ですが、これから来年に向けても、復刻企画が続々と実現していくとのこと。

そんなわけで先日の『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』(以上小学館)に続き、今度は小学館クリエイティブからななななんと、楳図先生の処女作品『森の兄妹』、そして幻の貸本サスペンス『底のない町』が出ました!出ました!出ました!出ました!

これはすごいことですよ。『森の兄妹』はヘンゼルとグレーテルを原作にした童話なんですけど、これを描いたときの楳図先生、なんと14歳! 習作として描かれたものでしたが、その後18歳のとき(1955)に、東京のトモブック社から立派な本となって出たのであります。

続きを読む "楳図かずお・幻のデビュー作品"

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2005/10/28

【業務連絡】「色単」復刊記念サイン会のお知らせ

Amazon.co.jp:本: 色単 ―現代色単語辞典色単 ―現代色単語辞典

このたびポット出版から復刻されました『色単』ですが、先日見本が届きました。昔の版をスキャニングしているので仕上がりに不安がありましたが、ほとんどオリジナルに近い出来で、近年のコンピュータ技術の底力を示された思いであります。

それはそれとして、以前もちょこっとお知らせしたサイン会、いよいよやることになりましたので、告知いたします。竹熊のツラを拝みたいという危篤奇特な人は、ぜひいらしてください。

◆「色単」刊行記念サイン会◆

●出席 竹熊健太郎(共著の友成純一氏は地方在住ゆえ、参加しません。残念)
●日時 11月6日(日)午後3時より
●場所 中野タコシェhttp://www.tacoche.com/

なお一般書店売りは来週頭くらいからになりそうです。初版部数がそれほど多くないのでアマゾンで買うのが確実かも!

色単 ―現代色単語辞典(←クリック!)

詳しい内容は下のURLを参照してください。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_1.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_fde7.html

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005/10/26

中川翔子と切込隊長と

えーと、先週末から「たけくまメモ」も大変な状況になっておりますて、いろいろ書きたいネタも後回しになっていました。ぼちぼち通常業務に戻したいと思います。

goninnokabe-P1000734←左から清水厚監督、金子デメリンさん、俺。

とりあえずこないだの日曜に例の『クイズ五人の壁』(BSフジ)の収録に行って参りました。俺以外の出演者は、UMEZZ.COMの金子デメリンさん、「ねがい」を映画化した清水厚監督、恐怖のオタドル中川翔子さん、そしてミュージシャンのローリー寺西さんであります。

クイズは……やはり難しかったな。なんかやたら『まことちゃん』から出題されてて、俺の楳図歴で一番苦手な部分。まことちゃんに「どど彦」っていうキモメンキャラが出てくるんだけど、「これの本名は?」って言われて思わず「●●●●」って書いちまいました。ちょっとマニアックすぎたのか、司会の笠井アナとブラザートムさん、意味がわからずポカンとしてしまった。TV的には大失敗。もちろん解答も間違ってます。

続きを読む "中川翔子と切込隊長と"

| | コメント (80) | トラックバック (5)

2005/10/24

「盗作問題&ライブラリ構想」討論スレッド

 なんかここ数日の「某マンガ家の盗用問題」にはじまる一連のエントリにおいて、コメント欄が爆発してしまい、もはや全部読むのも大変な状況になっております。一応俺のほうは「フォトライブラリ構想」まで含め、この件に関する意見は一通り述べたつもりです。が、皆さんもご指摘の通り、コストの見積もりを含めて、非常に穴だらけの構想ではあります。

 ひとつ書いておくと、俺のライブラリ構想は、出版界は長年マンガで儲けてきたのだから、多少は創作現場の利便性のために利益を「還元」してもバチは当たらないのではないかと思ったことがきっかけなわけですね。また写真トレスなどで生じる著作権侵害問題は、マンガ界長年の宿痾でもあったわけで、こうしたライブラリを設けることで「訴訟リスク」が少しでも軽減できれば…と考えたからでもあります。

続きを読む "「盗作問題&ライブラリ構想」討論スレッド"

| | コメント (266) | トラックバック (5)

2005/10/23

マンガ専用フォトライブラリー構想

 一連のエントリのまとめとして、エントリやコメント欄でも話題になった「マンガ家用のフォトライブラリー」について、再度書いてみたいと思います。

 現代のマンガ表現において、マンガ家が作画参考用に写真を使用することは、ごく当然の行為になっています。まあ『フリテンくん』とか『ぼのぼの』のような作品でどれだけ使うかは疑問ですが、リアリスティックな描写を要求する劇画やストーリーマンガでは、写真は、まず必須の作画資料と言っていいでしょう。

 さてこうした写真を作家がどう調達するかというと、たいていは、あらかじめ用意しておいた雑誌写真のキリヌキや、写真集などを使うことが多いわけです。ここで写真はあくまで参考にして、十分な程度のアレンジを加えることができれば、著作権的な問題は生じにくいわけですが。

 しかし「単純トレース」から「創作性を持ったアレンジ」までの間には巨大なグレーゾーンが存在するのは確かで、本人はアレンジしたつもりでも他人はそう思わないケースもあり、これこそがまさに、マンガ家がしばしば写真家などから訴えられる土壌になっているわけです。ちなみに資料が写真でなく絵画であった場合でも、考え方としては一緒です。

続きを読む "マンガ専用フォトライブラリー構想"

| | コメント (262) | トラックバック (10)

2005/10/22

【業務連絡】ここ2日のアクセスが凄いことに

0510-1 昨日はとうとう1日6万ヒットを達成。昨年12月の「手塚伝説」以来の快挙ですよこれは。ここ最近は1日1万前後をうろうろしていただけに、やはりみなさん業界裏事情がお好きなんだなあと、ほとほと感心した次第であります。

1129839477470

アクセスアップのお礼に、俺と相原君の『サルまん』から、特にタイムリーな部分をアップいたします。どうぞ存分にお楽しみください。実はちょうどネットでスキャン画像が転がってたのを発見し、そのまま拝借。こちらでスキャンする手間がはぶけました。どなたか存じませんがどうもありがとうございました>スキャンした人

ちなみに、水面下でいろいろ動いているんですが、来月あたり発表できるかもしれません。なにが動いているのかも含めて、ご期待ください。

◎このエントリへのコメント→★

| | コメント (200) | トラックバック (8)

2005/10/21

許される模倣・許されない模倣

 前エントリで、「竹熊はトレースと模写の違いを混同して議論している」というような疑問が寄せられました。具体的にはおがたさん、fineさん、ニュー速+住人さんなどからの書き込みです。まずおがたさんが、

《どうも竹熊さんの論旨に違和感を覚えるのですが、

  A) 元絵を下に敷いてトレースして描く
  B) 元絵を隣において描く
  C) 元絵を思い出しながら描く

の3つは分けて考えるべきではないでしょうか?

今回の事件はAですよね。竹熊さんが論じているのは主にC、ひょっとすればBも入る程度で、Aは入っているのかな?
 もちろん、じつはこの3つ、境界線は曖昧であったりするのですが、
すくなくともBとCの地点から見れば、これらとAとの距離は非常に遠いものがあるように思います。》

と書き込まれ、ついでfineさんが、

続きを読む "許される模倣・許されない模倣"

| | コメント (260) | トラックバック (23)

2005/10/20

マンガ家の描写盗用問題についての私見

 例の少女マンガ家による「スラムダンク」の構図盗用問題について、「竹熊の意見が聞きたい」という声があちこちから寄せられるようになりました。著作権問題についてはかねてから関心のあるところであり、この際「報道から知りうる範囲」を材料にして、自分の意見を述べてみたいと思います。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/18/news099.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051019k0000m040140000c.html
http://www.kodansha.co.jp/info.html(←講談社お詫び文/現在削除)
http://www.kodansha.co.jp/betsufure/(←編集部&著者お詫び文)
http://cabin.jp/k55yuki/(←ネット上で設けられた検証サイト)

 意見を述べる前に、最初に確認しておきたいことは、今回の問題、現時点では「著作権侵害事件」ではないということです。というのは、著作権侵害は「親告罪」ですので、著作権者、すなわち今回の場合は「スラムダンク」の著者である井上雄彦氏が「エデンの花」作者である末次由紀氏を裁判所に訴え出ない限りは、罪を構成しません(※)。

※この文章を読んだ法学部の学生さんから指摘があり、「親告罪で告訴がなくとも、理論的には犯罪を構成する」とのこと。が、「現実に告訴がない限り、裁判にはならない」のだそうである。

 これを書いている時点で、井上氏が末次氏を公式に訴えたという話は聞きませんから、今回の末次氏の謝罪、そしてそれを受けての版元の「全作品絶版回収」は、あくまでも「道義的な責任」を感じての「自主的な行為」だということです。これを最初に確認したうえで、以下、私見を書きたいと思います。

続きを読む "マンガ家の描写盗用問題についての私見"

| | コメント (312) | トラックバック (71)

2005/10/18

【業務連絡】「クイズ五人の壁」

umezu-P1000422 前にもちょこっと宣伝しましたが、今度の日曜にBSフジの「クイズ五人の壁」という番組に出演します(放映は10月30日午後10時から)。なんで俺が呼ばれたのかというと、お題のひとつが「楳図かずお」でありまして、まあ楳図ネタを使った「カルトQ」みたいな感じ。こないだ、たまたま楳図先生と対談させていただきましたので、その縁で呼ばれたみたいです。俺以外では元祖オタドルとして著名な中川翔子さんも呼ばれているみたいです。もちろん楳図先生ご本人も。

http://www.kyodo-tv.co.jp/ja/var/index.html(番組HP)

それはともかく中川翔子さんが描く楳図調マンガが激ウマ! 内容も楳図マインドを正しく継承している感じで物凄いですわ。翔子さんとは親友だという喜屋武ちあきさんもそうでしたが、最近のアイドルはどうにかなってますね。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Spotlight/2422/(公式)
↑翔子さんの漫画は、公式トップにある楳図調の猫の絵をクリックすると読めます。

続きを読む "【業務連絡】「クイズ五人の壁」"

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2005/10/16

喜屋武ちあきさん有り難う!

kyan-P1000712援助交際ではない。

地上最強のアイドル・喜屋武ちあき嬢(19)とJR中野駅で待ち合わせ、一路おたくの殿堂ブロードウェイへ。まさか45にもなって、白昼堂々とこんな思いができるとは思いませんでしたヨ。モテの魔…は特に来ませんでしたが。ちなみに俺のカバンがパンパンですが、ノートPCの他に、プレゼント用「サルまん」が入っているのです。

kyan-P1000725 ちあき嬢は殺人的に可愛かったです。

仕事とはいえこんな中年オタオヤジにおつきあいくださり、ツーショット撮影まで快くお受けいただいて誠にありがとうございました。

続きを読む "喜屋武ちあきさん有り難う!"

| | コメント (45) | トラックバック (5)

2005/10/15

さあ、明日はアイドルだ

喜屋武ちあきさんとの対談がいよいよ明日に迫ってきました。

編集さん、最初は双葉社の会議室でという殺風景な場所を指定してきたんですが、せっかくなのでもっと撮影しがいのあるオタ臭い場所がいいのではないかと俺が言ったら、都内某所に変更になりました。もしかするとこれ読んでいる人で、明日あたり俺と喜屋武ちゃんのツーショットを目撃するかもしれませんね。場所は一応ヒミツですけど。

本当は今日、「テヅカ…」の(5)をアップする予定でしたが、なんかソワソワして手につきません。でも同時に不安も募ってきました。

ところで今の10代後半って、だいたい親が俺と同世代なんだよな。ラムちゃんとかクリーミー・マミとか、そのへんのアニメを知っているというのは、十中八九、親もオタで家で日常的に昔のアニメやマンガを見ているとみた。でも俺は硬派だったんでそのへんの軟弱系はなあ…。

続きを読む "さあ、明日はアイドルだ"

| | コメント (31) | トラックバック (1)

2005/10/13

黒澤・手塚 幻の合作映画

1107128847-10906krsw_7 「『テヅカ・イズ・デッド』を読む(4)」のコメント欄で、いつの間にか黒澤明の話になり、「そういえば…」という感じで俺が「昔、黒澤明と手塚治虫が映画を合作する話があった」ということを思いだし、その旨を書きましたら漫棚通信さんがブログでこれを取り上げていただきました。

 http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/

 当方のはコメント欄でのやりとりであり、しかもエントリの本筋とは関係ない話です。このまま埋もれてしまうにはもったいないネタなので、改めてこちらにアップします。コメントの詳しい前後関係は、当該のコメント欄を参照してください。

 まずはAaさんの「黒澤明が大平洋戦争中にディズニーの『白雪姫』を見た」というコメントを受けて、俺がこのようなレスを返したところから始まります。

続きを読む "黒澤・手塚 幻の合作映画"

| | コメント (28) | トラックバック (2)

2005/10/11

アイドルと対談しなけりゃならんのですが

モテの魔の手、とはちょっと違うんですが、今度の日曜に『@I-DOLL(アット・アイドル)』(双葉社)という雑誌の企画で、喜屋武ちあきさんというアイドルと対談することになりました。僕はよく知らなかったんですが、ただいま売り出し中のグラビアアイドルなんだそうです。

http://www.girls-record.jp/artists/kyan_art.html(←この人です)

それで、なんで俺が? と依頼してきた編集さんに聞きましたところ、喜屋武さんはいわゆるオタドルというんですか? なんか本気でオタクみたいで、この際年季の入ったオタクと対談させたらどうだろうかということで、俺に白羽の矢が立ったんだそうです。

まあここ何年も若い女子と会話をしてないので、たまにはいいんですけど、ゆうに親子くらい歳が離れてるんですが、いいんですか? 『ガンダムシード』とか全く見てませんし、声優も神谷明より若いのはよく知りませんし、話題が噛み合いませんよ? とまあ、当然の心配を抱いておるのです。さっき彼女の日記をざっと見たら、好きな言葉は「バルス」だとか、エヴァのDVDを今見ていますとか、『火の鳥』を読んでいたり、ラムちゃんのコスプレしていたりしますので、なんとかなるような気もすることはするんですが。

続きを読む "アイドルと対談しなけりゃならんのですが"

| | コメント (64) | トラックバック (4)

2005/10/10

【告知】「色単」予約受付開始!

Amazon.co.jp:本: 色単 ―現代色単語辞典色単 ―現代色単語辞典

以前告知した『色単』の発売が今月28日に決定しました。これにあわせて、中野タコシェでサイン会も行われるようです。ようですって俺がやるんだけど。サイン会のほうは正確な日取りが決まりましたら改めて告知します。竹熊のツラが見たいという方は、ぜひお越し下さい。

※アマゾンで予約受付中!(表紙をクリック!)


irotan-4irotan-6←中身はこんな感じで数百ページ!(アホかと。バカかと)



●POT出版「色単」告知URL
http://www.pot.co.jp/pub_list/pub_book/ISBN4-939015-81-5.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

【業務連絡】吉祥寺アニメ祭終了

つ、疲れた…。

いろいろ土壇場まで進行が決まらなかった部分があり、正直グダグダな展開に。ご来場いただいた方にはご迷惑をおかけしました。来年はもっと頑張りますので末永い目で生暖かく見守っていただければと思います。

第一部の「WEBアニメの現在」では、大阪からいらしたMOVE ON WEBのルンパロさんがご自分で解説を加えながらパソコンを操作いただき、大変助かりました。ここで改めて御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

ところで本日は連休最終日ですが、締め切りが終わらず…。『テズカ…』の(5)も実は書いてあるのですが、このままだと全体が本当に長くなりそうです。なんとか(6)くらいで終わらせようと思いますので、ちょっと手を加えるかも。アップはしばらくお待ちを。マジで本業が忙しいのです。

審査委員の氷川竜介さん、手塚るみ子さんもお疲れ様でした。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2005/10/09

伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(4)

Amazon.co.jp:本: テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へテヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ

 続きを書こうとまごまごしている間に、あちらこちらで『テヅカ・イズ・デッド』の感想がアップされはじめているようであります。ことにすがやみつる氏のブログ「すがやみつるの雑記帳」では、『テヅカ…』の「キャラ論」について、先に感想を書かれてしまいました。今回の当エントリの内容とかなりダブるのですが、めげずに書くことにします。すがや氏のブログはマンガ表現・マンガの歴史について自らの経験をもとにした非常に有益な内容が書かれているので、ぜひ一読をお勧めします。

http://www.m-sugaya.com/blog/archives/000256.html

(3)「キャラ」と「キャラクター」の分別・1

 以上の考察を経て、伊藤はいよいよ、マンガにおける「キャラクター」の問題へと論旨を進めていく。第三章「キャラクターとは何か」がそれで、本書の中核といえる部分だ。これからその部分を紹介するが、正直、かなり高度な議論を要求する微妙な領域の話なので、竹熊の理解不足のところがあるかもしれない(あったら、ご指摘をお願いしたい)

 従来のマンガ表現論では、マンガの基本構成要素として「絵」「コマ」「言葉」に分別されることが多かった。しかし伊藤は本書でこれを「キャラ」「コマ」「言葉」に分別する。通常の読者心理として、マンガを読むということは、ただ絵を見るというより、「キャラクターの行動」を(感情移入しつつ)追っていく、という意味合いが強いからである。

続きを読む "伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(4)"

| | コメント (88) | トラックバック (3)

2005/10/06

【業務連絡】次の日曜は吉祥寺アニメ祭

以前こっちでも告知しましたが、現在吉祥寺で開催されている「キャラクターワンダーランド」の一環として、9日日曜日に「吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭」が開催されますので、再度告知いたします。

●前回のエントリ↓
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_2f4c.html

●公式サイト↓
http://kichifes.jp/wonderland/home.html(アニメワンダーランド公式)
http://kichifes.jp/wonderland/event/movie.html(アマチュアアニメーション映画祭案内)

kitijyouji-map ●会場案内↓
http://www.musashino-cci.or.jp/index.shtml
↑会場は武蔵野市商工会議所の4階ゼロワンホールです。上のウェブサイトの下の方に住所とともにアクセスマップという表示がありますので、そこをクリックすると地図が出ます(分かりづらくてすいません)。 さすがにわかりづらいと思うので、地図をコピペしました(最初からそうすればよかった)。住所と連絡先は下の通りです

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 武蔵野市立武蔵野商工会館4階
交通: JR中央線吉祥寺駅下車 北口 徒歩5分
TEL: 0422-22-3631(代)  FAX: 0422-22-3632

当日は本選考の他に16時、17時半からの2回、move on web.様のご協力によりJAWACON参加作家による代表作上映会を行います(2回とも内容は同じ。日本有数のウェブアニメ作家の傑作の数々が堪能できます!)。また各上映の合間に、JAWACON主催者のルンパロさんと竹熊のトークライブも開催! トークを聞きたい方は、遅くとも17時には会場に来てください。move on web.上映会終了後、19時よりコンペ部門公開審査と審査結果発表を行います。

では、どなた様もふるってご参加ください!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/10/05

『テヅカ・イズ・デッドを読む』補足

『テヅカ・イズ・デッドを読む(2)』のコメント欄で、マローさんが次のようなコメントを投稿されました。

《思いつきですが・・・強いライバルが次から次へとというジャンプスタイルって、かつて手塚先生がライバル視していた福井英一さんのスタイルのような気がするのですが・・・いやイガグリくんとか知らないのであくまで推測なんですけど。》(マロー)

これへのレスを書いていたら、長文になり、しかも重要な内容を含んだと思いましたので、改めてエントリとして独立させます。

続きを読む "『テヅカ・イズ・デッドを読む』補足"

| | コメント (32) | トラックバック (1)

2005/10/03

伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(3)

20050930224921

テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ

←伊藤剛氏から提供された表紙原画(画・和田洋介)

 話を『テヅカ・イズ・デッド』に戻す。今までの文章をふまえて本書の論旨を私なりにまとめると、だいたいこのような展開になっている。

(1)マンガはつまらなくなった言説の検証

 前回までのエントリでも述べたように、90年代に入り、団塊の世代(50代~)からオタク第一世代(40代~)にかけての論客の多くが、どうしたわけか口々に「マンガはつまらなくなった」と言い始めた。しかし現行のマンガは、一時ほどではないにせよやはり売れているし、伊藤からみて面白いマンガはたくさんある。必ずしもマンガ表現総体が衰弱しているとは思えないのだが、先行世代の論者は意識的にか無意識的にか「今のマンガ」を無視しているように見える。これはなぜか。

続きを読む "伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を読む(3)"

| | コメント (54) | トラックバック (4)

2005/10/01

巨匠の一発ギャグについて

Amazon.co.jp:本: 七色いんこ (1)少年チャンピオン・コミックス

 ちょっと伊藤本からは外れますが、手塚治虫関連の話題です。東京都の女子大生、M泉さんから昨夜次のようなメールをいただきました。

> 竹熊先生、
>
> はじめまして。いつも先生の日記や数々の著作を、
> 拝見させていただいております。
> 私は都内に住む大学生でM泉N子と申します。
> 本日は竹熊先生に教えて頂きたいことがあり、メールさせて頂きました。
> 先生は手塚治虫の『七色いんこ』に頻出するギャグ、
> 「日本の国土ッ!」という言葉の意味をご存知でしょうか?
> 自分なりに色々と調べてはみたものの、どうしてもわかりません。
> 「もうこれを聞けるのは竹熊先生しかいない。。。」と思い、
> このようなメールを送ってしまいました。
> お忙しいのに、申し訳ありません。気が向いたときに返信を
> いただけたら幸いです。
>
> M泉N子

続きを読む "巨匠の一発ギャグについて"

| | コメント (46) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »