コミックマヴォVol.5

« 2005年アマゾン売上げBEST20(2) | トップページ | 濃いブログ2つ »

2006/01/06

シバれる夜には相原コージ

Amazon.co.jp:真・異種格闘大戦 1 (1)アクションコミックス: 本真・異種格闘大戦 (1)

いや~寒いっすね~。

全国至る地域が大雪で大変みたいですが、東京なんて雪も降らないのにメチャクチャ寒いですよ。明日から三連休なんで今日中に銀行行こうとして、表に出たら後悔しました。なんかダイヤモンドダストが見えた気がしますがよく見たら雪でした。すぐ止んで、あとはひたすら底冷えがジンジンと…。

それはそれとして、年も明けたのでそろそろ『サルまん・萌え企画第二弾』に突入しようと思うんですが、11日に大学最後の講義があるのでそれまで待っていただけるとありがたい。今度は相原コージくんにも協力してもらいますから。今考えているのは、相原くんに萌えイラストを描いてもらって、それをネット内の萌え絵添削サイトに応募するとかはどうでしょうかね~。本人死ぬほど嫌がるでしょうね~。

Amazon.co.jp:真・異種格闘大戦 2 (2)アクションコミックス: 本真・異種格闘大戦 (2)

ところで寒い寒い北海道出身でもある相原くんの新刊『真・異種格闘大戦』の2巻が出ましたので皆さんにもオススメします。はっきり言ってこのシリーズはオモロイ! 寒さを忘れるほどアツイ! もともと彼はプロレスや格闘技が大好きだったんですが、その趣味が全開したのが本作です。しかも格闘マンガを「動物マンガ」と合体させるという、彼にしかちょっと描けない離れ業を見せてくれます。これ描くために彼、ブラジリアン柔術の道場に通ってますからね~。マジで勉強熱心ですね~。

故・大山倍達総裁も

「キミね、地球で一番強いのはアリクイだよ! 一番強いのはゾウと言われるが、それは違う! 地上で唯一、ゾウが恐れるものがアリなんだよ! アリクイは、そのアリを食べるだろ! だから一番強いのはアリクイ!」

と述べられておりますよね。なんていいますか、生物の壁を全部とっぱらったら一体何が一番強いか、というのは子供&格闘オタにとっては永遠のテーマなんですよね。

それに真正面から答えようというのがこのマンガです。すでに第一巻で

●人間×カバ○
●アナコンダ×カクイドリ○
○ライオン×インドサイ●

と一応の決着を見ており、続く第二巻では「ワニ対シマウマ」「アフリカ水牛対マウンテンゴリラ」の決戦を読むことができます。

はたしてこれはギャグなのかどうかというのは、ぜひ読んで判断していただきたい。ある意味ギャグなんですが、相原くんはなんかとんでもないものを描いている気がする。とにかく過去にあまり存在しなかった種類のマンガであることは確かですよ。第一巻の冒頭で人類がガバカバに負けてさっさと退場したのもいさぎよい感じです。

|

« 2005年アマゾン売上げBEST20(2) | トップページ | 濃いブログ2つ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 >第一巻の冒頭で人類がガバに負けてさっさと退場した

 た、たしかにあんなのがガバッとかかってきたらやだな。うん。

投稿: あおきひとし | 2006/01/06 21:46

カバの牙は大きく尖っていて水中では人間より俊敏なので実は非常に危険。
おまけに排便時に尻尾を振り回して水辺全体に「マーキング」。
カバが泳ぐ直後にはアフリカの淡水魚がついて回ります。
(ワニと異なって菜食のカバには食われる恐れが無い。)
ちなみに汗腺からは皮膚を守る「赤い汗」が出ます。
こんな恐怖のカバも実は夜行性。夜に岸辺に上って草を食します。
日本の動物園で人工飼育したカバの赤ちゃんが泳げないため、
飼育員がカバの池で泳ぎの特訓をしたという実例もあります。

投稿: トロ~ロ | 2006/01/06 22:02

あれは『少年ケニヤ』だったでしょうか。
冒頭でサイとカバのガチンコ対決のシーンがあって、子供心に「カバって本当は怖いんだなあ」と思った記憶があります。

投稿: SGA屋伍一 | 2006/01/06 22:13

相原くんに萌えイラストを描いてもらって、それをネット内の萌え絵添削サイトに応募するとかはどうでしょうかね~。本人死ぬほど嫌がるでしょうね~。
------------------
「ムジナ」の作者さんが、こんな目に会う時が
くるなんて・・・不思議だ。

あ、雑誌読まないのでコミックスでたの知りませんでした。
ちゃんとここ通して買いますよ~
あの・・・ムジナ以降作品全然知らないので貼っておいてくださると良いと思うのですが。
(勝手なこと言ってたらすみません)

投稿: m.d | 2006/01/06 22:55

これ面白そうですね!
相原さんもアイディアの突き詰め方とか凄いと思う。
追・故植村直己さんのインタビューに、「寒くて辛い時とかは猪木と馬場が戦ったらどっちが強いかとかを考えて寒さを忘れるようにするんです」というのがあって、これを見たのは子供の時ですが、「寒い時にそんなこと思うかフツー?」とかツッコミを感じたのを思い出しました。

投稿: 匿名氏 | 2006/01/06 23:58

>SGA屋伍一 さん
少年ケニヤの一巻か二巻でしたかね.
確かサイとカバが戦って相打ちでしたね.
あれはお話だし実際にサイとカバが争うなんてことは滅多にていうかほとんど無いでしょうけど,カバ怖いという同じ印象を持ちました.
また,アフリカの川にはワニがいますが,彼らは腹が弱点なのでカバの牙には非常に弱いという話を別の真面目な本で読んだことがあります.

投稿: 修蔵 | 2006/01/07 03:05

アフリカで動物に殺された人の死因のトップはカバによるものだろう、と言われているそうで。
http://rate.livedoor.biz/archives/50048681.html
私の知人も最近アフリカに行った時に耳にタコができる位、カバに気を付けろ、夜は絶対茂みや水場に近づくな、と言われたそうです。

投稿: | 2006/01/07 08:10

ワニですらカバを恐れて近付かないそうですね。
昔、TVでワニに手も足も出なかったライオン
の映像を見ていたので。つまりカバか象が最強じゃないっすかね?

投稿: | 2006/01/07 10:15

萌え絵スレの住人なのですが、前回竹熊氏の絵が出されたとき
有名ブログからの無断転載だというさわぎになったのは
非常に惜しかった気がします。

もし次回があるなら、ブログへの掲載は反応を見てからと
されてはいかがでしょう。

投稿: | 2006/01/07 10:58

カバが赤い汗を流すってことは……
カバこそが汗血馬だったんだよ!

投稿: | 2006/01/07 11:01

↑↑そんなことがあったんですか。
まあ僕の絵に関しては、出所さえ明記していただければいくらでも勝手に転載してもらって構いませんけどね。

投稿: たけくま | 2006/01/07 11:25

↑↑↑ん?もしかして俺が有名ブログから転載したってこと? そうだったら誤解ですよ。

投稿: たけくま | 2006/01/07 11:36

たぶん前者……というか、ここからの転載ということじゃないかと
あの流れはそういうふうに思えました

あそこの雰囲気というか慣習みたいなもので、自作の絵以外は
基本的にダメというのがあります(ネタでモナリザに赤ペンもありましたが)
たまにですけど、他人の絵を嘲笑する目的でアップロードする
人もおりますので、御容赦ください……って、謝る立場じゃないんだけど

投稿: | 2006/01/07 11:45

たぶん前者……というか、ここからの転載ということじゃないかと
あの流れはそういうふうに思えました

あそこの雰囲気というか慣習みたいなもので、自作の絵以外は
基本的にダメというのがあります(ネタでモナリザに赤ペンもありましたが)
たまにですけど、他人の絵を嘲笑する目的でアップロードする
人もおりますので、御容赦ください……って、謝る立場じゃないんだけど  

投稿: | 2006/01/07 12:25

最強動物が気になる貴方にお奨めのスレッドです。

★★★★★最強動物ランキング29★★★★★
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/ranking/1131614036/l50
━━━━━━野生動物強さ格付け4━━━━━━
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/ranking/1132147274/l50

454 :格無しさん :2005/12/16(金) 01:20:10
>>452
ライオンのライバルはフンコロガシ。
http://p21.4cast.co.jp/variety/d-arashi/oa/20040324.jhtml?1=1
>と、ここで飼育員さんから、どう猛なライオンのイメージを覆す衝撃の事実が!
>それは、猫にマタタビを与えるとメロメロになってしまうように、なんとライオンはゾウのフンで骨抜き状態になってしまうのだという。
>さっそくライオンに、ゾウのフンを与えたところ・・・ゾウのフンを舐める舐める。
>百獣の王があっという間に、ごろにゃん状態!なぜゾウのフンが百獣の王ライオンを骨抜きにするのかは、いまだ解明されていないという。

投稿: 忍天堂 | 2006/01/07 13:22

>脩蔵さま
レスありがとうございます
「少年王者」「少年ケニヤ」、ピーター・ジャクソンに映像化してもらったら面白いかもしれませんね

あと「地上最強の生物」は範馬勇次郎だと思います

投稿: SGA屋伍一 | 2006/01/07 21:35

blog探訪しててこのブログに到着。君自身のものを公開したほうがいいぜ。

投稿: billioner bloger | 2006/01/07 21:41

ただ、生活圏の違うもの同志の強弱は本当の意味で競えるのでしょうか、、、

投稿: 匿名氏 | 2006/01/07 22:46

2ちゃんねるの生物板でトラVSクマという議論があって、それが他のあるBBSの生物カテにもやってきたんですが不完全燃焼に終わりました。理由はやはり生活圏が違うからというものでした。

しかし萌え絵添削のところで指摘した方は無粋ですね。しばらく見て見ないふりをして楽しめば良かったのに。

投稿: 永田電磁郎 | 2006/01/07 23:49

われわれが見たかったのは、ネタとしての
ロド子の次にある、たけくまさんの本気の
萌え絵だったんですね。
それがどんなに滑っても。

相原コージはその後でしょう。
延ばして、第2弾と急に名前をつけても誤魔化せるものじゃない。

しかし、一巻の表紙のカバはカバに見えませんね。
ナメゴンくさい。
草食獣のカバの牙が、肉食獣みたいに
とがっとるわけないでしょう?

投稿: ぼぼ | 2006/01/08 06:28

↑もちろん俺も描くんで安心してください。

投稿: たけくま | 2006/01/08 07:34

>たけくまさん

正直、ばたばたしすぎて考察が行き詰っているように見えるのですが。
新しい風景が見えるか見えないかというところなので、壁を越えられること期待しております。

つなぎネタとして、昔少しだけ触れられた多摩美での「少女漫画」のレジュメ、よろしければUPしていただけないでしょうか。

私も正直、苦手分野なのですが、
萌え絵の系統を考える際、どこでユニセックスになったのか、多少詳しく、「基礎」を抑えておきたいのです。

投稿: ぼぼ | 2006/01/08 07:48

最強動物といえばこのページでしょう。

巨大動物図鑑 Big Game
http://members.at.infoseek.co.jp/big_game/

投稿: nminoru | 2006/01/08 15:03

相原氏の「格闘大戦」、自分も大好きです。
確かに燃えますね、熱いですね。血湧き肉踊る。これほどストレートな娯楽マンガは珍しいとさえ思います。キャラ立ちまくり。はずし気味のギャグの数々もまたベタでいい。泥臭い理屈の数々が往年の忍者マンガのようで…というかそれこそ『ムジナ』ですか。「さるまん」でいうエスパーマンガを超える忍者マンガ、超能力を超えた超努力(2巻のシマウマなんかもろに)。
生物たちの戦いに自分の中の少年が目覚めます。動物つえー。こりゃ人間の出る幕ないわ。範馬某?知らんがな出直せという気持ち。もちろん擬人化はあるわけですけど。再び「さるまん」絡みで「受ける動物マンガ」を思い出す擬人化でした。ムジナで勝手にシロクマてところですか。

※なお、このての動物同士の戦いということならやはり、

小原秀雄『猛獣もし戦わば』(KKベストセラーズ、1970年)

大山倍達『大山カラテもし戦わば』の動物版、といった素晴らしい本です。著者はれっきとした学者で、動物の身体データから習性・生態のまともな紹介、さまざまな報告の要約などしっかりした内容で実に読ませます。「ライオン対トラ」「ヒグマ対トラ」は当然として「ドール対トラ」「ペッカリー対ジャガー」「カバ対クロサイ」「ハイエナ対ライオン」「シャチ対マッコウクジラ」、さらに「センザンコウ」「スカンク」「グンタイアリ」「アザラシ」など充実にもほどがあり超おすすめ。本書を合わせ読むと面白さ倍増ではないかと。

投稿: ななし | 2006/01/08 20:37

昨年末、熱帯雨林をテーマにした連続ドキュメンタリ番組を見ていたら、アマゾンの浸水林(アンデス山脈の雪が融けてアマゾンに流れ下るが、アマゾン川流域は3000kmに付き100mの標高差しか無いので、溢れ出て洪水状態が続く)の回で、ショックな事がありました。
ピラニアですよ、ピラニア。
あの牛をも食ってしまうと評判のピラニア。
実際のところは、カワウソが捉えて食べた魚のおこぼれをつまんでおるのですよー。それでもって、カワウソに気付かれたら追い掛け回されて掴まって頭からバリバリと貪り食われちゃって。浸水林ではカワウソ最強でした、コワイの何のって。
で、ナマケモノが泳ぐのですよ、ゆったりと。
浸水林の季節は天敵の肉食獣が奥地へ逃げてしまうので、この時とばかり「スイムで引越し」するんだそうです。

投稿: トロ~ロ | 2006/01/08 22:56

カバの恐ろしさを描いた映画があるでごあす!
マイケルクライトンの「コンゴ」でごあす!
巨大カバが探検隊に襲いかかる!
ちゅうシーンが心に刻まれてるであります、、
あの映画以来、カバは恐ろしい猛獣だという
印象が、、

投稿: ぱてん | 2006/01/09 17:19

1~2年前に北朝鮮のTV番組の企画で動物対決やってましたね。トラVSクマはトラの勝ち、トラVSライオンもトラの勝ち。血まみれになりながらのガチンコファイトでした。私はフジの夕方のニュースでみました。

投稿: | 2006/01/17 11:46

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/8034839

この記事へのトラックバック一覧です: シバれる夜には相原コージ:

» 伝染(うつ)らないんです [404 Blog Not Found]
吉田戦車は、長い間謎だった。 伝染(うつ)るんです 吉田 戦車 しかし先日のたけくまOffで、その謎に迫る重要な鍵をたけくま教授に頂いた。 [続きを読む]

受信: 2006/01/08 17:07

» 真・異種格闘大戦(1)/相原コージ(アクションコミックス・900円) [読書ノートKY]
古くて新しい相原コージ 「サルでも描けるまんが教室」などを共著した相原氏の僚友、竹熊氏のブログ「たけくまメモ」で、ずっと前に紹介されていてとても気になっていたのですが、先日ようやく買いました。一読して、期待通りの面白さです。その面白さは、色んな漫画を読んだ今だからこそ感じられる感覚のような気もします。 一言で言えば、16頭の動物(人を含むライオン、ゾウ、ワニ、スイギュウなど)同士の格闘漫画です。実際、絵柄は「コージ苑」あたりから、それ程進化してないと思いますし、太い線でガシガシ描かれてい... [続きを読む]

受信: 2006/05/10 23:12

« 2005年アマゾン売上げBEST20(2) | トップページ | 濃いブログ2つ »