« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

ようやく一段落

てなわけで、本業のほうもようやく一段落しました。一気にヒマができ気が抜けましたが、実はこれからが大変だったりして。2月・3月はほぼ書き下ろし月間になりそうで、『サルまん』はじめ単行本作業が詰まっておるのです。

単行本作業は、締め切りがゆるやかな反面、あまりそれにかまけていると生活も逼迫するという諸刃の剣です。だいたい俺の場合、雑誌に連載していたものでも大幅に手を入れることが多いので、編集者にある程度の締め切りを設定していただかないと進まない。気がついたら未完の原稿を抱えたまま夏休みの最終日状態になりやすいのです。

編集も編集で、雑誌の進行とは違うのでのんびりとしてしまい催促にも迫力を欠くことが多いわけです。結果として出すタイミングを逸してしまうこともあったりして。この5月に出す予定の『私もまんが家だった』にしても、もとは10年前の連載ですが、急に出すことになってまとめ直しをすることになり、エライ事になっております。それでも、まあ雑誌の進行とは違うのでブログの更新はもう少し頑張りたいと思います。

続きを読む "ようやく一段落"

| | コメント (25) | トラックバック (5)

2006/01/27

夜中に気になったこと

fera よく時代ドラマなどで、殺す気はないのだが相手が殺気立っていて、やむなく刀の背中で相手の首筋や胸などを叩いて

「峰打ちじゃ、安心せい」

というのがありますが、俺昔から気になっているのだけど、あれヘタしたら死にませんかね? 刀って鋼鉄製でしょう。相当重いはずですよ。首筋なら頸椎打撲じゃすまないでしょうし、胸だったらアバラの数本は折れるでしょう。まあ急所は外すんだろうけど、ドラマみたいに、しばらくして「う~ん」なんて言って起きあがれないのではないでしょうか。

それから現代劇ですと、よくあるのが拳銃の尻で後頭部を叩いて気絶させるというやつ。拳銃だって立派な鈍器なのだから、カナヅチで叩くくらいの破壊力はあると思う。気絶させるくらいだと、思い切り叩かないとダメでしょうから、ヘタしたら頭蓋骨陥没するんじゃないですか。

いやなんでこんなこと書いているかというと、原稿が終わらないからなんですけどね。締め切りが過ぎても終わらないと、よくこんなことが頭の中をグルグルグルグル駆けめぐるんです。それだけです。あと、写真と本文は関係ありません。

| | コメント (79) | トラックバック (1)

2006/01/25

【告知】3月3日「FLASHアニメーションの進化」イベント

またまた告知ですが、来たる3月3日のひな祭りの日、恵比寿の東京都写真美術館で「FLASHアニメーションの進化」というイベントが行われます。

http://www.cgcarnival.com/index_j/special2006.html

参加メンバーを見るとPOEYAMA、大沢駿、512kb、蛙男商会、ルンパロといった面々で、実を申せば昨年大阪で行われたJAWACONと同じメンバー。昨年暮れにはJAWACON東京大会も行われたわけですが、それを見逃した方、今度は事実上のJAWACON東京大会リターンズといった趣ですので、ぜひとも見に行くべきではないでしょうか。不肖竹熊もトークゲストみたいな感じで参加いたします。しかも入場無料!

クオリティは保証つき! たぶんFLASH分野に関しては日本で最高水準のイベントになると思いますのでぜひ会場にお越しください。ただし入れるのは先着200名様ですのでお早めに会場にお越しくださいとのことです。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2006/01/23

【業務連絡】3月18日・朝カルで「僕のインタビュー術」

告知にはちょっと早いかもですが、3月18日、久しぶりに朝日カルチャーセンターで講演をやります(有料)。

お題は「僕のインタビュー術」。俺はフリーの文筆業者として、ここ20年でたぶん200人以上の有名人無名人をインタビューしておりますが、今回そのキャリアから得た「竹熊流・インタビューの心得」みたいなことをレクチャーしてみたいと思っております。実はこのテーマを人前で話すのは初めてです。

インタビューそのものは、学生時代のミニコミから経験してますが、いわゆる「有名人」となると、84年頃にやった「戸川純インタビュー」が最初でした。当時、大塚英志氏が編集していた「漫画ブリッコ」の別冊で「いけないコミック」というのがあって、ここで50ページに及ぶ戸川純特集を企画構成したのです。今、戸川純といっても若い人は知らないんだよなあ。ええと、ステージで赤いランドセル背負ってマゾな歌を歌ったりですね。非常にマニアックな歌手なんだけど、すごく人気あったんですよ。椎名林檎が出てきたとき「あ、戸川純のマネだ」と思った俺の世代は多いことでしょう。

続きを読む "【業務連絡】3月18日・朝カルで「僕のインタビュー術」"

| | コメント (43) | トラックバック (2)

2006/01/22

南海キャンディーズの山ちゃんって

dekinboy 田村信のマンガに出てくる顔をしていると思った。

いや、今テレビ見てて思っただけですけど。

もしかすると既出かしら。

まあいいや。

●田村信ひとくちメモ(1)

田村信さんといえば70年代後半に「少年サンデー」で一斉を風靡したギャグ漫画家なんですけれども、連載中に担当者が原稿を紛失してしまい、真っ青になって夢の島まで探しに行ったがもちろん見つからず、小学館から「十倍返し」(版元のミスで原稿を紛失した場合、作家に原稿料の十倍を支払うというペナルティ)を受けたという伝説があるんですが。それで田村さんは怒るどころか

続きを読む "南海キャンディーズの山ちゃんって"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/01/20

ダストシュートのある生活

8913c9f8 …に、憧れております。ほらよくあるじゃないですか。ビルの上層階からパカッとダストシュート開けて、ゴミを落とすだけで済むやつ。最近のビルはどうなってんのかよくわからんけども。いやなんでこんなことを書くかというと、萌える、否、燃えるゴミを出し忘れて一週間が経つからなんですが。

うちの地区では燃えるゴミの日は月曜と木曜なんですが、ついに今週は両日とも出し忘れてしまった。ハッと気がついたらもう朝の10時で。いつもですと寝る前(深夜)に出してから寝るのですが、最近外が寒いじゃないですか。つい億劫になって、起きてから出そうと思うと気がつけば10時なんですよ。9時くらいに目が醒めれば絶対間に合うのですが。

気がつくと「やじうまワイド」が終わってるの。目覚ましかけてもダメ。人と会う約束なら、何が何でも起きるんですけど、用件がゴミだしだと思うと、面倒くさくてですね。ダメダメです。

であるからして、家の中に居ながらにしてゴミが出せるダストシュートというものに憧れておるわけです。ラクだろうなあ。こうペダルかなんか踏んでパカっとフタ空いたら、そのままサンダーバードみたいにシューっと。でも普通のマンションとかにあったら、絶対子供が落ちたりするんだろうなあ。それで最近見ないのかしら。

続きを読む "ダストシュートのある生活"

| | コメント (57) | トラックバック (3)

2006/01/19

宮崎勤の死刑判決に思う

最高裁で宮崎の死刑判決が確定した。たぶんそうなるだろうと思っていたから、淡々とニュースを聞いた。まあ17日はヒューザー証人喚問とかホリエモン強制捜査とかたて続けだったので、そのせいもあったと思うが。

宮崎事件や、裁判に関して今更俺から付け加えることはあまりないが、裁判を終えての報道記事や識者のコメントを聞いて、気になることがひとつあった。

それは「動機がついに解明されず、心残りです」というものだ。なぜああいう事件が起こったのか、その原因を究明してほしいというのはもっともだが、俺は事件の種類によっては「動機が解明できるものと、できないもの」があると思うのである。

たとえば自分自身の過去を振り返っても、なぜあのとき、あんなことをしてしまったのか、自分でも不可解な行動はある。もちろん表面的な理由をつけることはできるのだが、それが本当にそうなのかは、自分だってよくわからない。

続きを読む "宮崎勤の死刑判決に思う"

| | コメント (72) | トラックバック (10)

2006/01/17

【日記】読売ウィークリーでオタクの老後、他

たまには日記っぽいものを書いてみましょう。

といっても今日はほぼ一日家でグダグダしていたので、昨日の日記になります。昨日は神保町で取材と打ち合わせがあわせて三件。まあ日頃は神奈川県の奥に引っ込んでいるので都会に出るのが億劫なんですよ。それで出るときには用件をまとめて済ませることにしておるわけです。

最初は「読売ウィークリー」の取材で、なんか「オタクの老後」みたいなことをしゃべってくれというので喫茶店でしゃべりました。以前このブログでそういうテーマのヨタ話を書いたので、それを見たみたいです。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_b082.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_2349.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_02a2.html

でも同じ話をするのもなんだし、と思ってちょっと総合的な話をしているうちに、話が横道に逸れてしまった。

続きを読む "【日記】読売ウィークリーでオタクの老後、他"

| | コメント (58) | トラックバック (2)

2006/01/15

ルーシーはダイヤを持って空の上

Lucy-5←Lucy in the Sky with Diamonds(アニメ『イエローサブマリン』より)

●LSDの開発者ホフマン博士が100歳http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011229.html
http://cnn.co.jp/science/CNN200601120020.html

まだ生きていたことが驚き。LSDといえば史上最強の幻覚剤として、60年代のフラワー・ムーブメントに強烈なインパクトをもたらした薬物として有名ですが、それを開発…というか発見したのがこの人。きわめてマジメな薬学者なんですけど、1943年(ということは戦争中か)に自分の研究室で偶然LSDを合成してしまい、しかも微量を体内摂取してしまったことに気がつかずに帰宅、夕飯を食おうとしたら、いきなり目の前のローストチキンがトコトコ歩き出したというエピソードが残ってますね。

続きを読む "ルーシーはダイヤを持って空の上"

| | コメント (35) | トラックバック (7)

2006/01/13

イカ大反響

shiro-09 昨日の多摩美学生の耽美イカマンガ「城」ですが、なんかこっちの予想を上回る反響でネットでプチブレイクしている模様。俺のmixiページ(内輪だけに限定公開)でも紹介したら、マイミク仲間の吉田戦車・古屋兎丸両氏をはじめプロ作家・編集者諸氏から好意的な評価をいただきました。

また本日(13日)の「たけくまメモ」は3万アクセスに達しそうな勢いです。ここは作者に成り代わりまして御礼申し上げます。

実はこのマンガ、そう長くないので全部公開しようか迷いましたが、部分的に未完成だったのでサワリだけ紹介したのです。これ以外にあと数ページぶんありますが、掲載部分だけでもだいたいどんな作品かはわかると思います。本人も「必ず完成させる」と申しておりますので、この春立ち上げる別サイトで、他の優秀作品と一緒に公開する予定です。

続きを読む "イカ大反響"

| | コメント (54) | トラックバック (4)

2006/01/12

今年の多摩美のイカした問題作

映像の一部をまだ残してますが、多摩美課題の採点もほぼ終わり、昨日、なんとか講評会にこぎ着けることができました。

今年は全体に低調だったという意見は変わりませんが、最終的には何本か評価しうる作品に遭遇することもでき、ほっとしております。面白いもので、毎年同じ課題(マンガかアニメを作って提出)を出しているんですが、その年ごとの「傾向」があるんですよね。

たとえば最初の年は、ドラえもんとかジョジョのパロディが悪目立ちしたりとか、それを注意したら、今年はパロディ系がぐっと減ったかわりに、自殺ネタが目立ちました。

アレですよ、青春の苦悩を抱えた主人公が、短い人生を回想しながら身投げしたりする。青春の一ページとはいえ、みんなそんなに死にたいんでしょうかねえ。首つりは大小便垂れ流しになりますし、飛び降りは痛いですよ~。

続きを読む "今年の多摩美のイカした問題作"

| | コメント (73) | トラックバック (18)

2006/01/10

やべえ、終わらない

2005061409_1052361331 年末年始のスケジュールがガタガタです。元旦あたりから仕事しないととうていこなせる量ではなかったのに、当然正月は仕事にならず、本当は年末にあげとくはずの仕事がようやく昨日終わったくらいで、今の気分は左の写真みたいな感じ。

特に困ったことは、多摩美の講評会が明日なんですが、採点がなかなか終わらないことです。マンガ作品についてはほぼ終わったんだけど、CDやDVDで出してきた映像作品が今年は結構あって、それが段ボールに二箱ある。見ても見ても終わらん! できるだけ見ますが明日の講評はマンガ中心になる可能性もあります。あ、もちろん成績出すの来月なので、採点そのものは責任をもって終わらせますので安心してください>受講生のみなさん。

マンガのほう、以前も書いたように今年は全体的に低調だったんですが、何百作もあると、さすがに数作は面白いのがありました。ただアイデアは面白いんだけど、ペン入れが途中だったりとか、作品として未完成だったりするんだよな~。惜しいというかなんというか。

あと、「ここを直せばもっとよくなるのに」という作品もあって、こういうのは講評する側としては実は嬉しいんだよね。講評しがいがあるというか。

まあ商業雑誌の新人賞でも、百作のうち2,3本いいのがあればめっけものですからね。もともとそういうものなのかもしれません。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/01/08

濃いブログ2つ

Amazon.co.jp:教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書NET TRAVELLERS200X: 本

たまにはオススメサイトでも紹介したいと。ひとつは『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』で世人を驚愕させたばるぼらさんの『東京(仮)』。今年の元旦にオープンしたみたいです。

http://www.jarchive.org/blog/

なんというか、いきなり濃すぎるサブカルネタの連続で、最初からこの調子でどうするのかとおじさん心配です。俺にも多少関係しているネタでは70年代終盤~80年代初頭の自販機本(自動販売機専用のエロ本)についてのエントリが懐かしかった。

http://www.jarchive.org/blog/entry/200601/07jihanki.html

続きを読む "濃いブログ2つ"

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006/01/06

シバれる夜には相原コージ

Amazon.co.jp:真・異種格闘大戦 1 (1)アクションコミックス: 本真・異種格闘大戦 (1)

いや~寒いっすね~。

全国至る地域が大雪で大変みたいですが、東京なんて雪も降らないのにメチャクチャ寒いですよ。明日から三連休なんで今日中に銀行行こうとして、表に出たら後悔しました。なんかダイヤモンドダストが見えた気がしますがよく見たら雪でした。すぐ止んで、あとはひたすら底冷えがジンジンと…。

それはそれとして、年も明けたのでそろそろ『サルまん・萌え企画第二弾』に突入しようと思うんですが、11日に大学最後の講義があるのでそれまで待っていただけるとありがたい。今度は相原コージくんにも協力してもらいますから。今考えているのは、相原くんに萌えイラストを描いてもらって、それをネット内の萌え絵添削サイトに応募するとかはどうでしょうかね~。本人死ぬほど嫌がるでしょうね~。

続きを読む "シバれる夜には相原コージ"

| | コメント (27) | トラックバック (2)

2006/01/04

2005年アマゾン売上げBEST20(2)

いよいよBEST10の発表です。アクセス解析とアフィリエイトの売上げが、「たけくまメモ」の更新意欲を向上させるカギであります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

※表紙をクリックするとアマゾンに飛びます。

●第10位 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』 伊藤剛 [65冊]

Amazon.co.jp:テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ: 本これ一冊でマンガ論の最前線に躍り出た、伊藤剛渾身の力作。かなりいいお値段にもかかわらず売れ行き好調、すでに三刷りに達したそうで、ご同慶の至りであります。マンガ論というと、ネットはともかく、マスコミ的には40代~50代のごく少数(たぶん10人くらい)の評論家の独占市場みたいになってましたが、ようやく30代から本格的な論者が出てきました。伊藤君のこの本は従来のマンガ論・研究を批判的に継承しつつ、過去の論者が語り得なかった90年代以降のトレンドである「萌え」の問題を「キャラ/キャラクターの分別」という概念を導入することで、マンガ史の文脈に位置づけた意欲作といえます。

基本的にアカデミックなスタンスの本ですが、専門用語の使用は必要最小限にとどめている感じで、相当に練り込んだ印象。正直、今の俺にはこのレベルのマンガ論を書くことは不可能です。今後の俺としては、本格的な評論は夏目さんや伊藤君、宮本大人氏などの論客にまかせて、適当なエッセイでお茶を濁しつつ余生を送りたいと思ってます。なお「たけくまメモ」での『テヅカ・イズ・デッドを読む』連載が中断したままになってますが、近々「萌えの研究」のエントリに併せて、アップしたいと思っています。
<NTT出版、2400円> 関連URL→

続きを読む "2005年アマゾン売上げBEST20(2)"

| | コメント (23) | トラックバック (6)

2006/01/03

2005年アマゾン売上げBEST20(1)

そんなわけで昨年度の「たけくまメモ」アマゾン・アフィリエイトによる書籍売上げベスト20を発表します。20冊となると結構紹介に骨が折れますので本日は20位から11位まで、ちょっと本日は用があるので残りは帰宅してからにします。

※表紙をクリックするとアマゾンに飛びます。

●第20位 『電波大戦』 本田透 [37冊]

Amazon.co.jp:電波大戦: 本

20位は昨年なにかとお騒がせ、本田透くんの『電波大戦』でした。ベストセラーになった『電波男』の実践編…というか、オタク系著名人と本田くんとの対談集なんですけど、なぜか俺もその中に入ってます。どうやら俺が『電波男』の感想文で「本田くん、このまま売れてしまったらモテてしまうぞ」と“モテの魔の手”の危機を忠告したことに端を発しています。どうも彼、本気でそれを心配したみたいで気がついたらこのような本として結実した次第。どうもすいませんでした。
<太田出版、1554円>

続きを読む "2005年アマゾン売上げBEST20(1)"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年の抱負…を書こうと思いましたが大晦日のエントリとダブリますね。とにかく今年は部屋の大掃除に邁進し、合間をぬってブログを更新、空いた時間で本業を頑張りたいと決意しております。

春には『新装版サルまん』全3巻をはじめ『私もまんが家だった』など自著が数冊出ますので、久々に明るい春を迎えられそうですが、それまでが地獄です。描き下ろしなんて決めなきゃよかったと後悔……いえいえ、がんばります。

あと春からは多摩美の講義だけではなく、桑沢デザイン研究所でもゼミを始めることになります。これがなんと俺と森川嘉一郎と伊藤剛が講師になって、受講志望者から選抜して20人程度に絞り、同人誌を作らせてコミケに出品させる…というところまでは決まっているのですが詳しくはこれからみんなで相談します。たぶんものすごく濃いゼミになるのではないかと思いますが、どのように濃いかは想像にお任せします。

まあそんなこんなで今年はいろいろあるんですが、おいおい業務連絡していきますのでみなさんどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (18) | トラックバック (2)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »