« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/29

【業務連絡】そろそろ生き方を変えます(希望)

また例によって締切関係が重なってきました。のっぴきならない締切も迫りつつあり、巻きを入れるため、しばらく更新が滞るかもしれません。こんなこと書くのはもう何回目だろう。

まあブログの更新なんてどうだっていいんですが、本業の締切が来るたびに、こういう胃が痛む思いをするのはいいかげんなんとかしなくてはなりません。脳梗塞になる以前、ブログも始める前から周囲には「仕事がいやになったから50歳で引退する」と冗談半分で漏らしておりました。その50歳になるのもあと2年とちょいであります(今年の8月末で48歳)。

いざ50を目前にすると、さすがに「引退」を宣言するのはちょっと早いかもと怖じ気づいてきます。まだこの世界でやり残したこともあります。ですので、少し穏便な表現をとって「そろそろ生き方を変えます」と宣言しておきます。具体的にどう変えるのかは、「たけくまメモ」をお読みくださればそう遠くない時期になにか書くかもしれません。

思えば、俺の人生のピークは29歳から36歳くらいまででした(とりあえずこれまでは)。40歳からはろくでもないことばかりでした。「たけくまメモ」を始めて、個人的には少し気が晴れてきたんですけど、あくまでこれは「趣味」ですからね。今のところは。

続きを読む "【業務連絡】そろそろ生き方を変えます(希望)"

| | トラックバック (5)

2008/04/27

携帯コミックエントリの反響

おとといの晩にアップした「携帯コミックって読んでます?」のエントリが思いの外反響があって、ありがとうございました。コメント欄でもいろんな書き込みがあって、それへの返事として書いたものなんですが、アップしてから、これは普通のエントリにしようと思い直して、こちらにアップしました。

それから、前回のエントリを少し補足しますが、携帯マンガがバイブ機能と連動したから女性読者が増えたように誤解される書き方をしてしまったかもしれません。エッチ以外でも、主人公がショックを受けたシーンでバイブ機能が働くマンガもありますし、必ずしもエッチ目的と振動が直結している表現「だけ」ではないのです。でもどっちにせよ振動効果は携帯マンガならではの表現だよなあと思って、紹介したつもりであります。

◆以下本文です。

続きを読む "携帯コミックエントリの反響"

| | トラックバック (0)

2008/04/25

携帯コミックって読んでます?

いきなりですが、皆さんは携帯コミックって読んでますか? 俺はどんなものか確認するために数回アクセスしてダウンロードしただけで、あんまり読んでいません。俺の周りのマンガ好きに聞いても、熱心に読んでいるという人はほとんどいない。俺と同じで、何回か試しに読んでみただけで、それっきりという人が大多数です。

学校でマンガ好きの学生に聞いてみると、さすがに携帯そのものの所有率は100パーセントなんですけど、携帯コミックを日常的に読んでいるという人にはまだ会ったことがありません。きちんと統計をとったわけではないので実態はまだわかりませんけどね。とにかく世代を問わず、マンガ好きな人は当然のように雑誌や単行本で読むので、携帯で読もうという人はあんまりいないのだという印象があります。

ところが、プロの編集者の間では、どうも事情が異なるのですよ。最近は結構、プロ編集と顔を合わせると携帯コミックの話題になることが多いんですね。どうしてかというと、ここ10年、マンガ雑誌の部数の減少が深刻で、あまりいい話を聞かない中で、雑誌の売れ行きと反比例するかのように携帯コミックの有料ダウンロードだけは驚くほど伸びていて、ものすごく景気がいいみたいだからです。

続きを読む "携帯コミックって読んでます?"

| | トラックバック (4)

2008/04/22

【業務連絡】レイアウト変えてみました

Takekumamemotop080422

←旧たけくまメモ

「たけくまメモ」のレイアウトを3段組から2段組に変更してみました。

携帯でこのブログを見たときに、左のサイドバーが最初にえんえんと表示されてしまって見苦しかったからです。PCで見ている人からも、「竹熊のブログは画像がやたら重くて見づらい」と不評でしたので、思い切って2段組にしてみました。これからもおいおい変えていくつもりですが、ご意見あればコメント欄にでもお寄せください。

◎このエントリヘコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (0)

2008/04/21

【業務連絡】「ボクらの時代」放映は次の日曜

先日ここでもお知らせした、川上未映子さん・中川翔子さんとなぜか俺が出たフジテレビの「ボクらの時代」ですが、放映日が次の日曜日(4月27日)に決定していたみたいです。

朝の番組(AM7:00~7:30)ですので、俺も録画予約するつもりですが、恐ろしいので見るかどうか迷っています。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/jidai/
↑フジテレビ「ボクらの時代」公式

ちなみに上の公式サイト、昨日まではびびる大木さんが出た回の告知が載ってましたが、今見たら何も載ってなくて不安です。まあ、今日(月曜)はまだ更新途中なんだと思います。

それはそうと、未映子さんがご推薦くださったおかげで『篦棒な人々』の増刷が決定しました。さ、さすが芥川賞! どうもありがとうございました。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (1)

2008/04/19

健太郎、これは温めるのか

前にも書いたかもしれませんが、我が家の食事は俺が外でおかずを買ってきて、親父がご飯炊いて味噌汁を作ります。それからキャベツの千切りと水菜とトマトのサラダですね。これも親父が作る。作るったって包丁で刻むだけですけど。このパターンがここ1年くらい続いてます。

おかずは、まあ焼き魚とコロッケやアジフライなんかが多い。とにかく男二人なんで、料理は料理とも呼べないような、なるたけ面倒のない方向で定着してしまいました。

それで、俺が焼き魚を買ってくると親父が判で押したように

「これは温めるのか?」

と聞いてくるんですよ。最初は、こう聞かれると「家で食べるんだから、冷えたの食べることないでしょ。1分半でいいからチンしようよ」と俺が応えていたのですが、あまり聞かれるので

「チンするのか?」
「当たり前だよ!」

と怒気を含んだ答えになってしまうんですね。まあこんなことで怒るのは大人げないと思うんですが、焼き魚はやはり温めて食べたいと思いませんか?

続きを読む "健太郎、これは温めるのか"

| | トラックバック (1)

2008/04/16

【業務連絡】近日「たけくまメモ」リニューアル

この「たけくまメモ」は、どんなに更新間隔をとっても三日以上は空けないことを自分に課していたんですが、最後の更新が先週の金曜日でした。

先週末から川内先生の追悼文の依頼が重なったり(今日までに朝日新聞・産経新聞・アサヒ芸能・団塊パンチで追悼文書きました)、『サルまん2.0』の締切りが重なってこういうことに。土曜には「IKKI」の5周年記念読者集会もあったりして。昨日は慶応大学で開かれた著作権関係のシンポジウムにパネラーとして参加しました。俺以外全員が弁護士さんや法学部の先生で、専門用語がボカスカ飛び交って、たいへん焦りました。

今回はしかたなかったんですが、つくづく俺は、締め切りが苦手なのだなあと痛感した次第。締め切り間際に電話が鳴ると心臓に悪いですしね。

雑誌の締め切りに追われていると、「たけくまメモ」の更新ができないことにイライラします。順調にいくなら、俺が今抱えている新聞雑誌の連載はほとんど年内で終わると思いますので、これで新しい連載さえ受けなければ、俺は締め切り生活から解放されるでしょう。これまでご迷惑をかけ続けていた編集者のみなさんにも、これ以上の迷惑をかけずにすむわけです。

続きを読む "【業務連絡】近日「たけくまメモ」リニューアル"

| | トラックバック (2)

2008/04/11

「漫画家アシスタント物語」が出てます

517cz2z9yl_ss500_2漫画家アシスタント物語 (SUN MAGAZINE MOOK)

以前ここでも紹介したイエス小池(yes-de)さんのブログ『漫画家アシスタント物語』が単行本になりました! 1974年に某マンガ家さんのアシスタントになったのをきっかけに、村野守美氏、かわぐちかいじ氏、そして78年にジョージ秋山氏のアシになってかれこれ34年もアシスタントを続けている著者の、赤裸々な記録であります。小池氏のブログは、俺も以前、ここで紹介したことがあります。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_745b.html
↑「たけくまメモ・全マンガ家志望者必見!」

小池さんも書かれていますが、本気でマンガ家になりたいなら、アシスタントは遠回りになることもあります。日々、先生の仕事を手伝ううちに、そのことに満足してしまい、自分の作品を描く意欲が失われていくのです。

続きを読む "「漫画家アシスタント物語」が出てます"

| | トラックバック (0)

2008/04/09

川内康範先生の想い出(補遺)

いくつかの新聞雑誌から川内先生の追悼文を書いてくれという依頼が舞い込んでいます。できるだけ対応するつもりですが、週末は生憎「サルまん」締切と重なるので、締切の早いところは電話コメントで勘弁していただきました。

川内先生の取材で強烈に覚えているのは、最初の日に取材を終えてホッとして帰宅したら、翌日の朝7時に先生本人から拙宅に電話があり、「もう一度インタビューやらないか」と言って来られたことです。

取材日に渡していた「クイックジャパン」創刊号に載っていた石原豪人インタビューをホテルで読んでくださったんですね。「石原くんの記事、読んだよ。俺のインタビューは少し堅かったかもしれんな。もう一度やろう」

こう言われて、内心万歳三唱で再度滞在先の高輪プリンスホテルに向かいました。そうしたら、二度目のインタビューは全然違った。そこで初めて、先生の口から戦争直前に仮病をつかって軍隊から「離脱」した話が出たのです。

続きを読む "川内康範先生の想い出(補遺)"

| | トラックバック (1)

2008/04/08

【サルマン2.0】マスキャラ最終結果発表

Photo_2だいぶ遅れてしまいましたが、先日募集したマスキャラ人気投票の結果を発表します。すでに相原くんと俺は次回の原稿執筆に着手しておりますが、この結果のうち上位20キャラはサルまん内で発表し、ネタとして使用させていただきます。それ以上の展開があるようなら個別に告知しますので、そのときはよろしくお願いします。

今回は投票を始めてから、携帯電話からだと何度でも投票できてしまうというシステムの不備に気がつき、同一機種の携帯電話からの多重投稿をそれぞれ「1」として、さらにPCからの同一IPを除外して再集計しました。再集計結果はここに掲げた表の通りです。

これによると、上位3位の順番は結局変わりませんでした。1位の「ちんぽっぽ」はじめ、残り2つのキャラに関しても作品内で大きく使いたいと思っています。どう使うかは見てのお楽しみです。

それにしても、新しいことをやると不手際が多くてすいません。それでは原稿に復帰させていただきます。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (2)

2008/04/07

川内康範先生、ご逝去

つい今し方河出書房の担当者から知らされたばかりなんですが、『月光仮面』『レインボーマン』の原作者で詩人・小説家・脚本家・政治思想家として知られる川内康範先生が、6日に亡くなられていたそうです。88歳でした。

自分も訃報に接したばかりで詳しいことは何も知らないんですが、昨年末には車椅子で首相官邸に姿を現し福田首相と面談するなど、憂国の士としても生涯現役でした。『篦棒な人々』ではインタビュアーとして接することができたのは、自分の宝のような経験になったと思います。

謹んでご冥福をお祈りします。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (4)

2008/04/06

【サルマン2.0】マスキャラ投票締切ました。

4日正午に開始していたサルまん「マスキャラ人気投票」はさきほど5日24時をもって締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました。結果はとりあえず投票ページに出ている通りなんですが、実は携帯でアクセスすれば何回でも投票できていたという報告がありまして、管理担当者にアクセスログを再集計していただくことにしました。

その結果、順位が変動することもありえます。PCからの再投票規制はかけていたんですが、携帯でのそれはうっかりしておりました。最終結果発表は週明けになると思います。しばらくお待ちください。

◎このエントリにコメント→★

| | トラックバック (0)

2008/04/05

ダーガーとディズニー

Photo←ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で

渋谷のシネマライズで現在上映中の『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で』を見てきましたよ。試写会のお誘いもいただいてたんですけど、なかなか都合が合わずに映画館で見ることになりました。渋谷ではまだやるみたいですが、大阪梅田のガーデンシネマは今月18日までみたいなので大阪の人はお早めに。下の公式サイトで予告編も見られます。

http://henry-darger.com/
↑映画「非現実の王国で」公式サイト

映画は、幼くして天涯孤独の身となり、極度に内向的な性格から精神薄弱の施設に入れられた経緯、そしてそこを脱走して病院の清掃夫をしつつ膨大な「作品」を描き続け、81歳で没したダーガーの生い立ちを忠実に追っています。

数十年間一度も発表することなく、1万5千ページに及ぶ小説と挿し絵を描き続けていたダーガーの「妄想世界」。これと彼の実人生が寄せ木細工のように編集されているので、知識がないと最初は面くらうかも。でも彼の人生のほとんどすべてが「空想」で占められていたといっても過言ではなく、結局こういう構成にするしかないわけなのですが。

続きを読む "ダーガーとディズニー"

| | トラックバック (3)

2008/04/04

【サルマン2.0】マスキャラ人気投票受付開始!

●期間 本日4日午後12時から明日5日深夜24時まで
●下記のURLにアクセスし、気に入ったキャラに投票してください。投票結果は即座に反映されます。
●二重投稿は無効ですので作品をよく選んで慎重に投票してください。
●明日の24時を過ぎるとURLを閉じる予定です。
●投票作品は『サルまん2.0』内でネタとして使わせていただきます。

●投票URL
http://saruman.s333.xrea.com/index.html

※なにか質問があれば当ブログのコメント掲示板でどうぞ。

※15:40分追記 同一IPからの多重投稿が確認された場合、ひとつを除いて無効にする場合がありますのでご注意ください。

◎このエントリのコメント→★

| | トラックバック (2)

【サルマン2.0】マスキャラ候補追加

昨日夜7時に締め切らせていただいたマスキャラ候補の追加です。あくまでノミネートですので投票の参考にしてください。

Siyawase ←オーイシナオヤさんの「しやわせ」








Mame Michelle ←山崎友香さんの「まめ」「キャベツのミシェル」


続きを読む "【サルマン2.0】マスキャラ候補追加"

| | トラックバック (1)

2008/04/03

【サルマン2.0】以下の投稿者にお知らせ

ご応募くださった人のうち、片倉真一郎さん、hidot(ハイドット)さん、田北咲さんの画像ファイルがなぜか開けません。いずれもjpegファイルなんですが、データが壊れているのか、どうしても見られないのです。申し訳ありませんが、明日午前11時までに再度送っていただけませんでしょうか。

| | トラックバック (2)

【サルマン2.0】マスキャラ人気投票は4日正午から

昨日、マスキャラ人気投票は日が明けて4日午前0時開始、と書いてしまいましたが、あれから予想以上に応募作品が殺到しまして、それの整理もあって

人気投票は明日、4日のお昼12時から

に延期させていただきます。なにぶんこんなことは個人的に始めてであり、小学館サーバーとしてもCGIをアップロードするのにいろいろ制約もあって、許可申請が面倒なので俺が個人的にレンタルサーバー借りてそこで投票CGIを組むことにしました。CGIの設置はサルまん公式ブログのデザインをお願いしている有限会社サイトのSさんにお願いしました。

CGIは各マスキャラのサムネイル入りで一覧表になっており、キャラの横にある投票用の白丸にマウスでチェックして投票ボタンを押せば多い順にソートされる仕組みです。

ただサーバーが無料のせいか少し重いかも。投票は、一人一回が原則で、連続投稿抑制機能にしていますので慎重に選んで押してください。

URLと詳しい説明は、明日のお昼前にまた告知します。

◎このエントリにコメント→★

| | トラックバック (0)

2008/04/02

【サルマン2.0】マスキャラは明日夜7時で締切ます

その後もマスキャラが続々と寄せられております。しかしそろそろ『サルまん』の本編締切が迫っており、まことに恐縮ですが明日(3日)の夜7時で締め切らせていただき、

4日午前0時から5日午後12時の間に人気投票

を行いたいと思います。投票は専用のCGIを現在用意しておりますので、明日の11時半くらいにURLを発表しますので、そこに行けば投票のやり方がわかるようになっています。

今回、投票の結果より実は投票CGIというものを一度やってみたかっただけだったりして。
それで、人気投票で選ばれたキャラは「サルまん」本編にも使わせていただきますが、具体的にどうするかは優勝したキャラクターの結果によって考えます。投票が全然来なかったらどうしようと、非常にドキドキします。来なかったら、俺と相原君で反省会を開きたいと思います。

というわけで、その後到着したキャラクターです。こちらの判断で、キャラクターなのかどうか判断できない作品は割愛させていただき、一人でいくつも送られている人はひとつにしぼらせていただきました(一枚にいくつも描かれている人は切り分けるのが面倒なので丸ごと表示しています。本番ではひとつに絞るかも)。

●マスキャラ応募メルアド・150k程度の大きさのファイルで添付してください。saruman2.0@webshogakukan.com

続きを読む "【サルマン2.0】マスキャラは明日夜7時で締切ます"

| | トラックバック (0)

未映子さんとしょこたんと俺

Bokuranojidaidscn0266

本日、フジテレビで毎週日曜朝にやっているトーク番組「僕らの時代」の収録で、三軒茶屋のネットカフェに行ってきました。

「三人ともブログをやっているので、ネカフェでロケなんかどうでしょう」と俺がプロデューサーさんに言ったら、それがすんなり通ってしまったものです。が、別にパソコンを三人で見ながらトークをするわけではなかったので、結局あまり関係なかったかも。

未映子さん、しょこたんさんとはほぼ初対面に近かったのですが(中川さんとは楳図先生番組でニアミスしたことはあり)、とてもシャイで礼儀正しい人で、川上さんは小説そのまんまの関西弁の気さくなお姉さんでした。今回は川上さんのたっての希望でこの顔合わせになったものですが、「時の人」であるお二人とどこの馬の骨かもわからぬオッサンの取り合わせは、おそらく二度とないだろうと思われます。放映日ですが、まだ未定みたい。たぶん4月下旬から5月にかけての日曜日にやると思います。渡辺篤史の「建もの探訪」よりは遅い時間ですがフジテレビの日曜朝7時からやる30分番組です。

続きを読む "未映子さんとしょこたんと俺"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »