« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

マンガとアニメーションの間に(4-1)

■京都精華大学連続講義レジュメ

第四回「マンガ版『ナウシカ』はなぜ読みづらいのか?」(1)

講師 竹熊健太郎

【A】手塚治虫と宮崎駿の複雑な関係

●手塚の死去(1989年)に際して、様々な雑誌で追悼特集が組まれ、多くの識者が追悼文を寄せていたが、ひとり宮崎駿は、手塚のマンガ家としての功績を十分に認めながらもアニメ分野における手塚の活動を痛烈に批判して世間を唖然とさせた。

  →「だけどアニメーションに関しては───これだけはぼくが言う権利と幾ばくかの義務があると思うのでいいますが───これまで手塚さんが喋ってきたこととか主張してきたことというのは、みんな間違いです」(手塚治虫に「神の手」をみた時、ぼくは彼と訣別した」宮崎駿 comicbox 1989.5月号)

  →宮崎は、手塚がアニメ作家としては「素人芸」であり「下手の横好き」であって、にもかかわらずマンガ家としての名声をバックにアニメ会社を作ってテレビアニメを始めたこと、それによって日本のアニメ制作環境が大きくねじ曲げられたことを辛辣に批判したのだ。

  →しかし一方で宮崎は、自分もかつては手塚に憧れてマンガ家を目指したことを告白している。宮崎の手塚に対する「愛憎」には根深いものがある。

  →一方の手塚は、あれほど他作家にライバル心をむき出しにする性格であったにもかかわらず、宮崎について公には不思議と何も語っていない。 

続きを読む "マンガとアニメーションの間に(4-1)"

| | トラックバック (0)

2008/10/28

マンガとアニメーションの間に(3-2)

■第三回「手塚治虫の引き裂かれた夢(2)」

【C】手塚マンガと「ディズニー以前」

●手塚のアニメーションからの影響となると、ディズニーについての話が(本人のコメントも含めて)ほとんどを占める。しかしディズニー以前(1910年代)からアニメで活躍していたフライシャー兄弟の影響も見逃すことはできない。

→たとえば手塚マンガに特徴的に見られる表現に、間白(コマとコマの間)にキャラクターがしがみついたり、間白をキャラが突き破るような「メタ表現」が」しばしば出てくる。こうした「作品構造を逆手にとったメタ表現」は、フライシャー作品に非常に多く見られる表現だ。

Mahaku02_3←夏目房之介が手塚の「冒険狂時代』を例に挙げ、コマのメタ形式ギャグを解説した「間白という主張する無」より(「マンガの読み方」所収)。

続きを読む "マンガとアニメーションの間に(3-2)"

| | トラックバック (2)

マンガとアニメーションの間に(3-1)

※10月29日と30日に京都精華大学で「マンガとアニメーションの間に」と題した講義レジュメである。29日に手塚治虫を、30日に宮崎駿を講義するが、まずは手塚治虫のレジュメをアップする。

■京都精華大学連続講義レジュメ

第三回「手塚治虫の引き裂かれた夢」(1)

講師 竹熊健太郎

【A】手塚の「映画的手法」について

●初期手塚マンガを「映画のようなマンガだ」とする発言は、藤子不二雄Aをはじめ、『新宝島』(1947)などの初期作品をリアルタイムで読んだ世代によってしばしば語られている。

  →初期手塚作品がどのように「映画的」なのかについては、諸説があり、多くの論者によってさまざまな角度から語られている。

  →手塚作品が戦後の読者から「映画のようなマンガ」として受け止められたこと自体はおそらく間違いないが、フィルムによって構成される映画と紙の上に描かれるマンガとの間には、時間の扱い方において決定的な違いがあり、単純に映画と対比して語ってよいかは注意深い検討が必要。

  →直接的に時間を扱う映画と、紙のうえで擬似的に時間を扱うマンガの表現としての違いについて。

続きを読む "マンガとアニメーションの間に(3-1)"

| | トラックバック (2)

2008/10/27

11月3日、新宿ロフトでポニョ・トーク

えー、うっかり告知を忘れているうちに、コメント掲示板で先にあおきひとしさんに告知されてしまいました。今度の11月3日、新宿ロフトプラスワンで切通理作、氷川竜介氏とともに宮崎アニメについて語る会があります。切通さんの新刊『宮崎駿の<世界>増補改訂版』の刊行記念のイベントです。

----------------------------------------
 『宮崎駿の<世界> 増補決定版』(ちくま文庫)刊行記念
「アニメ昼話 ポニョとハヤオを語りたおす!」
     宮崎駿は<神>なのか? あるいは破綻した作り手か? 
     全作品に隠されたものをさぐる。
【出演】切通理作(著者)
    竹熊健太郎(サルでも描けるまんが教室)
    氷川竜介 (BSアニメ夜話・アニメマエストロ)
  11月3日(月・祝)
  OPEN 12:00 / START 13:00  前売¥1000/当日¥1500(共に飲食代別)
  会場  ロフトプラスワン (新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 03-3205-6864)
  
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/
  前売は店頭およびネット予約
  
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/reservation/

実は木曜日には京都精華大でも宮崎アニメ(とマンガ)について講義する予定なので、続けてミヤザキですが、どうぞよろしくお願いします。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (1)

米軍がシリア攻撃をはじめた

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081027-OYT1T00304.htm
↑YOMIURI ONLINE

http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/081027/mds0810270830003-n1.htm
↑産経新聞

いましがたテレビのニュースでやったので知ったのだが、26日朝5時頃、イラク駐留のアメリカ軍ヘリが国境を越えてシリア領内に進入し、住民を銃で殺傷したらしい。現在シリア政府が非難声明を出している。

何が原因でこういうことになったのかはまだわからないが、米軍が事前通告なしに他国の領土内に進入し、民間人複数を射殺したことはどうやら事実である。どういう原因があったにせよ、これは侵略であり、殺人をアメリカ正規軍が行ったと言うことになる。

借金で首が回らず自暴自棄になり、路上で刃物を振り回して他人を殺傷するのと変わりがない、と思うしかないのだが、アメリカ政府の声明はまだのようである。上に紹介した記事によると、米軍関係者の非公式情報として、シリア領内のアルカイダ組織を米軍特殊部隊が襲撃したということだ。

続きを読む "米軍がシリア攻撃をはじめた"

| | トラックバック (1)

2008/10/24

この子の将来はどうなるのか?

続きを読む "この子の将来はどうなるのか?"

| | トラックバック (1)

2008/10/23

これから少し忙しくなります。

いや、すでに忙しいんですが。月末に京都精華大学での特別講義(29日、30日)があって、それの準備をしなければならんのです。前回と同じく、多摩美でやってる講義内容をアレンジして使うつもりだったんですが、いろいろ考えているうちにほとんど新ネタになりそうで。今、連載仕事が2本しかないので、時間があるから大丈夫だろうと思っていたんですが、とんでもありませんでした。なんでこんなにやることがあるのか自分でも不思議です。

特別講義については、来週頭までには内容を固めて、レジュメをブログでも発表しますので、しばらくお待ちください。

詳しいことはまだ書けないんですが、現在、自分の仕事パターンを大幅に改造している最中です。これまで出版関係の仕事を25年続けてきましたが、来年の春以降は、今やっている仕事に区切りをつけて、大学の仕事が生活の中心になっていくでしょう。物書きとしては、この「たけくまメモ」中心でずっとやっていくつもりです。別にギャラが出るわけではないので「仕事」ではありませんけどね。

このあたりのことも、時期が来たら詳しく書きたいと思います。それで今、気がかりなのは、コミケの当落通知はいつ来るのか? ということです。受かろうが落ちようが、「マヴォ」の編集は着々と進行していますので、もう後戻りはできませんけどね。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (0)

2008/10/21

こいつら全員アホウか?

こないだお昼のニュース見ながら父親とメシ喰っていたんですが、いきなり父が

「こいつら全員アホウか?」

と言い出したんですよ。何かと思うじゃないですか。

続きを読む "こいつら全員アホウか?"

| | トラックバック (8)

2008/10/19

10月26日にルンパロさんとトークイベント

うっかり告知するのが遅れてしまいましたが、この10月26日(日曜日)に東京・江東区青海(コミケをやる有明ビッグサイトのそば)の日本科学未来館にて、イラストレーター・FLASHアニメーション作家であるルンパロ・チータ(左山誠)さんと俺のトークイベントがあります。時間は14:00~15:00。

タイトルは「フラッシュアニメ台頭後のクリエイター事情/個人制作作品から見える新たなチャンネル」 という長ったらしいもの。

http://dcexpo.jp/asiagraph2008/talk.html#anime
↑このページの下段に案内があります。

http://dcexpo.jp/visitor/
↑会場はこちら

http://dcexpo.jp/
↑「DIGITAL CONTENT EXPO2008」TOP

他にもさまざまなイベントがあり、中にはプロダクションIGの石川久光社長も登場するトークもあるようですが、それらは事前予約制みたいです。(詳しくは公式サイトを見てください。)

続きを読む "10月26日にルンパロさんとトークイベント"

| | トラックバック (1)

2008/10/17

iPhone、買っちゃいました

Iphonedscn0395 実は先週に買ってたんですが、報告が遅れました。結局1週間いじったことになるのかな? まだ試してないことがたくさんあるので、暫定的なものですが感想を書きます。

結論をいえば、買って良かったです、今のところは。ハンディなインターネット・マシンとして俺的には最強かもしれないです。電話としては今のところ一回しか使ってないので、正直まだわかりません。でもヘッドホンマイクでハンズフリーで電話できるのはいいですね。人前でこれやるのは変な感覚かもしれませんが。

あとiPodマシンとしては、バッテリーが異常に長持ちするのがいいです。ただしカメラを使ったら、ものすごく電気を食う。カメラも日常的に使うとなると予備バッテリーは必須でしょうな。

現在、電話はauの携帯をメインに使っていますが、これは二年しばりの契約なので、しばらくは併用します。電話機としてのiPhoneは、今後ともプライベート専用機にするつもり。俺としては屋外でインターネットができたらそれでいいんですよ。俺、もともと携帯メールは滅多につかわないし、顔文字も使う気はないので、携帯でネットやメールすることを考えたら、全然こっちのほうが使いやすいです。

続きを読む "iPhone、買っちゃいました"

| | トラックバック (5)

2008/10/14

吉祥寺アニメ映画祭個人的“裏入選作”発表【グロ注意】

先日開催されました「第四回・吉祥寺アニメーション映画祭」ですが、俺は受賞作の発表の際、特別に「裏入選作」も発表するというようなことをチラリと書きました。それをこれから発表したいと思います。以下書く内容は、審査員の一人である竹熊の「独断」によって、あくまで「たけくまメモ」のみで発表するもので、吉祥寺アニメーション映画祭の事務局や他の審査員の意見とはまったく関係がないことを強くお断りしておきます。

●裏入選作『チェーンソー・メイド』(長尾武奈) ★グロ注意★

続きを読む "吉祥寺アニメ映画祭個人的“裏入選作”発表【グロ注意】"

| | トラックバック (1)

2008/10/12

吉祥寺アニメ祭2008・結果のご報告

昨日、第四回吉祥寺アニメーション映画祭が無事終了しました。公式サイトの方もついさっき更新されたようですが、ここではとりあえず上位受賞作品だけご報告いたします。

●グランプリ 『福来町、トンネル路地の男』(岩井澤健治)

Fukuraityoupdvd_000
とある下町に取り残されたトンネルの様な路地裏に居着く男、そこで巻き起こる奇妙で滑稽で幸福な小話。

http://cliplife.jp/clip/?content_id=k2x86v31
クリックで動画が見られます。↑

すでに隣町の三鷹アニメ祭でグランプリを受賞している作品ですが、その圧倒的な作画クオリティで吉祥寺でも入選には文句がありませんでした。審査に加わったスタジオ4℃やジブリの森美術館の皆さんもプロの目から見て高い評価を下されていました。動きはライブアクションがベースになっていますが、すべて細密なペン画タッチで描かれていて、まるで大友克洋や松本大洋の作品が「原画のまま」動き出すような驚きがあります。

続きを読む "吉祥寺アニメ祭2008・結果のご報告"

| | トラックバック (3)

2008/10/09

いろいろもう死んでいる(恐慌編)

続きを読む "いろいろもう死んでいる(恐慌編)"

| | トラックバック (7)

2008/10/08

吉祥寺アニメ映画祭2008は今度の土曜日です

ええと、今度の土曜日、10月11日は吉祥寺アニメーション映画祭2008が開催されます。

●日時:10月11日 17:00より
●場所:吉祥寺ゼロワンホール

 →地図 http://www.musashino-cci.or.jp/images/map.gif
 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 武蔵野市立武蔵野商工会館6階
  交通: JR中央線吉祥寺駅下車 北口 徒歩5分
  TEL: 0422-22-3631(代)  FAX: 0422-22-3632
  E-mail:
webinfo@musashino-cci.or.jp  URL: www.musashino-cci.or.jp

●審査委員(団体):竹熊健太郎・氷川竜介・津堅信之・コアミックス・スタジオ4℃・スタジオディーン・ぴえろ・スタジオジブリ

そして今年のノミネート作品が公表されました。

http://www.kichifes.jp/animation/news.html
↑ノミネート作品

http://www.kichifes.jp/animation/home.html
↑映画祭公式サイト

今年もかなりレベル高いっすよ~。ご都合付くかたは、ぜひ。この映画祭の翌日は、代官山で平田先生のサイン会ですし(この映画祭とは関係ありませんが)。映画祭が終わりましたら、このブログでも俺の個人的な総括をするつもりです。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (1)

2008/10/07

12日は平田先生揮毫大会

35486422_32_2

続きを読む "12日は平田先生揮毫大会"

| | トラックバック (2)

2008/10/06

こないだ中野のタコシェで

Harukawanamio1← 春川ナミオ 「CALLIPYGE」より

こないだ中野ブロードウェーにあるサブカルアングラ書店・タコシェに立ち寄ったんですよ。この店、昔は早稲田にあって、ライターの松沢呉一さんが店長をされていました。でも俺、松沢時代のタコシェに実は行ったことがないんです。ところが店長が演劇ライターの中山亜弓さんになったので、この人とは知り合いだったもんで、今じゃ中野に行くと必ず店に立ち寄って中山さんとだべってから帰ります。

ちなみにマンガ評論家で原作者の大西祥平さんもかなり前からこの店で店員をされてます。関係ないけどこの大西さん、実家が六本木にあるんですよ。作家で暴力温泉芸者っていうバンド(?)やってる中原昌也さんが、やはり実家が青山にあったそうなんですが、六本木とか青山と「実家」ってあんまり結びつきませんよね。まあ両方とももとは墓地の町でしたし、今みたいな盛り場になったのは戦後の話で、実は庶民的な町だったそうなんですが。原宿も40年前までは普通の住宅地でした。

閑話休題ですが、タコシェに行ったら、中山亜弓さんに「竹熊さん春川ナミオ好きですか?」って言われたので、「いやマニアというわけでは……まあ、好きですけど」と答えたんですよ。そうしたら「最近うちで春川ナミオの画集出したんです」と言われて、大判の3000円以上もする画集をいただいてしまいました。申し訳ないので、たけくまメモで宣伝させていただきます。

続きを読む "こないだ中野のタコシェで"

| | トラックバック (3)

2008/10/03

同人誌のタイトル決めました

まあコミケに届けを出すときにはもう決めてたんですが。誌名は「コミック・マヴォ」といいます。「マヴォ」にするか「MAVO」にするかはまだ流動的です。

Saiikikitansyu1 Kaibouyawa1 表紙はフラッシュアニメ『吉野の姫』の丸山薫さんに頼みました。丸山さんは去年、生まれて初めて自分の同人誌を出品したのだそうですが、最初に刷った500部がいきなり完売してしまい、あわてて増刷して次のコミティアとコミケで1000部売ったのだそうです。左が丸山さんが最初に出した『西域奇譚集』。それから『海防夜話』(右)という本も出てます。『西域奇譚集』は池袋ジュンク堂のコミティア委託同人誌コーナーでも購入できるそうです。詳しいことは丸山さんのサイトでどうぞ。

http://maruproduction.com/index.html
↑MARU PRODUCTION

続きを読む "同人誌のタイトル決めました"

| | トラックバック (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »