コミックマヴォVol.5

« 何年経ってもシメキリに慣れません | トップページ | 柴田錬三郎の芸術的「言い訳」 »

2008/03/11

現在苦闘中

さっき『サルまん』ではないほうの締め切りの催促が来ました。『サルまん』が終わったら必ず仕上げるのでもう少しお待ちくださいと申しておきました。

『サルまん』のほうもちゃんとやってますので関係者はご安心ください。

よく「あと何時間でできますか」と聞いてくる人がいるんですけど、そんなことは俺にもわからないんですよね。ただ、なんとか原稿が載るように善処するとしか言えないんです。

毎回こういう局面が来るたびに、こういう仕事を選んでしまった身の因果を呪うほかはありません。こういうのを読めば、竹熊に仕事を依頼するのを躊躇する編集の人もいらっしゃると思います。それは正しい感覚です。俺が編集者だったら、こんな仕事の遅いライターには絶対に仕事なんか頼みません。

そんなわけで、がんばりたいと思います。

◎このエントリへのコメント→★
◎掲示板トップへ→★

|

« 何年経ってもシメキリに慣れません | トップページ | 柴田錬三郎の芸術的「言い訳」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/40463810

この記事へのトラックバック一覧です: 現在苦闘中:

« 何年経ってもシメキリに慣れません | トップページ | 柴田錬三郎の芸術的「言い訳」 »