コミックマヴォVol.5

« 土日は外泊 | トップページ | 明日は退院(プラスお知らせ) »

2007/03/10

一時帰宅中

本日、一時帰宅の許可が出まして、昼間から自宅マンションに帰っております。この後、夜に父親が迎えに来て、一緒に大和の実家まで帰る予定。今夜は一泊して、明日夕方に病院へ戻ります。

それで14日退院なのですが、この日は間の悪いことに声優だった俺のおじさん(小林恭治)の葬儀でして、親父はそっちに行かねばならないので、急遽イシダくんの車で帰ることにしました。

本当は俺も葬儀に行くべきなのですが、状況が状況なので行けそうにありません。小林のおじさんはアニメ『おそ松くん』のイヤミ(初代)や『ひょっこりひょうたん島』のダンディ、『ファイトだ!ピュー太』のワルサー七世、『巨人の星』の実況アナウンサー、『宇宙猿人ゴリ』のネビュラ遊星から電波で命令する声、『太陽にほえろ!』の次回予告の声全部、往年のアメリカ製ドラマ『名犬ラッシー』のお父さんの声、そして洋画のアテレコではロバート・ミッチャムの声をよく担当してました。永井一郎や大平透、若山弦蔵などと同じく声優第一世代に属する大ベテランでした。この世代の声優は殆どが新劇俳優のアルバイトでしたので、「声優」と呼ばれると怒る人もいます。おじさんは怒りはしませんでしたが、やんわりと

「声優という職業は本来、なかったんだよ。おじさんの仕事は俳優であって、たまたま声の仕事を多くやっているだけなんだよ」

と諭されるのが常でした。昨年の俺の母親の葬儀には元気に列席されていたので、今回の訃報は残念でなりません、冥福を祈ります。

|

« 土日は外泊 | トップページ | 明日は退院(プラスお知らせ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小林さんのお話、
以前たけくまさんに聞かせていただきましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: とりやま | 2007/03/10 18:26

なんと。
ジョー90のマクレイン教授の声も確か小林恭治さんでしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: a.sue | 2007/03/10 18:49

古いけどNHKの「四つの目」とか「レンズは探る」のナレーションもそうでしたよね。

投稿: ご近所 | 2007/03/10 21:27

前回の記事コメントにおいては御関係を知らぬが故にスルーしてしまいまして、大変失礼致しました。
改めまして、ご冥福をお祈り申し上げます。

元芝居者としても興味がありますので、
時間が経ちまして、それが可能になりましたらば、是非おじ上の思い出話もお聞かせ下さい

投稿: めたろう | 2007/03/10 23:05

小林恭治さんが、叔父さんとは!
ぼくもあらためてお悔やみ申し上げます。
バカボンのパパ役さんと同等くらいの
印象を残した素晴らしい方ですね。

投稿: 長谷邦夫 | 2007/03/11 02:11

ご冥福をお祈り致します。
訃報前に別blogで「小林恭二」と記してしまい
大変失礼をしてしまいました。
ハリウッド映画大集合(このタイトルも間違えて記述…恥)のナレーションが特に印象深く
覚えております。

投稿: あんまりよう | 2007/03/11 17:17

ご冥福をお祈り致します。
今では声優もアルバイトでは無く「声の俳優」としての地位を得ることになりましたね。

第1回「声優アワード」の授賞式が開催
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070303/seiyu.htm

投稿: hiro4 | 2007/03/11 21:47

おじ様のご冥福をお祈りいたします。

もうすぐ退院ですね。順調そうで何よりです。
お見舞に伺いたかったのですが、時間が合わずに(それと、思ったよりもずっと早い回復ぶりで)行けずじまいになってしまいますことをお詫びいたします。

また改めて、お顔を拝めればと願っております。

投稿: 浦嶋嶺至 | 2007/03/12 03:02

ご冥福をお祈りいたします。
声優って職業は本来なかったんだよっていうのは、声優が独立した職業ジャンルになっている日本の良い意味での特異さが伺い知れる発言だと思います。海外だと一人が登場人物全員の声を当てている所もありますよね。日本のエロアニメをアメリカ人男性が裏声で女の子の声まで全て一人でふきかえているのを見た(聞いた)事があるのですが、あれはちょっといただけなかった…。
ハリウッドで外国の映画をリメイクするのは吹き替えや字幕が受け入れられ難いからと言うのも有名な話ですね。
声だけで如何にして表現するかというのは日本の素晴らしい技術であり才能であると思います。
「シェー」の声を作り上げた小林氏の演技力、尽力はいかばかりであったか。
その先例があればこそ、二代目、三代目の声優さんも、どういった方がやられるかといった方向性が定まってくると思われるのです。

投稿: 永田電磁郎 | 2007/03/12 11:49

森進一さんの記事あたりからお邪魔しています。私なんぞが、ご活躍のたけくまさにコメントも失礼かとは存じますが、小林恭治さんがおじ様と聞いては…私にとっては、ひょっこりひょうたん島のあのかっこいいダンディさんの低音の魅力が印象強いです。このごろ、芸能界、文壇などで、中心で活躍なさって来た方々が次々に亡くなられ、とてもさびしい気持ちです。時実新子さんも亡くなられたようですね。お二人のご冥福をお祈りします。末筆ながら、たけくまさん、くれぐれもお体お大事に。

投稿: シャロン | 2007/03/12 16:12

ロバート・ミッチャム@和が叔父様だとは知りませんでした。ご冥福をお祈りいたします。
個性的な才能の方がまたいなくなるかと思うと寂しさを感じます。

まだまだ寒い(特に夜)ですので、たけくまさんもお体ご自愛ください。

投稿: あんとに庵 | 2007/03/13 14:00

たけくま様、はじめまして!突然の書き込みで失礼いたします!

この度、新しい無料ブログサービス、
「Risppa Blog(リスッパ・ブログ)」がオープンいたしました!
まだまだサービスを開始したばかりなのですが、
すでに沢山の方々にご利用いただけております。
当ブログサービスは、
1つのメールアドレスで、いくつでもブログが作成でき、
画像などの容量も無制限です!
更新もラクラク。可愛いリスッパ君が目印です。
管理人様が現在ご使用になられているメールアドレスのままでも、
アカウントを作成していただけます。
サービスはすべて無料なので、是非一度お試しください!
なお、不適切な場合このコメントを削除してください。
何卒よろしくお願いいたします。
------------------------
risppa運営事務局
------------------------
risppamail@yahoo.co.jp
http://blog.risppa.com/
------------------------

投稿: risppa運営事務局 | 2007/03/13 19:32

『宇宙猿人ゴリ』と『巨人の星』はちょうど裏番組でしたね。しかもどちらも超人気番組。全盛期の小林さんのご活躍ぶりがしのばれます。
小学校の頃、校舎の建物の間から見える夕日に向かって「ネヴィラ71!」と片手を上げてポーズを取ったことなどがなつかしく思い出されました。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 但馬 | 2007/03/14 16:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/14213811

この記事へのトラックバック一覧です: 一時帰宅中:

« 土日は外泊 | トップページ | 明日は退院(プラスお知らせ) »