« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/29

まだ最悪ではない

たぶん俺は楽天的性格なのだと思う。昨年暮れ、2度目の脳梗塞を発症して開頭手術を行い、意識を取り戻して、最初に思ったことが「まだ最悪ではない」という言葉だった。なぜかといえば、とりあえずはまず、生きているということ。これだけでもう最悪ではない。そして病気は俺から歩行の自由を奪い発語もやや不自由になったが、それでも他人と不都合なく話せるし、論理的思考にも問題はなさそうだ。目も見え、手先も一応動くので、ワープロを打つこともできる。つまり俺にとって、、仕事やブログに復帰するための障害は何一つないということである。

こうなると、俺のもともとの性格である楽天性が首をもたげる。その次にかんがえたことは、なんとかして「たけくまメモ」を再開できないかということと、自分の病気をギャグにできないかということだった。ブログで「脳梗塞のラブリーな言い替え方募集」をしてみようと思ったり。俺もちょっと考えたが、「脳づまり」とかそういうくだらない言葉しか思いつかなかった。

続きを読む "まだ最悪ではない"

| | コメント (42) | トラックバック (7)

2007/01/27

【業務連絡】28日、病院に居ません

うわーオン書きなんて久しぶりだな。皆さん、俺は今、昨日紹介した病院のネット専用機から投稿してます。別ドライブからアップできないのでこうして直接書いているわけです。それで用件はタイトルの通りで明日28日は目白で弟の結婚式があって俺も出席するため、一日病院には居ません。友人や仕事関係者でお見舞いを計画されている人は十分に注意してください。その他の日は大丈夫です。それでは、また。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007/01/26

リハビリ開始

Nリハビリセンターで快適なリハビリライフを続けている竹熊であります。前の病院では「厳しい、厳しい」とさんざ脅されていたわけですが、いざリハビリが始まってみると全然そんなことはなく、担当の先生の中には俺と同世代の女性もいて、面談していて俺がマンガ関係者だと知ると俄然身を乗り出してきたので、萩尾望都先生や竹宮惠子先生に会ったことがあるというと「キャー!」と絶叫せんばかりに(いや、さすがに絶叫はしませんでしたが)喜ぶので、非常に俺としては話がしやすい人でした。

一昨日は手すりや介助者なしで、自分の足で8メートルほど歩くことができました。まさに「クララが立った!」状態です。28日に目白の椿山荘で弟の結婚式があるんですけど、この調子なら外出許可が出るかもしれません。まあ、外出には車椅子と介護タクシーが条件だそうですけど。

続きを読む "リハビリ開始"

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2007/01/22

まだ生きてます

お久しぶりでした。今月の途中から、訳あって更新が途絶えておりました。べつに代理更新を頼んでいるイシダくんと美人看護婦をめぐって三角関係に陥り殺し合いになったとかそういうわけではなく、関係は良好なんですけど、前の病院でいきなりノートPCの使用が禁止になってしまったのです。

最初は俺に使用許可を出してくれた主治医の先生から、ある日突然「タケクマさんゴメン! ボクもよく知らなかったんだけど、患者のPC持ち込みは病院の規則で禁止されてたんだ。一度許可しといてこんなことになってゴメンね」と言われてしまいました。

なんでも近年、病棟で患者のノートPCの盗難事件があったそうで、「今度また起きたら病院としては責任がとれない」のだそうです。かりに盗まれたとしても病院を訴えるつもりは毛頭ないので、いささか釈然としませんでしたが、規則とあってはしかたがありません。おとなしくノートPCは実家に預けることにしたので、今まで更新を我慢していたのです。
体調は順調に回復しております。また症状が悪化したり、死んではいないのでご安心ください。

続きを読む "まだ生きてます"

| | コメント (39) | トラックバック (5)

2007/01/12

採掘するもの

再手術からこのかた、まだ歩けないので、ずっとオムツが外れない生活をしています。そういうマニアならいざ知らず、40代の成人男子にとっては、これで用を足せ、といっても結構慣れが必要で、つい三日間ウンコが出なかったりして、便秘になったりしてしまいます。こないだも一週間くらい便が出ませんで、とうとう下剤のお世話になりました。それでも便がカチンコチンで尻から顔だけ出してそのままになっているところを、ナースコールで来てくれた美しく優しいMEGUMI似と小西真奈美似の看護師さんが、俺の尻の状態を見て一言。

「掘っちゃいましょうか?」

俺は赤ん坊のようにベッドで仰向けになって尻もチンチンも丸出しでこれを聞いていたわけですが、看護師さんの仕事も大変だなあと思いつつ、できれば聞きたくないような複雑な気分でした。

| | コメント (35) | トラックバック (0)

2007/01/11

俺の病状

この暮れに、「竹熊が死んだ」「一命はとりとめたが、再起不能らしい」という噂が流れたらしいです。この際ですので、俺自身の筆で真相を明らかにしておきたいと思います。

まず、死にかけた話は本当です。12月19日に例の血管カテーテル検査をしましたが、これはかなりリスクの高い検査だったみたいです。もちろんお医者から事前の説明はありましたが、「まれに症状が悪化する人がいるけど、まあ千人いて4、5人くらいだから」とニコニコ説明されて、「じゃお断りします」と断固拒絶できる患者なんているんでしょうか。先生も、まさか本当に悪化するとは思ってなかったとは思いますが、実際にはあの世との境まで逝きかけてしまいました。そこからほぼ一日意識不明だったようですが、先生が開頭手術をおこない今度はもちろん成功して、こうして生きているわけです。本当に、俺に死んでほしいと日々願っている人がいるとすれば残念なことでした。

続きを読む "俺の病状"

| | コメント (33) | トラックバック (2)

2007/01/09

なんとか生きてます

昨日、お医者さんから許可がでまして,
ノートPCの使用ができることとなりました。やれ嬉や、とさっきから使ってるのですけど、病状が俺の予想以上にアレだったみたいで、これだけ書くのに小一時間もかかってしまいました。物書きとしてはヤバイですが、まだリハビリも済んでいない状態だと考えると、かなりマシなのかもしれません。

そんなこんなで、今後更新は5日に一度くらいがせいぜいになりそうです。長文はツライので短文中心で。あと、LAN環境があるわけではないのでコメントへの返事はできないか、できたとしても数日後くらいになります。どうもすいません。

続きを読む "なんとか生きてます"

| | コメント (39) | トラックバック (3)

2007/01/02

体調は最悪です。

この文章はイシダが口述筆記で代理でアップしています。

すっかり体力が落ちてしまいハシも持てない位です。一日中寝ている身で寝返りもうてないし一晩中おなじ格好は拷問。体中を煮えくり返るような不快感が津波のようにやってくる生き地獄を味わっています。脳梗塞なんてなるもんじゃないですよ。今後脳梗塞にしてやると言われても遠慮願いたいものです。もはや死ぬ元気すら残っていないので死にません。くたばる事を心待ちにしているあの方やこの方、残念でした!
そのうち体力が付いてくればウィットに富んだジョークが書けるようになりますが今は
となりの客はよく柿食う客だ
精一杯がんばって
となりに垣根ができたんだってね
へぇー

この程度です。
ここからの復活劇を楽しみに待っていて下さい。

| | コメント (54) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »