コミックマヴォVol.5

« 【業務連絡】6月3日の朝カル「ブログ論」 | トップページ | 【レジュメ】朝カル「ブログ論」(2) »

2006/06/01

【レジュメ】朝カル「ブログ論」(1)

※この土曜日に行う朝日カルチャーセンターで使用するレジュメです。参加希望者は下記URL参照のこと。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_9f5d.html

■パーソナル=マスメディアとしてのBlog

※於・朝日カルチャーセンター新宿校(6月3日)

◆出版の耐えられない「遅さ」

 ●ミニコミからマスコミへ

  ▲80年代初頭のミニコミブームについて
   →「自分メディア」の希求。70年代末から80年代初頭にかけて、大学生を中心に全国的なミニコミブームが起きた(コミケとは別の現象)。
   →ブームはやがて終息したが、当時の有名ミニコミ編集・執筆者の多くがマスコミ進出を果たす(例。田中康夫・神足裕治・えのきどいちろう・中森明夫・いとうせいこう、等)。彼らはやがて80年代以降のカルチャーの担い手となっていく。
   →竹熊は、1978年、高校2年時にミニコミ「摩天楼」を創刊。200部ほどのものだったが、編集・執筆を通じて、メディア作りの面白さに目覚めた。

  ▲ミニコミ者から見たインターネットの画期性
   →ミニコミ最大の弱点であり、マスコミとの最大の違いは「流通」にある。
   →コミケは、なぜ発展したのか? 理由は「流通」を押さえたこと。表現の場所に、読者がわざわざ買いにくる独自の市場造りに成功した。
   →インターネットの出現で、「流通」問題があっさり解消された。
   →ネットの欠点は、ビジネスモデルが立てづらいこと。しかしそもそもの制作原価がタダに近いので、表現&自己宣伝ツールとしてやる意味は多いにある。

 ●出版はなぜ「遅い」のか?

  ▲版元・取次の問題
   →ネット時代になって露呈した出版の「遅さ」。表現から読者までの間に、中間介在者(版元・印刷・製本・取次・書店)が多すぎる。
   →通常、入稿から発売まで最低2週間かかる。ネットなら、タイムラグがゼロ。

  ▲編集者の問題
   →編集を介して読者とコミュニケートするもどかしさ
   →「息の合う編集」はライターにとっての財産であるが、社員には異動がある。
   →ビジネスと表現の狭間で、編集者にも悩みがある。

  ▲他人の軒先で商売するライターの「限界」
   →執筆者は自由にものを書く権利があるが、編集者にはボツにする権利がある。
   →すべてを個人でコントロールするには、編集と執筆を兼ねるしかない。それが可能となるのがインターネットの利点。しかし、これには矛盾もある。

  ▲編集と執筆を兼ねることの矛盾
   →作家は作品を創り、編集はメディアを造る。
   →作家に必要なものは主観であり、編集に必要なものは客観性である。主観と客観の役割を分離できることが、分業のメリット。
   →直接読者と対峙する際、客観性のない表現は危険。
   →したがって個人メディア製作者は、第一に編集者としての才能(客観性)が必要となる。

  ▲「遅さ」によるメリットもある
   →「速さ」を売りにする限り、新聞・雑誌はネットの前に破れる運命にある。
   →「遅さ」を売りにする書籍は、生き残る。
   →署名確実性(発行責任)がある書籍には、「ソース」としての価値が発生する。
   →紙メディアの「しぶとさ」。一度紙に印刷され、世に出た表現物は、半永久的にこの世に残り、改変もきかない。ゆえに「引用元(ソース)」になりうる。
   →デジタルデータは、一般に改変が聞きやすく、匿名性が高い傾向にある。引用しようにも、元データがネットから消滅する可能性もある。これでは、長期的な展望にたった言論は存在しずらい。言論の確実性において、書籍以上のメディアはない。
   →将来的には、ネットと書籍(単行本)は共存関係になるはずである。

→つづく

|

« 【業務連絡】6月3日の朝カル「ブログ論」 | トップページ | 【レジュメ】朝カル「ブログ論」(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ブログ考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/10346102

この記事へのトラックバック一覧です: 【レジュメ】朝カル「ブログ論」(1):

» アフィに関して少々 [qzmp blog]
2ちゃんねるのまとめサイトが「自分の発言でもないのに編集しただけでアフィリエイトで儲かって気にくわねえ」(大意)ということで祭りになっており、現在その手のサイトが続々閉鎖もしくは更新停止になっている。... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 15:16

« 【業務連絡】6月3日の朝カル「ブログ論」 | トップページ | 【レジュメ】朝カル「ブログ論」(2) »