コミックマヴォVol.5

« 「僕もお金を燃やしてみました」(2) | トップページ | こないだ中野のタコシェで »

2008/10/03

同人誌のタイトル決めました

まあコミケに届けを出すときにはもう決めてたんですが。誌名は「コミック・マヴォ」といいます。「マヴォ」にするか「MAVO」にするかはまだ流動的です。

Saiikikitansyu1 Kaibouyawa1 表紙はフラッシュアニメ『吉野の姫』の丸山薫さんに頼みました。丸山さんは去年、生まれて初めて自分の同人誌を出品したのだそうですが、最初に刷った500部がいきなり完売してしまい、あわてて増刷して次のコミティアとコミケで1000部売ったのだそうです。左が丸山さんが最初に出した『西域奇譚集』。それから『海防夜話』(右)という本も出てます。『西域奇譚集』は池袋ジュンク堂のコミティア委託同人誌コーナーでも購入できるそうです。詳しいことは丸山さんのサイトでどうぞ。

http://maruproduction.com/index.html
↑MARU PRODUCTION

それで俺の同人誌なんですが、多摩美卒業生の山下君にデザインを頼むことになりました。彼は今プロのデザイナーになっていて、今のところギャラを払う目処が立っていないので心苦しいのですが、なんとか山下君はじめ参加者一同に還元できる程度には売れて欲しいものです。

Mavoorg01 ←オリジナルの「マヴォ」誌創刊号(1924年)

ちなみにマヴォというのは、大正時代に結成された日本最初のダダイズム芸術家集団で、日本の前衛芸術を語るうえでは欠かせない存在です。なんでこれを誌名にいただいたのかと申しますと、実はこのメンバーに『のらくろ』の田河水泡がいたんですね。有名なマヴォのパフォーマンスで、天井から逆さ吊りになって両手を広げている若き日の田河水泡の写真があります。

Mavo4704220←有名なマヴォのパフォーマンス写真。逆さ吊りになっているのが田河水泡(高見澤路直)。

椹木野衣さんもおっしゃっていましたが、前衛芸術とハダカは昔から切っても切れない関係で、ダダカン師のはるか以前から前衛芸術家はこういうことをやっておったわけです。それで、前衛ではご飯が食べられないので、仕方なくマンガを描いたら大ヒットしてしまって後に引けなくなったのが『のらくろ』であったりするのです。

Mavo01_3

A案

別に俺は前衛マンガ雑誌を作るつもりはないのですが、日本マンガのルーツに大いに関係がある名前として「マヴォ」としたわけです。左は山下くんが作ったロゴ。C案まであって、まだ最終決定ではありません。

Mavo02_2 B案

これがカタカナパターンですが、とてもかっこいいけど、ちょっとすっきりしすぎているかなあと。オリジナル「MAVO」のロゴはフリーハンドで描かれていて、ヘタウマ感が強いんですね。それで、このマヴォという言葉には特に意味はないそうで、ただ音として発音したときに強いインパクトがある言葉だと思うわけです。もう少し乱暴で引っかかりのあるロゴにならないかなあ、と俺が言ったら、「では曲線と直線を混ぜてみましょう」と山下くんが言って、できたのが下のロゴ。

Mavo03_3 C案

デザインとしてはBのほうがまとまっているのだけれども、C案にはオリジナルのロゴにあったヘタウマ感があって、これはこれでいいと俺は思いました。まだ迷ってはいるんですが…。皆さんはどう思われますか。これから編集の進展具合につれて、このブログでも随時レポートするつもりです。

※以下、山下くんが送ってきた修正ロゴです。

Mavod_3 D案

Mavoe_4 E案

Mavof_3 F案

それはそうと、おとといコミケからハガキが来まして、一瞬当選通知かと思ってぬか喜びしましたが、俺の早とちりで、単に書類を受け付けたという確認通知でした。こちらの方も何かあればご報告します。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

|

« 「僕もお金を燃やしてみました」(2) | トップページ | こないだ中野のタコシェで »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/42667756

この記事へのトラックバック一覧です: 同人誌のタイトル決めました:

» マンガのススメ [残りものには福来たる~]
マンガのススメ [続きを読む]

受信: 2008/10/03 15:01

» ひまわり  Nicu Alifantis [yosi動画ブログ]
この曲は最初聞いたときからしびれた。素晴らしい! この動画をアップした感性豊かなスペイン在住の30代の女性Mariaは YouTubeを通じての友人だったので歌われている歌詞はどんな内容か知りたく 歌詞を送ってくれるようにメールで頼んだ。 それはひまわりが咲く夏の盛りの頃だ... [続きを読む]

受信: 2008/10/07 23:25

« 「僕もお金を燃やしてみました」(2) | トップページ | こないだ中野のタコシェで »