« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

【篦棒な人々 3】「正義の味方」川内康範・抜粋

Kawauti02 『独学に勝る勉強はない』がうっかりシリーズ化してしまいましたが、ここで12月5日発売『篦棒(ベラボー)な人々』[河出文庫 ](予約受付中)の告知もさせてください。康芳夫氏・石原豪人先生と来まして今回ご紹介するのは「月光仮面」「レインボーマン」そして今年になって弟子の森進一を破門して話題になりました「おふくろさん」の作詩家である川内康範先生インタビューからの抜粋であります。川内先生は、詩人・作家・脚本家という文学者としての側面の他に、民族派運動家・自民党歴代総裁の私設政策顧問・政治評論家にして芸能界・裏社会にも通じるコワモテの人という側面があります。

今年の春先の「おふくろさん騒動」のとき、俺は先生の思い出についてエントリを立てました。そちらも併せてお読みください。

▼川内康範先生の想い出(1~2)
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4d0b.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_b18d.html

続きを読む "【篦棒な人々 3】「正義の味方」川内康範・抜粋"

| | トラックバック (8)

2007/11/29

独学に勝る勉強はない(2)

前回「独学に勝る勉強はない(1)」を書きましたところ、当コメント掲示板はじめ「はてなブックマーク」その他で反響が続出しまして、想定外のことで驚いております。別に挑発するつもりは毛頭なかったのですが、最後に「俺、高等学校は不要なのではないかということを、実はもう25年くらい前から考えてて」なんてことを書いたのが一部に議論と批判をまき起こしてしまったようです。

確かにこれは舌足らずな表現でしたので、お詫びの上一部訂正します。俺にとっての高等学校は、こと「文部省が決めた勉強」に関する限り、ほとんど無意味なものだったんですが、もちろん意味があったと思っている人も大勢いるでしょう。俺にとっても、勉強以外の部活動とか友達づきあいなら、確かに意味はありました。その人から勉強を教えてもらったわけじゃないんですが、人間的に影響を受けた先生もいましたしね。したがって「科目の勉強」以外では中学高校は俺にも意味があった、と訂正させていただきます。

あと、俺は学校の勉強は基本的に嫌いでしたけど、勉強が好きで好きで仕方がない、という人が存在することも承知しております。そういう人にとっては、中学高校の勉強も大学の勉強も大いに意味があるものでしょう。他人がそう思うことまで、俺は否定するつもりはありません。

続きを読む "独学に勝る勉強はない(2)"

| | トラックバック (7)

2007/11/27

独学に勝る勉強はない(1)

※追記:最初にアップしてから少し書き足してあります。

今回書こうと考えているのは、「学校の勉強」についてです。俺は、自分が高卒だから言うのではないですが、「学校の勉強」というのは、本当は小学校の六年間で充分ではないかと考えてます。俺自身、胸に手を当ててみても、47年間の人生で本当に役に立った、と思えるのは小学校で習った「読み書きソロバン(算数)」だけで、これには感謝しています。

でも中学以降の勉強となると、因数分解なんてすっかりやり方を忘れてますし、英語も中二レベルくらいからだいぶあやしい。それ以外の学科の内容もほとんど忘れちゃってる。高校の授業も同様です。中学高校の勉強も、大学以降に本気で学問しようと考えたら絶対必要なんだと思いますけど、すべての人間が学者になるわけではない。俺ばかりでなく、ほとんどの人には「受験勉強」以外の意味はあんまりないのではないでしょうか。

でも学校をさぼった記憶はないので、出席はかなりマジメに出ていた方じゃないかと思うんですよ。それでも、中学高校で習ったことが何か役に立ったという記憶がない。中学高校で覚えているのはほとんどが趣味と友達のことくらい。9割5分はそっちの記憶しかありません。

続きを読む "独学に勝る勉強はない(1)"

| | トラックバック (7)

2007/11/24

【サルマン2.0】鳳ヘボン先生登場!

Saruman202 現在発売されている「月刊IKKI 2008年1月号」に『サルまん2.0』第二回が掲載されています。今回は超絶メガヒットマンガ『デスパッチン』の作者・鳳ヘボン先生が登場! こいつは15年前に『新・とんち番長』のアシスタントをしていましたが現在は竹熊・相原と完全に立場が逆転しております。チーアシの蘭丸を従えて大日本帝国ホテルで華々しく開催される「2億部突破記念パーティ」会場に颯爽と現れます。それなのに野望の二人に対して「お久しぶりです、先生」とお声をかけてくださったりして憎たらしいったらありゃしません。

ところで今回の『サルまん』はカラーページもなく、もう少しページ数が欲しい感じがあり、先日相原くんや編集長とも話し合って次回から12ページに増ページが決定しました! 

続きを読む "【サルマン2.0】鳳ヘボン先生登場!"

| | トラックバック (1)

2007/11/23

【篦棒な人々 2】「元祖やおい」石原豪人・抜粋

Ishihara

12月5日発売の河出文庫「篦棒な人々」二人目は、挿絵画家の石原豪人先生であります。俺の世代には、60年代の少年マガジン巻頭グラビア、特に大友昌司の「怪獣図鑑」のイラストレーターとして有名であります。しかし豪人先生、少年雑誌ばかりでなく少女雑誌・芸能雑誌・大衆小説誌を中心に絵を膨大に描きまくり、70年代以降はSM雑誌・ゲイ雑誌にも精力的に作品を発表されるなど、亡くなられる直前まで「生涯現役」でした。

俺も晩年の先生と何度か仕事させていただきましたが、絵に衰えがなく、感激したのを覚えています。それで高田馬場にあった仕事場にお邪魔すると、先生、台所から妖しげな強壮剤(豪人ドリンクと俺が命名)を出してきて、いきなりエロ話をされるのが常でした。エロ話を得意とする老人は多いですが、豪人先生のはエロ話と「超現実的な話」が混在しており、この世のものとは思えない面白さでした。この経験があったので、QJインタビューは是非この人に、と俺が希望したのです。

なお先生の談話の8割がエロ話でしたが、そのうち6割はホモ話でした。本人はゲイではないと否定していましたが、根っからワイ談がお好きだったようで、それで一般誌もエロ雑誌もまったく分け隔てなく接してらしたようです。見習いたい態度でした。

続きを読む "【篦棒な人々 2】「元祖やおい」石原豪人・抜粋"

| | トラックバック (1)

2007/11/21

人それぞれの

父親との暮らしも半年目に突入しました。相変わらずといえば相変わらずなんですが、最近気になっているのは「衛生感」の違いというやつです。一緒に暮らしているとヨソ様には割とどうでもいいことが気になりますよね。そういうところから夫婦の不和が始まったりする。

以前も書いたとおり、ウチは母親の存在感が強力だったので、俺は父親とは比較的コミュニケーションが薄かったわけです。それで今になって気がつくことの連続なんですが、そのひとつにこの衛生感というか、衛生意識の違いがあります。

たとえば食事中、箸が床に転がったりすることがあるでしょう。俺は、特にホコリとか付いてなければ横のティッシュでパパッと拭いて、そのまま食べちゃうんですけど、そうすると親父が「汚い!」と言って怒るんですよ。

続きを読む "人それぞれの"

| | トラックバック (0)

2007/11/19

【篦棒な人々 1】「虚業家」康芳夫・抜粋

12月5日発売の拙著『篦棒(ベラボー)な人々』(河出文庫)の宣伝を兼ねた抜粋です。これを読んで「もっと読みたい」と思われましたら、なにとぞ文庫のほうもよろしくお願いいたします。アマゾンにて予約受付中です。

第一弾は興行師にして自称「虚業家」の康芳夫(こう・よしお)氏です。以下、QJ創刊準備号に載せたプロフィールとともに、インタビューの一部を抜粋します。康氏に続きまして来月頭までに、石原豪人・川内康範・糸井貫二氏のインタビューを順次抜粋紹介していきます。

Kou ●康芳夫・プロフィール

西暦千九百参拾七年東京西神田に中国人医師の子として生まる母は日本人
八歳太平洋戦争終了
拾五歳海城高校入学番長のマネージャーとして辣腕揮う
弐拾歳横浜国大入学壱年で中退翌年東京大学入学
五月祭で各種イベント企画石原慎太郎呼ぶ

続きを読む "【篦棒な人々 1】「虚業家」康芳夫・抜粋"

| | トラックバック (0)

2007/11/18

【業務連絡】新ケータイ買いました

友人・仕事関係者各位様

おとといのエントリで書いた通り、それまで使っていたウィルコムのPHSが水没したため、auの携帯電話に乗り換えました。想像通り機能が多すぎて覚えられませんが、表示や電話としての使い勝手に限るなら、これまで使っていたPHSや、数年前にちょこっと使っていた携帯電話よりも進化していて快適です。

携帯メールも使おうかと思っていたんですが、実は同時に工人舎の小型モバイルパソコンとイーモバイルのセットも購入しましたので、それでGメールを使うことにすれば充分です。結局携帯メールはほとんど使わないんじゃないかと思います。買ったのは工人舎のSA1F00HAという機種です。

http://www.kohjinsha.com/models/sa/sa1f00/index.html
↑こういうやつ(色は黒)

続きを読む "【業務連絡】新ケータイ買いました"

| | トラックバック (1)

2007/11/16

【業務連絡】俺のPHSが死亡

さっき町田の駅のトイレ(大)に入り、背後にある棚みたいなでっぱりにカバンを置こうとして少し前屈みになった瞬間、胸ポケットに入れていたウィルコムのPHSを便器内の水たまりに落としてしまいました。

「うわっ」と慌てて拾い上げたのですが、時すでに遅しで、内部がショートしたのか表示も出なくなっていました。乾かしてから電池を差し込み直してみましたが、どうやら完全にオシャカみたいです。

単に安かったのでPHSを買い、そのまま何年も使い続けていました。しかし今も電波が弱いのか時々つながりづらいことがあるので、この際新しい第三世代携帯とやらに買い換えようかと考えています。

続きを読む "【業務連絡】俺のPHSが死亡"

| | トラックバック (0)

2007/11/15

【速報】『篦棒な人々』予約受付開始!

Berabou

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 [河出文庫]

本日から拙著『篦棒(ベラボー)な人々』の文庫版が、アマゾンで予約受付を開始しましたのでお知らせします。90年代前半に雑誌「クイック・ジャパン」で俺が取材した康芳夫(興行師)・石原豪人(挿絵画家/故人)・川内康範(詩人/小説家/脚本家/政治評論家)・糸井貫二(全裸行動芸術家)のロングインタビューをまとめたもので、98年に太田出版から単行本として刊行されたものが、このたび河出書房新社から装いも新たに文庫化されたものです。

続きを読む "【速報】『篦棒な人々』予約受付開始!"

| | トラックバック (1)

2007/11/13

文化庁へのパブコメ・私案

他の仕事に追われてうかうかしているうちに文化庁の「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会」へのパブリックコメントの締め切りが近づいてしまいました。というか、締め切りが15日ですからあさってですよ。

特に問題になるのは「著作権の親告罪への見直し」が盛り込まれている「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会中間まとめ」と、ダウンロード違法化が審議されている「文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会中間整理」であります。どちらもパブコメを募集しています。15日までにメールで文化庁に提出すればOKです。

●提出先
住所:〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
文化庁長官官房著作権課 法規係 宛
FAX番号:03-6734-3813

電子メール:
ch-houki@bunka.go.jp (非親告罪化反対の宛先)
        
keiyaku@bunka.go.jp (ダウンロード違法化反対の宛先)

※件名は必ず、「法制問題小委員会中間まとめに関する意見」としてください。(竹熊注・ダウンロード違法化については「私的録音録画小委員会中間整理に関する意見」というタイトルにすること)。

続きを読む "文化庁へのパブコメ・私案"

| | トラックバック (1)

2007/11/12

【業務連絡】「マンガ評論家」を辞めます

竹熊と現在仕事関係にある出版社各位、またこれから仕事を依頼しようと考えておられる出版社、特に雑誌編集部の方にお願いがあります。

これから年末進行に向け、各社様とも企画立案されたり、すでに動いておられることと思います。ご苦労さまです。それで「今年のマンガ・ベストテン」とか「最新のおすすめマンガ特集」などを考えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。すでに二社から私に打診が来ました。

しかし、誠に心苦しいのですが、ふたつとも辞退させていただきました。

続きを読む "【業務連絡】「マンガ評論家」を辞めます"

| | トラックバック (2)

2007/11/10

CSフジで「エイケン」特番放映

http://www.fujitv.co.jp/cs/index2.html
↑フジテレビ公式
http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7216_056.html
↑昭和アニメ伝説

本日からCSフジテレビ721+734で、テレビアニメ創世記を支えた「エイケン」(TCJ)の特番が放映されます。再放送もあるので、詳しくは上のURLをどうぞ。

エイケンといえば「サザエさん」の制作会社として有名ですが、アニメスタジオとしてはTCJ時代をふくめると虫プロと同じか、それよりも歴史が古く、「エイトマン」「鉄人28号」「パピイ」「遊星仮面」「サスケ」などをバリバリ作っておりました。資料をひもとくと、「え? これもエイケン? あれもエイケン?」てな感じでビックリさせられます。この会社、歴史が古い割にはこれまで語られることがなかったので、今度の特番はほとんど奇蹟に近い企画だと思います。

続きを読む "CSフジで「エイケン」特番放映"

| | トラックバック (1)

2007/11/08

「漂流教室」完全版だ!

B55bd0b28fa093696a8f5110l漂流教室 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

小学館から書評用に一冊いただけることになっていましたが、なかなか届かないうちに発売されてしまいました。このたび刊行されました『漂流教室』完全版であります。

これはスゴイです。完全版の名にふさわしく、これまで刊行されたバージョンからなんと181ページもの未収録図版が増えているそうです! 何が増えたのかといいますと、多くは毎週のトビラ絵だそうです。楳図先生のトビラ絵はそれ自体がアートですので、これは画期的なことだそうです。「そうです」ばかりで恐縮ですが手元にまだ本が届いてないのだからしょうがないそうです。しかし、これは告知せずにはいられませんそうです。

続きを読む "「漂流教室」完全版だ!"

| | トラックバック (5)

2007/11/07

【blog考】2-2「竹熊新聞」のこと(2)

●「国松新聞」と「竹熊新聞」

『ハリスの旋風』の中に、石田国松が学校新聞を作るエピソードがある。新聞部員でガールフレンドのオチャラが、野球部や剣道部での国松の活躍を記事にするため、彼にインタビュー試みるのだが、国松は記事に不満を抱き、勝手に自分一人で編集執筆した「ハリス学園新聞」を作ってしまう。

Shinbun1 ←『ハリスの旋風』ちばてつや ゴマブックス版第2巻より

 そもそも石田国松に新聞の公平性とか中立性という概念があろうはずもない。徹底的に自分を美化する一方、教師やライバルを茶化しまくった。当然学園中の大顰蹙を買うわけだが、なおも国松はめげずに「石田国松かべ新聞」を作って学校の廊下に張り出す。このときの内容は、自分と対立するボクシング部の主将をボロクソに批判したものである。今見ると素朴なパロディであるが、低学年の私は腹をかかえて笑った記憶がある。

続きを読む "【blog考】2-2「竹熊新聞」のこと(2)"

| | トラックバック (0)

2007/11/06

【blog考】2-1「竹熊新聞」のこと(1)

●マスコミとミニコミ

 そろそろ「blog考」を再開する。ここからしばらくは第二部として、「私の個人メディア史」を綴っていきたい。子供時代の記述から始まるので、当然ブログや、パソコン&インターネットがこの世に存在しない時代の話から書くことになる。小学生時の個人新聞作りから始まって、高校時代のオフセット印刷によるミニコミ作り、「プロ」の物書きになってからのこと、パソコン通信とインターネットとの出会い、そして44歳でブログを始めるに至るまでの経緯を、やや駆け足で辿る予定だ。

 単行本にする際、ここの記述の扱いをどうするかは決めていないが、なんらかの形で重要な章として残したいと思っている。「たけくまメモ」は、四〇代になった私が新しく手に入れた「メディア」である。ブログは、個人による表現伝達手法としては、現時点(2000年代初頭)における最高のメディアであろう。表現を「千単位・万単位の読者」に届ける手段として、せいぜい一ヶ月数千円程度の、出版社を経営することに比べればほとんどゼロに近いコストで実現することができるからだ。これは私にとって、およそ40年間も待ち望んだ状況だったと言っていい。

続きを読む "【blog考】2-1「竹熊新聞」のこと(1)"

| | トラックバック (0)

2007/11/05

多摩美祭で審査

『サルまん』の締め切りがまだ終わってないんですが、今日は多摩美の文化祭の最終日で、以前から頼まれていた学生の展示作品から審査員特別賞を選ぶ審査に行ってしまいましたよ。多摩美賞のグランプリはお客さんの人気投票で決まるようで、俺と特別審査員の高橋周平准教授は自分らの好きなのを選べばいいというんで多少気楽だったんですが、この時期に俺は何やってんだという思いを抱きながらもいい作品があれば素直に嬉しいと思って審査しておりました。

071104tamabidscn0137 071104tamabidscn0139 俺が個人的に気に入ったのは「ヨンビニ」という四人の学生によるグループ作品(写真)で、スペースをすべて「架空の商品」で埋め尽くした「架空のコンビニ」という設定の展示。架空のお菓子のパッケージとか、架空のマンガ雑誌の表紙なんかを細かく作っていて感心しました。

続きを読む "多摩美祭で審査"

| | トラックバック (1)

2007/11/02

「見ザル言わザル聞かザル」の謎

51qgp38h04l_ss500_←尼僧物語

昨日、アマゾンから取り寄せたオードリー・ヘプバーン主演の『尼僧物語』を見ていたんですよ。1930年代のベルギーで、アフリカで看護婦をやる目的で修道院に入門して尼僧になる女性の物語で、実在の人物をモデルにした小説が原作らしい。監督が名匠フレッド・ジンネマン、オードリー入魂の演技もあってなかなかの傑作でした。映画会社(ワーナー)も「尼さんの映画なんて誰が見る」と最初は乗り気ではなかったみたいですが、脚本を読んだオードリーが出演を熱望したため、しぶしぶ製作を許可したところ、この時点(1958年)でのワーナー史上最大のヒット作になってしまったらしい。残念ながら前のDVDは品切れみたいで、マーケット・プレイスで購入したんですが、この12月に再発売になるみたいなので見てください。撮影が非常に美しい作品です。

それで本題なんですが、この映画の中で、アフリカに行ったシスター・ルーク(ヘプバーン)が結核にかかるシーンがあるんですよ。ピーター・フィンチ演じる無神論の医者が治療にあたって、彼女に金粉を飲ませる。

続きを読む "「見ザル言わザル聞かザル」の謎"

| | トラックバック (4)

2007/11/01

そろそろ締め切りか

もう月頭なので『サルまん2.0』のウンチクに取りかからねばなりません。相原君のネームはすでに出来てます。第二回はいよいよ鳳ヘボン先生が登場するのですがなかなか傑作なキャラクターになってます。白井や青空先生を超えた、サルまん史上最強のキャラになるかも。できあがるのが楽しみです。

『デスパッチン』の設定もそろそろ進めなければ。一応、今週中に公式設定をまとめて公式ブログにアップしようと思ってます。その後、キャラ絵や「主題歌」を作って送ってくれた方もいるんですが、発表はもう少しおまちください。

たぶん「やおいネタ」を取り扱うのは12月25日発売の第三回からになりそうです。それまでにはデスパッチンもある程度進めておきたいものです。

続きを読む "そろそろ締め切りか"

| | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »