コミックマヴォVol.5

« 【サルマン2.0】「デスパッチン」キャラ絵その2 | トップページ | ダダカン再訪記-藝術仏の近況 »

2007/09/08

『恐怖奇形人間』GET!!

Kyoufukikeiningendvd←Horrors of Malformed Men 恐怖奇形人間(東映)

生きてて良かった! と心の底から思える今日この頃。あの、永遠に入手不可能かと思われた、石井輝男監督の『江戸川乱歩全集・恐怖奇形人間』DVDをついに入手できました! 確か10年ほど前でしたか、この映画が東映からビデオ化されるってんで、心待ちにしておったんですよ。それがタイトルと内容が何か問題あったのか、オクラ入りになってしまったんです。

すごくガッカリしたんですが、このまえ町山智浩さんのブログでアメリカでDVDになったと知り、あわてて注文したら、あっけなく届きました。町山さんのエントリはこちら。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20070815

この映画、カルトの中のカルト作品として80年代にはよく文芸地下や大井武蔵野館なんかの名画座でかかってました。俺5回は見たと思うんだけど、見る度にフィルムがボロボロになってて、カットが短くなったり飛んだりしてました。それがこのDVD版は、キズひとつない画面だったのでビックリ。おそらく10年前の幻のビデオ化に際してネガからテレシネし直していた素材を使用したんじゃないかと思うんですが、真相やいかに?

Horrors_of_malformed_men14 異常超天才監督・石井輝男が江戸川乱歩の『パノラマ島奇譚』と『孤島の鬼』をベースに、『人間椅子』やら『屋根裏の散歩者』やらその他もろもろをぶちこんだ超娯楽作品なんですが、シナリオがぶっ壊れようがなんだろうが面白ければなんでもいいとばかり、映画5本くらいの内容を「これでもか」と詰め込んでものすごいことになってます。昨日たまたまテレビのワイドショーに「バーゲン詰め放題名人」の主婦が出ていましたが、店が用意した袋に衣類を40着くらい詰めてました。アレ見て俺は石井輝男映画を思い出してしまいました。

Horrors_of_malformed_men26 しかしこの映画の見所は、なんといっても暗黒舞踏の創始者・土方巽(ひじかた・たつみ)の熱演でしょう。名家に生まれたものの、生まれつき指の間に水カキがついていた男が、健常者を逆恨みするあまり孤島にこもって奇形人間の天国を築こうとする。その目的のため自分の息子を赤ん坊の頃から東京で曲馬団をやっている弟に預けて外科医として育てるんです。

Horrors_of_malformed_men30 なぜ息子を外科医に育てたかといえば、島に拉致した者を改造して奇形人間にするためです。「11本の腕を持ち頭の上に馬の頭を載せた血の通った馬頭観音を作るのが私の30年来の夢なのだ!」と告白されましても、息子としてはエヴァに乗れと言われた碇シンジのように目を白黒させるしかありません。

この超展開を何事もなく演じきれるのは土方巽しかいません。なにせこの人、常に白目を剥いて腕を変な方向に曲げながら身体をピクピクさせており、演技がすべて暗黒舞踏になっているのですから!

それでこの映画を語る人は、全員が衝撃のラストシーンを語るんですけど、こればっかりは「映画を見てくれ」としか言いようがない。俺、映画館でこれを見る度にラストで起きた場内のどよめきを、昨日のことのように思い出します。俺が最初に体験したときはですね。なんていいますか、椅子に座っているにも関わらす、背中からヒュッと涼しくなってそのままジェットコースターで奈落に墜ちていく感じがありました。いわゆる腰が抜けるってやつですか? 迫力があるとか、怖いとか、そういうんじゃないんですよ。ジェットコースターやエレベーターで落下していくときのヒュウ~という何ともいえない感じがあるじゃないですか。俺、映画見てあの感覚を味わったのは『恐怖奇形人間』だけです。

DVDの入手先は町山ブログにあるように、アメリカのアマゾンから入手できます。

http://www.amazon.com/Horrors-Malformed-Men-Teruo-Ishii/dp/B000RHMQJE/ref=pd_bbs_sr_1/002-9778932-1511236?ie=UTF8&s=dvd&qid=1187247115&sr=8-1

使い方はこちらの住所を英語にするだけで、日本のアマゾンとまったく同じです。料金代引きまではやらないと思うので、クレジットカードを使うのが無難かも。リージョンフリーなので日本のDVDプレイヤーにかかります。そういえば日本のアマゾンから外国のDVDを買うことができないんだけど、これはリージョンコードの関係なんでしょう。でもこういう日本のマニアを当て込んだリージョンフリーのソフトは扱ってもいいのに、と思いますね。

石井輝男といえば、冒頭ノコギリ挽きの刑にあった女の頭がポロッと落ちたところで「監督・石井輝男」のテロップが出、最後、とても悪い女が股裂きの刑にあい股がベリベリベリと裂けたところに「完」の文字が出る『徳川いれずみ師・責め地獄』のときも、映画館にどよめきがあがりましたが、見た後の大脳がフリーズドライ化したような虚脱感は『奇形人間』のほうが一光年ほど先を行っていると思いますので、好き者はみんなで見ましょう。

※図版はすべて『恐怖奇形人間』より。

|

« 【サルマン2.0】「デスパッチン」キャラ絵その2 | トップページ | ダダカン再訪記-藝術仏の近況 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「GET!!」て……(笑)
タイトルでガッチリ掴まれてしまいました

投稿: 音小林 | 2007/09/08 05:00

見たい、、、でもコワイのキライ、、、。

投稿: めたろう | 2007/09/08 05:43

いや、むしろ笑いをこらえるのに苦労するかもしれませんよ?

投稿: たけくま | 2007/09/08 05:47

、、、検討してみます。

投稿: めたろう | 2007/09/08 05:50

>土方巽(ひじかた・たつみ)の熱演

そ、それわ~

投稿: あ~ | 2007/09/08 06:03

お久コメントです。奇形人間は福岡ではどうも毎年ミニシアターで公開されるので毎年行こうと思ってます。ちなみに今年見たのが初めてです。観客の反応がこれだけいい映画もないでしょうね。近作ではデス・プルーフがそんな感じでしたが。
奇形人間は貴重な本を持っていたのですが見るまでは読まないようにしてました。やっと読めてよかった。お母さーーーん!!!

投稿: くまおん | 2007/09/08 06:29

大井武蔵野館! 懐かしいですね~
あの一体感は思い出です

投稿: 夏柑 | 2007/09/08 08:09

パッケージに「THE ASIAN CULT CINEMA COLLECTION」とありますね。
どんなラインアップなんだろう。

投稿: Kくら | 2007/09/08 08:37

うわすっげえみてえ
予告編みっけ
http://jp.youtube.com/watch?v=HNXqudCmMjc

投稿: Hmmm... | 2007/09/08 11:19

生まれて初めて海外のサイトで買い物をしました。
ついでに、昔の怪談物(邦画)も2本。。。

投稿: ポンポン | 2007/09/08 11:20

大井武蔵野館はいつの間にかなくなってて驚きました。一度だけあそこで映画を見たことがありますが、あのイスは凄かった…。
土方巽ですか…。あの動きですか。うわ~。


投稿: 永田電磁郎 | 2007/09/08 12:30

アーオレ今このジャケのおっさん役ノーメイクで難なくこなせます。るっくすだけなら。てか 俺?

俺が冷や汗だらっだらで退席したいのをどんだけがまんにがまんを重ねて筑波山← のていで恐怖を覚えた映画。それは

御巣鷹山

投稿: メタメタひりきこっふぁん | 2007/09/08 13:09

英単語マニヤとしてひとこと。

mal formed 形状不全 っすね。

malfunctionという表示の明滅にのすたるじぃする御方はせいむじぇねれいそん。なれあいはうつくしき かなっ。

投稿: マルひじきごはん | 2007/09/08 13:14

生きてて良かったとはこういうことなのですね。

観たいです~

投稿: syuu | 2007/09/08 17:23

そうそう、近藤正臣のデビュー作なんだよね。

投稿: 但馬 | 2007/09/08 19:40

この映画の土方巽って、グワァァァン!な状態だとスゴイ。
でも喋りだすと、内容はともかく、口調自体は案外普通ですよね。
もっとグギャグギャ喋るのかと思ってたんで、妙に可笑しかったです。

投稿: ゼリーマン | 2007/09/08 23:18

うぃきで見ましたら近藤正臣氏のデビュー作は「エロ事師たちより 人類学入門(66年)」とありますが

にしてもあの「柔道一直線」と同じ年にこんな映画に出演していたとは驚きです

でもコレ一人で見るより映画館で見たい気がする……

投稿: 由蔵 | 2007/09/09 01:27

祝DVD化ですね。噂は聞いていたのですが、
実際に見たのは数年前で、地元の映画館が
突然始めたレイトショーです。

オドロオドロしいイメージで見始めたものの、
爆笑とポカーン・・が交互に襲い、エンディングでは
ある種の奇妙なカタルシスさえ感じましたが。

そのレイトショーでは石井監督の作品をプッシュしてまして、
「徳川いれずみ師・責め地獄」や「直撃!地獄拳 大逆転」も
やっとりました。


投稿: Nn | 2007/09/09 02:29

この映画、子供の頃読んだ本に「物凄く怖い映画」として紹介されていましてねえ……想像に想像が膨らんで、ほとんどトラウマになっていたんですよ。
それを大学生になってから、ようやく世田谷線沿線の映画館で観ることができたんですが……笑い無しで観ているのは客席で俺だけ!?という実に居心地の悪い体験をしまして、また別のトラウマを植え付けられて帰ってきました。

でも、ラストシーンで笑ってしまうのは仕方の無いことだと思う。

投稿: いでぃお | 2007/09/09 08:47

見たい…どうやって買いましょう…
(クレジットカード作るところからですか…)

投稿: 鴎 | 2007/09/09 11:46

パンチラ写真館《パンチラ&おっぱい画像》
芸能人・女子アナ・人妻・OL・GAL・女子高生のパンチラ画像倉庫です。
パンツの奥まで見せちゃいます!
http://erirint98.mad.buttobi.net/

投稿: パンチラ写真館《パンチラ&おっぱい画像》 | 2007/09/09 15:57

>鴎さん

このソフトは、ヤフオクでも新品が売ってますよ。

投稿: メモリ | 2007/09/09 17:15

BSマンガ夜話」再発動
11/27(火)、11/28(水)、11/29(木)の3夜連続生放送。
深夜24時~24時55分。

たけくまさん、ゲストに立候補しなきゃ!!
もちろん「さるまん」の回で。

投稿: トロ~ロ | 2007/09/10 04:56

僕も注文して到着待ちです。
「パノラマ~」といえば土曜ワイド劇場の「天国と地獄の美女」も別の意味で必見だと思います。天地茂氏の存在感やパノラマ島の描写は凄いですよ。これぞ大人の男の娯楽作品。

投稿: ファンティーヌさん | 2007/09/10 11:20

土曜ワイドの江戸川乱歩。
雑草をこよなく愛する子供だった私が道を誤ったのは多分これのせい。
氷中花のラストの氷漬けの母子(マネキン)とか未だに夢に出るのでやっぱりちょっとトラウマ。
天地茂のような存在感の役者さんってもう出ないのかな…。

投稿: 永田電磁郎 | 2007/09/10 12:53

ぼくも買いました。
た~まや~。か~ぎや~。

きちんと入手できるのを幾星霜待ったことでしょう。すでに2回観ています。

投稿: ky | 2007/09/10 14:12

数年前
会社の近所のあやしげなビデオ屋で
海賊版を2000円ほどで買いました。
ダビング5回ほどしたような映像で
はじめから終わりまでど真ん中に
大きなノイズが走ってました。

だから、まだ観てないのです。トホホ

投稿: に | 2007/09/10 16:51

・江戸川乱歩せんせいの「人間椅子」⇒椅子の意味。
・土方⇒肉体労働従事者(オレヘタレ⇒鍋の意味。

なんのことにゃらてか。

暗殺。

堀江は鍋やってましたな。

投稿: 反メルヘンひじきごはん | 2007/09/10 19:23

あっ曹操

もひとつブッタマゲタ映画

「花くれない」

ホントニ半世紀前なんですかっていう。

大入り満員だったが俺の他は九割九分ご年配であったる。

なにひとつ 手法は 変わってないんですねっていう。

変える手法。マアダガそげなことで絶望しとる暇はながんすであル。

投稿: 反メルヘンひじきごはん | 2007/09/10 19:28

日本のHMVでも輸入盤扱いで予約開始されましたね。
これでクレカ無くても新品が買えます。

投稿: マサヒ露 | 2007/09/13 05:49

「地下幻燈劇画 少女椿」DVD化らしいですよ。
(ただしPAL… なんで『椿』が、『MIDORI』に?)
『アニオタフォース:「地下幻燈劇画 少女椿」DVD化』
http://aniota.jp/mt/archives/200709/13-2234.php
まったく関係のない話題なんですが、
『ねたミシュラン ★★フェラ音とはなんぞや』
http://netamichelin.blog68.fc2.com/blog-entry-875.html
↑これの説明文、『色単 -現代色単語辞典』からの引用?

投稿: naga | 2007/09/14 04:17

この記事読んで、すぐアメリカのAmazonに注文して、昨日25日に無事に届きました。
たけくまさん、ありがとうございました。

投稿: mobo | 2007/09/26 23:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/16377739

この記事へのトラックバック一覧です: 『恐怖奇形人間』GET!!:

» 鈴木則文監督からのメッセージ [かなざわ映画の会blog]
全国の映画バカ(失礼!)が結集し、実現した『堕靡泥の星 美少女狩り』ニュープリント化。 まず一番最初に鈴木監督にご報告したところ、非常に興奮して喜んでいらっしゃいました。みなさんへのメッセージをいただきましたので、ここに掲載したいと思います。 「この映画(... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 08:04

» 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [映画三昧の日々。-浦嶋嶺至のAREA41 別館-]
[1969年・監督/石井輝男■おすすめ度★★★★★ 観ておくべき度★★★★★ 思 [続きを読む]

受信: 2007/09/08 09:16

» ■07年06月の映画マラソン [丼 BLOG]
月に一度の心の栄養補給。 毎月1日の映画サービスデーの映画マラソン。 今月もやって来ました〜〜♪... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 15:53

» 「俺の過去は裏日本にある」 [三千弥勒]
今朝「たけくまメモ」を見たら衝撃のエントリが! アノ『江戸川乱歩全集・恐怖奇形人間』が米国でDVD化しているとか。 早速注文しました。驚きの19.9$! Yahoo!オークションでも売ってましたが、5000〜8000円と高額。Am... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 23:28

» [映画]石井輝男の『江戸川乱歩全集・恐怖奇形人間』 [日日ノ日キ]
 お疲れさまです!吉田です。  たけくまメモ : 『恐怖奇形人間』GET!!で石井輝男の『江戸川乱歩全集・恐怖奇形人間』(東映京都・1969)が紹介されていたので懐かしいーと思い、こんなチラシをひっぱり出してみました!1993年に名古屋のシネマテークで上映されたので... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 17:19

« 【サルマン2.0】「デスパッチン」キャラ絵その2 | トップページ | ダダカン再訪記-藝術仏の近況 »