コミックマヴォVol.5

« 【猿漫】「サルまん」の作り方・補足 | トップページ | いつからパンティと言わなくなったのか »

2006/02/15

最近のマネキンはどうなってるんだ

manekin-P1010023 海老名のショッピングセンターにて。

以前は「オーマイキー」に出てくるようなガイジン顔がメインでしたが、最近はこういうアニメ顔風マネキンが流行っているのでしょうか。

もしかして…萌え?

|

« 【猿漫】「サルまん」の作り方・補足 | トップページ | いつからパンティと言わなくなったのか »

おたく」カテゴリの記事

コメント

こ、これは。
横顔が不自然になりはしないのでしょうか?
お子様受けを狙ってのことなのかもしれませんが、これでは大きいお友達に狙われてしまいそうです。盗難防止策と立てなくては。
やはりマネキンは”OHマイキー”な顔がベストかと。

投稿: 永田電磁郎 | 2006/02/15 15:10

これは「萌え」というより、今日びの子供がガイジン顔のマネキンが怖いからなんじゃないかという気がしますが、どうでしょう。同じ無機質のベクトルでも、ガイジンマネキンはNG、アニメ風なら慣れてるからOK、みたいな。

勘ぐると、「萌え」ファクターが、日本人の視覚的判断基準を変えつつあるのかもしれませんね。

投稿: | 2006/02/15 17:10

ハハハ。
抱き枕とか
アニメ顔のダッチワイフみたい。
あと、プリキュアとかのきぐるみショーの人形。

投稿: 狐豚。 | 2006/02/15 18:06

最近の子供服マネキンにはこういった傾向があるようです。
最近の子は自分の服は自分で選びますからね。エンジェルブルーやmezzopianoを積極的に選ぶ子供たちの、「プリキュアみたいにカワイイ私」という自意識を正しく反映しているのでしょう。
娘に萌え萌えな親御さんの目にも、我が子がこんなふうに見えているのかもしれません。

投稿: 秋 | 2006/02/15 19:02

最近の子供達の名前ってすごいね!読めない名前ホント多いよ!やっぱ健太郎、とか分かり易い名前が良いですよね!

投稿: 匿名氏 | 2006/02/15 19:27

男の子のマネキンの方がかわいい。

投稿: 竹態変太郎 | 2006/02/15 19:54

ちょっと海老名行ってくる!(ダダッ)
ついでに、本厚木でアメリカンなマネキンを撮ってきます。
口の位置が不自然につり上がったヤツ。

投稿: 牌_フェディダ | 2006/02/15 20:55

しかしよく見つけてきますよね(失礼)
おかげて楽しんでますが。

投稿: エルモ | 2006/02/15 22:13

子供向けだけではなく、二十-三十歳くらいむけのブティックでも、数年前からアメコミっぽい顔のマネキンつかってた店がありますよ。

投稿: けに | 2006/02/15 22:32

うーん、なんだか違和感ありますねえ・・・w

当初は、「アニメ顔」が「3次元(現実)やその妄想を元にしたデフォルメ」であり、「2次元前提のデザインである」ゆえなのかなぁ?と思っていたのですが、頭身の低いアニメキャラクターのフィギュアなどにはこうした違和感は余り感じません。

今回の場合、「頭身やサイズがリアルな人間に近いのに、顔だけがデフォルメされたまま」なのが違和感の原因なのかも。

人間の脳ってすごいなあw

投稿: wosa | 2006/02/15 22:49

最近のドールは、一時期のものに比べると
アニメテイストをうまく消化したものが増えているようですね。
これなんかいい例ではないかと。

http://www.mamachapp.com/

ドールはあんまり馴染めませんがこれは普通にかわいいと思います。

投稿: ダックリン | 2006/02/15 23:36

何かヘン。。外人顔もヘンだけど。
西洋人が見たらもっと違和感覚えるんだろうなあ。
海物語のステロアニメ絵にも通じます。。

投稿: syuu | 2006/02/16 00:46

あ。海物語は俺もそう思いました。

投稿: たけくま | 2006/02/16 01:05

うーむ、これは使える。

投稿:   | 2006/02/16 04:30

どうせならマネキンのツラなど男女の別なくみんなゴルゴ顔にしたらどうか。世界じゅうにウケるぞ

投稿: | 2006/02/16 06:27

えーと、赤塚先生の近況については
いつ頃教えていただけますでしょうか?
陰ながら心配しております

投稿: くーぱー | 2006/02/16 09:03

今、アメリカ在住で、こっちの人種もわからない、顔のはっきりしてないマネキンを見慣れるので、これすごい変です。結構衝撃。
やっぱ萌え?これが日本の基本?

投稿: oops ! | 2006/02/16 10:20

>くーぱーさん

近況ではなく書評ですが。今書いてますが、生半可な気持ちでは書けない非常にヘビーな内容になるので、時間がかかってます。もうしばらく待ってください。

投稿: たけくま | 2006/02/16 11:25

長谷先生の御著書の最後が既に壮絶なんですが、あれ以上のものになるのでしょうか?
だとしたら書き手もかなり精神を消耗するのでは?心の健康体の健康共に安泰であるようお祈りいたします。

投稿: 永田電磁郎 | 2006/02/16 11:49

>赤塚先生のこと
本(前著)を書くまえに、一度は会って
聞いておきたいことがある~と奥さんに
申し上げましたが、はっきりとした返事が
聞けなかったのです。

一昨年、A先生が大垣女子短期大学に
講演に来られたとき、お姉さん(マネージ役)がご一緒で、赤塚先生に会って来た~との
お話しでした。
奥さんとはマネジメント役という点で
お知り合いなんですね。で、お見舞いに
行かれたのです。
「お元気でしたよ」と、お姉さんは言って
おられたのですが、<会話・意志の疎通>は
無いようでした。

この点では、武居記者本の描写と
全く同様ですね。
脳の損傷があるわけですから、
そこからくる症状と推察されます。
この復活は<奇跡>を待つしか
ないのでは…と、残念ながら考え
ざるを得ません。

岡崎京子さんの単行本が、やはり
本人との意志の疎通が出来ない
ということで『アンタイトルド』として
刊行されていますね。
その後の情報がやはりありません。
同様に心配です。

赤塚先生の顔色は、A先生よりいい
のよ~という、お姉さんの証言から
まず、体は安定しているのかなあ~
と思ってはいるのですが。
(青梅の記念館でA先生と赤塚夫人の
トークショーが昨年あったようです。その
ときに冗談みたいに、そんな話しに
なったとか…)
とにかく<伝聞>ですので、確信を
持ってぼくが申し上げることは出来ません。
それで『赤塚不二夫天才ニャロメ伝』では
新聞記事で報道された前後を、抽象的な
表現で描写しています。

投稿: 長谷邦夫 | 2006/02/16 12:35

「マネキン」で検索したらトップで出てきましたよ。
http://www.heiwa-mq.co.jp/
平和マネキン、かなりバリエーション豊かなマネキンを出してます。
これですな。
http://www.heiwa-mq.co.jp/newwork/model06.html

投稿: 丸々 | 2006/02/16 12:36

>長谷先生

例の「追跡者~幻の漫画家・韮沢早を追え」を連載したとき、トキワ荘のことで赤塚先生にお会いしました。(あのとき長谷先生とはトキワ荘の跡地に行きましたね)

そのときは検査入院中で、病室で会いましたが、頭ははっきりしていてそれなりにお元気そうでした。それだけに、武居さんの本を読んでビックリしたわけです。

エントリは、長谷本二冊と武居本を中心に、自分にとって赤塚不二夫とはどんな存在だったのかを書くつもりです。

投稿: たけくま | 2006/02/16 15:25

>トキワ荘跡地
ホント、あのときはビックリ!!でしたね。
そう、あの頃はまだ彼も大丈夫だった
わけだ。

そういえば、今日、↑を書いたあと
小林さんという元少年画報社のころ
ぼくや赤塚の担当だった方から
ハガキがきました。秋田へ移籍し、
現在は退職して、別の会社でコンビニ
マンガ本の編集をしていますが、
昨年は2回ほど赤塚見舞いに行った
とありました。しかし彼が何か「話した」という
文面はゼロでした。
回復をお祈りしてます~とだけです。

投稿: 長谷邦夫 | 2006/02/16 20:13

アニメ顔のマネキンというか人形というと、ここらへんが代表格でしょうか。参考までに。

https://secure.pmoon.co.jp/TOUSHINDAI/index.html
等身大ドール製作で有名な「ペーパームーン」から。

http://www.fanta-room.com/
こちらは「ラブドール」系の会社が別ブランドとして製作しているアニメ顔のダッチワイフ。
(といっても、大半は「着せ替え人形」として使われている模様)

投稿: guldeen | 2006/02/16 23:08

村西とおるがラブドールデリバリー業に
http://katohato.hp.infoseek.co.jp/archive/05-01-2005_05-31-2005.html

儲かってるのかな?

投稿: 忍天堂 | 2006/02/17 00:45

しかしマネキンて、「人間みたいな人形に服を着せてディスプレイすれば着用時の状態がお客に解かって売り上げ倍増!」みたいなことが発祥じゃないんですかね?この顔でその効能が果たせるのだろうか……。

とは言うもののちょっと前まで日本のマネキンはみんな白人顔だったわけで、つまりかつての日本人の憧れは白人!いまは二次元!てことなんですかねぇ。

投稿: kamikitazawa | 2006/02/17 13:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/8672733

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のマネキンはどうなってるんだ:

» 萌え系キャラの影響をうけたマンガフェイス [3丁目 屋根裏 秘宝館]
 アニメ萌え顔キャラとか日本のアニメの影響とかいうのも今さらという気もするが、社会の一部で認知、通用していたものがスタンダードのキャラクターになっている気がする。  パチンコなどで流通しているマンガ・キャラクターがいわゆるアニメ萌え顔キャラが多くなっている。やたら目の大きいアレです。またその目玉も複数の光を放ち輝いている。  いや、実はたまたまジェニファー・ロペスが主演の映画「ザ・セル」を見ていたら。彼女が犯人の空想の中にはいるシーンがあり、その犯人の頭の中は、女性たちが性的虐待装置としてまるで... [続きを読む]

受信: 2006/02/17 12:23

» マネキンの個性~顔は萌えているか~ [Elastic]
マネキンの個性 服生かす : 連載 : ニュース : 大手小町 : YOMIURI ONLINE マネキンメーカーの七彩(ななさい)(本社・京都市)で、 40年近くマネキンの造形を手がけてきた加野正浩さん (59)の表情は最近、曇りがちだ。 街中で見かけるマネキンから、“顔”が消..... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 13:04

» BENNY“the JET”YRQUIDEZ [SWANの 「Trust me!」]
『四角いジャングル』というマンガが好きだ。 昭和50年代に少年マガジンで連載さ [続きを読む]

受信: 2006/02/24 23:16

« 【猿漫】「サルまん」の作り方・補足 | トップページ | いつからパンティと言わなくなったのか »