コミックマヴォVol.5

« 【告知】中野タコシェにて「マヴォ」販売&通販開始! | トップページ | 【業務連絡】「ロボットマンガ」を提出した1年の女子学生へ »

2009/01/10

『バクマン。』に関するコメント欄の流れ

1月8日にアップした「『バクマン。』のネーム原作について」のエントリのコメント欄では、活発な議論が続いています。すがやみつるさんや、俺自身も長文のコメントをアップしており、コメント欄では少しもったいない内容ですので、俺の判断で抜粋して、あらためてエントリ化してみました。

誤字脱字等、直したい箇所もあるんですが、あえて文章はそのままにしてあります。ちなみに抜粋ですので、オリジナルは割愛したレスも含めてコメント欄で読むことができます。

http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/takekumamemo/154/36-84

・・・・・・・・・・・・・・・【以下再録】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

36 : たけくま ★    2009/01/08(木) 13:17:10   ID:???
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-cd60.html

↑『バクマン。』のネーム原作について

45 : 774    2009/01/08(木) 22:35:22   ID:VnmDL1GQ

浮世絵も絵師、彫り師、摺り師と分業してましたしね。

53 : yuh-suke    2009/01/09(金) 00:46:18   ID:4JHp+uU+
(昔、先生にこういうような内容の質問とかしてみたりしたのだけれど…)
石森章太郎先生なんかは作品によってはネーム原作者と言っても過言では無いような
アシスタントの絵の味そのままで雑誌に掲載されていたし、ネームはネームでああいう感じだし

54 : すがやみつる    2009/01/09(金) 01:56:29   ID:n7i6AzDk
 ぼくは『ゲームセンターあらし』を連載していた頃から、「週刊少年マガジン」で『シェリフ』(作画・真樹村正)、「月刊少年チャンピオン」で『マイコン刑事』などの原作を担当していました。1980年頃からですね。『シェリフ』はシナリオでしたが、『マイコン刑事』は1回目のみシナリオで、2回目からネーム(絵コンテ)原作になりました。もともと「プレイコミック」連載用だったのですが、編集長の異動で、そのまま掲載誌が横滑りしてしまい、対象年齢も下がったことから、「『ゲームセンターあらし』みたいなハデな路線にしたい」と言われたもので。

 ペンネームを使ったり、名前の出ないゴーストライターだったり、そのあたりはこだわりがないもので、幼児誌から青年誌まで、いろんなジャンルの作品で、絵コンテ原作をやらせていただきました。

 最初はシナリオ原作で……という場合も多かったのですが、20~30ページくらいの読み切り連載というのが苦手というマンガ家さんが多く、ネームで時間がかかって締切が危なくなるということで、「だったらネームまでやりましょうか?」みたいなパターンが多かったかも。

 この少し後からスタートした情報マンガ、入門マンガの大半は、ぼくがネームを担当したものを元アシスタントや外部のマンガ家さんに作画してもらっています。作品によっては、いま時代小説作家になっている宮本昌孝がシナリオを書き(その頃、アニメ『じゃりん子チエ』などのシナリオも書いていた)、それをぼくがネームにしたものをマンガ家に渡す……といったこともしていました。

 パソコンの入門書あたりですと、こちらで下絵に近い状態まで入れる関係で、パソコンのことを知らないマンガ家さんともコンビを組める利点がありました。

 ぼくの場合、絵を描くのが苦手で、企画屋を自認していましたので、自分で描けないような劇画やギャグタッチの絵を描ける人と組むのが楽しみでした。

 http://www.m-sugaya.com/novel/

 ↑このあたりの作品は、逆立ちしても、こんな絵は描けないと思っていた人とのコンビでしたので、絵が上がってくるのが、とても楽しみでした。

56 : たけくま ★    2009/01/09(金) 02:36:19   ID:???

>すがやさん

わ。入れ違いですがやさんのコメントが。
すがやさんのようなベテランマンガ家が、ネーム原作者として
活躍していく例は、これからますます増えると思います。
実用書マンガとか、学習マンガの分野などでは、昔からあった
みたいですね。

80年代の話ですが、当時藤原カムイのアシスタントをしていた
杉浦くんという男が、描き下ろしで歴史マンガの執筆を請け負った
ことがあったんですよ。それには監修者(大学教授)と原作者が
いて、杉浦くんはてっきり原作がシナリオで渡されるものだと
思っていたら、ネーム原作で渡されたんだそうです。

そのネームには描いた人の名前が入っていませんでしたが、絵には
見覚えがあり、どう見ても白土三平氏の赤目プロで「カムイ外伝」や
「ワタリ」を描いていた小山春夫氏の絵だったそうです。

杉浦くんが言うには、ネームなのに惚れ惚れするような流麗な
タッチで描かれていて、「この絵を俺の絵に直してしまって
いいのだろうか」と罪悪感を感じたほどだとか。

今後は「ネーム原作」を作った人が「マンガ監督」として
クレジットされることも出てくるのではないでしょうかねえ。

57 : 名無しさん    2009/01/09(金) 07:34:28   ID:9/d+jRro

ネームを他人任せにする人は、「絵描き」であって漫画家といえないのでは?
演出を他人に丸投げする映画監督がいるんでしょうか?

58 : あおきひとし    2009/01/09(金) 08:07:08   ID:Bmj+0wsA

>57ネームを他人任せにする人は、「絵描き」であって漫画家といえないのでは?

 マンガが映画のように分業化し、プロダクション化しているという現実(竹熊氏もすがや氏もここで書いてますよ)を
まずは理解してくださいね。
 テレビドラマディレクターの小生としては、ネーム(絵コンテ)製作者が主導権を持つまんがにあって、「まんが家(+アシスタント)」は
ディレクターに対する役者(群)のような気がします。

59 : 名無しさん    2009/01/09(金) 09:54:15   ID:gdTDc2Tc

原作者と編集者の関係も変わりそう。

60 : 名無しさん    2009/01/09(金) 11:12:06   ID:u8/TQJ3+

コナンや名劇で誰が絵コンテを切っても、宮崎駿がレイアウトと
作画監督をやれば宮崎カラーの作品になってしまうのと同じで、
ネームまで原作者がやってもその作品の責任者が作画担当者である
ってことが成り立つ場合はあると思う
ガンダムにおける安彦良和の「アニメーションディレクター」という
立場に近いんじゃないかな

61 : 名無しさん    2009/01/09(金) 12:16:30   ID:9/d+jRro

>>58
たけくまさんやすがやさんの言う例は、そうゆうこともあるよ、ってことで
一般的な話ではありませんよ。

才能の枯渇してきたベテランが外部の力を借りる、って話とは全然違います。

マンガプロデューサー制同様、絵は描けないけど自分の思うとおりに
漫画を創りたいって人には都合いいシステムですが、
作画を担当するだけの漫画家は今の作画アシスタントとどう違うんですか?

62 : 名無しさん    2009/01/09(金) 13:45:50   ID:EagHdr9g

この流れが進むと、ネームを出版社が提供する新人賞なんて可能になりますね。

純粋に画力がわかるから、非常に面白そうです。チャンスも広がりますね。

63 : 名無しさん    2009/01/09(金) 14:08:20   ID:1N3FZurE

>>61
アメコミの製作方法を見ていると一理あるとは思います。
でも、ネームまで他人がつくるとしても、今の日本のやり方なら漫画家は
アニメで言うところのキャラデザインなどの役割も果たすので
単なる作画アシスタントよりは作家の個性が出るでしょうね。
絵柄ってのは作家の個性のアピールポイントですから。


話は少しずれるのですが小畑さんほどの細かく丁寧な書き込みの
絵柄ではネーム原作をもらわないと週刊連載なんて無理ですよねえ。

64 : 名無しさん    2009/01/09(金) 18:55:46   ID:2Yqb8BDk

>> 57
> ネームを他人任せにする人は「絵描き」であって漫画家といえないのでは?
色々考え方はあると思いますが自分も正直そこまでやってもらったら
作画アシスタントとあまり変わらない気がします。
例えばキャラデザを別の人に担当させて、コマ割りも構図もすべて原作者が
考え、作画はキャラデザを見ながら言われた通りに描くだけだとしたら?
そうなると単行本の印税は基本原作者のもので、
作画した人はアシスタント扱いで印税はあげませんよ、
作画料だけですよ、と言われても文句言えない気がする。
それでも本人がいいなら話は別だけど、仮にも漫画家を名乗るなら
あしたのジョーのちばてつや並みには作品にかかわりたいと思うな。

65 : 名無しさん    2009/01/09(金) 19:06:18   ID:A+TFzivk

シナリオ原作とネーム原作で原稿料は同じなのかな

66 : 名無しさん    2009/01/09(金) 19:13:15   ID:Sj0+neV2

いつぞやの、キャンディ問題に当てはまりそうですな

67 : 名無しさん    2009/01/09(金) 19:52:43   ID:Aagg96JE

「ヌキの絵」(オオゴマとか見開きとか)が原作担当から
指示されると作画担当は欲求不満たまらないかな

68 : 名無しさん    2009/01/09(金) 23:22:43   ID:uJOmSQAE

今、ジャンプはネーム原作に力を入れていて、バクマンでもネームが
書けない原作者はダメ、みたいな感じでしたが、あまり原作者志望に
それ(ネームも書ける能力)を求めすぎるのもどうかなって
思うんですよね。
ジャンプのストーリーキング大賞のネーム部門の入選作なんかも、
ほとんど下描きに近いくらい描き込まれてる作品が受賞してますが、
そうなると、絵の基礎技術はあるが、最後まで仕上げる根気のない
漫画家志望者くずれが増えてくのではないでしょうか。
まあそれは悪いことではないのかもしれませんが、たとえば、
コマ割りの技術はまったくないが、シナリオライターとしては
秀でた才能を持つ人たちの、原作者としての道を閉ざしてしまう
可能性が心配です。
今はジャンプだけが主かもしれませんが、それが漫画界全体に広まって
ゆくとなると・・・
もしも昔からネーム原作が主流だったのなら、梶原一騎も小池一夫も武論尊も。
または矢島正雄のようにドラマ畑から漫画原作も手がけるようになった人などが、
世に出られなかった可能性もあるわけで、第二、第三の彼らになれる
素質のある人の芽を潰しかねないのではないでしょうか?
仮に自分が編集者なら、ネームも書けるが話はソコソコ程度の原作者よりも、
コマ割りは漫画家任せになるが、メチャクチャ面白い話を作れる人を選びますね。

69 : たけくま ★    2009/01/09(金) 23:50:38   ID:???

俺は、マンガ家・編集者・原作者のコンセンサスがあらかじめ
とれるなら、原作者がネームまでやってその作品の「監督」に
なったり、編集者がネームを決めて「監督」になることがあっても
いいと思います。

もちろん「監督」をやらなければ気が済まないマンガ家もいるで
しょうから、従来通りマンガ家がネームと絵を担当して、原作者は
脚本に徹することもOKです。

ただその場合、「原作」という言葉は適当ではなく、「原案」または
「脚本」と表示するべきだと思うんですよ。

現状、マンガ原作者は「共作者」とされていて、マンガ家と同等に
印税が発生する著作権者になっているのですが、実態はシナリオ
ライターですから、最終的な作品にはタッチできないとなると、
非常に中途半端な存在だと思うんです。

俺は、ひとつの作品に作者が複数という状態は、非常に無理のある、
矛盾した状態だと思うんです。

要は、ある作品が成立するうえで誰の意志に基づくもので、責任者は
誰かというコンセンサスを「最初に」とるべきだといいたいんです。

昔だったらこれは、原作者とマンガ家の間に社員編集者が介在して
両者の関係を常に調整することで「うやむやに」なっていた問題なん
ですけど、この編集者が抜けた状態で原作者とマンガ家のエゴが
むき出しでぶつかってしまうと、「キャンディキャンディ裁判」の
ような悲劇が起きてしまうんです。

こういうばかげた事態を未然に防ぐ意味でも、作品をはじめる前に
関係者全員で役割分担と「責任の範囲」を確認し、できれば
契約書でそこをはっきりさせておく必要があると思います。

その段階で、この企画は原作者のものだから、マンガ化に際しては
原作者がプロデュースないしは監督としてこの作品の責任を持つ、
ということがあってもいいと俺は思うんです。

その場合マンガ家はアニメの「キャラクターデザイナー」および
「作画監督」のような位置づけになります。

もちろんマンガ家が「監督」になる場合は、原作者は「脚本」とだけ
クレジットされて、物語アシスタントとして、マンガ家の意図に
沿ったストーリーを提供すればいいと思います。

70 : 名無しさん    2009/01/10(土) 00:14:13   ID:3zRqHtZI

今回、竹熊さんが言われてることは、10年前に伊藤彩子さんの
「まんが原作者インタビューズ」で語られたことの結果編、発展編って
感じですね。「マンガ監督」って言葉もここで知りました。
あの本のインタビューで、竹熊さんは「ファミ通のアレ」は、
ギャグ漫画はシナリオだと言葉のギャグになっちゃうから、
ネームまでやらせてもらうように取り決めたと書かれてましたが、
そのとおりに全話ネームを描かれたのでしょうか?
(何年か前のたけくまメモに、ファミ通20周年記念の時の「アレ」復活版の
 ネームは載せてましたね)

71 : たけくま ★    2009/01/10(土) 00:47:41   ID:???

↑69の補足

>現状、マンガ原作者は「共作者」とされていて、マンガ家と同等に
>印税が発生する著作権者になっているのですが、実態はシナリオ
>ライターですから、

という部分、ちょっと書き方が不適当だったかもしれません。
というのは、映画やドラマの脚本家にも著作権が認められている
からです。

映画やドラマでは、俺が聞いている範囲では逆に監督に著作権が
認められてないそうですね。これはこれで、マンガとは逆の意味で
不自然な話ですね。実際の映画は、「監督の作品」として流通する
わけですから。

僕が上の書き込みで言いたかったことは、従来のマンガ原作者は
事実上の座付き作家のようなもので、「原作」そのものは読者の
目に触れることがないのに、そのマンガの「形式的作者」になっている
のはおかしいのではないか、ということです。

さいとう・たかを先生の意見もこれとほぼ同じで、さいとう作品では
一貫して「原作」という言葉を使わずに「脚本」表記になっています。

72 : たけくま ★    2009/01/10(土) 00:53:04   ID:???

>>70

『ファミ通のアレ』はネーム原作です。ただし、作画の羽生生純くん
と必ず一緒の部屋で、彼と話しあいながら僕がネームを切っていく、
という変わった方式をとっていました。

僕としては、マンガ家と同じ部屋で、顔をつきあわせながらネームを
切っていくこのやり方が、一番早く、性にあっています。
その場で互いの意思統一を図ることができるので、一度ネームが
できたらあとはマンガ家さんにまかせることができ、作業効率も
一番いいやり方だと思っています。

73 : 名無しさん    2009/01/10(土) 01:02:57   ID:3zRqHtZI

ああ、それは漫画家と個人的に親しい原作者なら、完璧な方法ですね。
僕の知ってる範囲だと、その逆に編集者が、原作者と漫画家を
会わせたがらないケースもあるそうで不思議です。
大場つぐみさんも、「担当さんが(小畑さんと)会う必要はないと
判断されたので」とおっしゃられてました。どういう意味での
判断かは分かりませんが。
結局、編集側が漫画家を自由にコントロールしたいからでしょうか?

竹熊さんの場合、チャイルドプラネットの場合だと・・・いや、これは
聞いちゃいけなかったですか(汗

74 : 名無しさん    2009/01/10(土) 01:16:18   ID:onub5FC+

たけくまさんの仰る通り
「マンガ家・編集者・原作者のコンセンサスがあらかじめとれるなら」
原作者がネームまでやるというのはアリだと思います。
ただ自分が思うに、漫画家を目指す人というのは全員とは言いませんが
たいがい「全部自分でやりたい」タイプが多いんじゃないかと思うんです。
以前、石ノ森章太郎が「漫画は映画に例えるなら監督、脚本、役者、他、
紙とペンさえあれば何から何まで全部ひとりで作れる。そこがいい」
というような内容のことを言っていたのを聞いたことがあります。
要するにある意味「全部ひとりでできるのが漫画の醍醐味」だと思うんで、
そこにやりがいを見いだす漫画家には分業は向いてないかもしれません。

もっとも読者側から見れば、制作過程がどうであれ読んで面白ければ
いいわけですから、編集者が監督になって全て指揮をとる形での
「完全分業制」があってもいいと思います。
その場合やはり最初に文書で細かいところまで責任の所在を
ハッキリさせた「契約書」を交わしておくのが
いいのではないでしょうか。ハリウッドの映画なんてすんごい分厚い
契約書を交わすということですが、漫画も分業制で製作するなら
口約束とか、なあなあで済ますのはトラブルの元でしかないと思います。
75 : たけくま ★    2009/01/10(土) 01:28:15   ID:???
>>73さん

編集者がマンガ家と原作者を会わせたがらない、という話はよく聞くんですけど、
おそらくこれには二つの理由があると思っています。

(1)マンガ家と原作者が直接会って作業をすると、お互いのエゴが
生でぶつかるため、最悪、作品が空中分解する恐れがある。

(2)マンガ家と編集者が直接連絡しあってネーム作りまで
やってしまうと、編集者が介在する余地がなくなってしまう。
編集者が自分の立場を確保するためにも、両者を会わせることに
本能的な危機感を感じている。

たぶんこのどちらか、または両方です。『サルまん』のような作品が
成立したのは、最初に僕と相原くんが知り合って友達になり、最初に
編集者抜きで企画を考えていたからだと思います。

この企画、どこに持ち込もうかねと話し合った記憶がありますもん。
『サルまん』は僕にとっては原作者ではなく「編集家」としての
最初の仕事であり、後に「マンガ・プロデューサー」を構想するに
あたっての原点的仕事になりました。

『チャイルドプラネット』は、最初から「原案・脚本家」としてだけの
参加が求められ、プロデューサー的な動きがほとんどとれなかった
ことによる失敗(僕の立場からすれば)だったと思います。

要するに僕はシナリオライターではなく、徹頭徹尾「編集者」だと
いうことです。その意味では、編集者(プロデューサー)的に
関わることができない原作仕事は、たぶん二度とやらないだろうと
思います。

77 : たけくま ★    2009/01/10(土) 11:23:58   ID:???

おっと重大な誤表記を発見。
俺の >>75 の書き込みのうち、

>(2)マンガ家と編集者が直接連絡しあってネーム作りまで
> やってしまうと、編集者が介在する余地がなくなってしまう。

の部分は、「マンガ家と編集者」ではなく、「マンガ家と原作者」
の間違いでした。訂正させていただきます。

78 : 名無しさん    2009/01/10(土) 12:43:47   ID:Np4oxD5A

>>57>>64で言ってることですが
最近の若い人は絵を描く仕事はしたいけど
漫画を描く技術ノウハウがない、というのがゴロゴロいるので
そういう人にとっては話考えなくていい、ネームもやってくれる、
自分はただネームのとおりに絵を描いて漫画に仕上げればいい仕事は
天国のような仕事ではないでしょうか。
むしろ全部自分でやりたい!という人が減っているように思います・・・
一番目立つ「作画担当」だ け 自分がやってチヤホヤされたい!的な感覚で。

パソゲ(ギャルゲエロゲの類)の原画屋、ラノベのイラストレーター志望は
ネット検索すればいくらでもでてきます。そのうち何割使えるかは謎ですが。

79 : 名無しさん    2009/01/10(土) 14:37:52   ID:onub5FC+

>>78
最近の若い人の傾向はともかく、やりがいをどこに見いだすかは
やはり人それぞれだと思いますよ。
自分も漫画(同人レベルですが)描きますけど、自分的には
漫画を描いてて一番楽しくてやりがいを感じる作業はネームです。
その一番楽しい部分(ネーム)を他人任せにするくらいなら描きません。
だからといってネームまでできれば作画は他の人でもいいかというと
それもイヤですね。キャラクターの微妙な表情なども自分で描きたいし。

昔気質の「全部ひとりでやりたいタイプ」だと思います。
(もっとも締め切りに追われる忙しいプロだったとしたら、
資料集めとかトーンワークとか背景等はやはり手伝ってもらわざるを得ない
だろうなとは思いますが・・・。ストーリーに関しては基本のアイデアだけ
「原案」という形で手伝ってもらうのはアリかなあとは思います。)

やりがいをどこに求めるかは人それぞれだし、需要と供給のバランスが
とれるのであれば、なんでもアリだとは思いますが、
個人的には、ネーム原作で作画だけ担当する人は漫画家というよりも
「作画職人」という呼称のほうがふさわしいのでは?と考えたりもします。

80 : 名無しさん    2009/01/10(土) 14:56:39   ID:Np4oxD5A

>>79
問題は「絵 だ け 描きたがる」人に
「作画職人」と呼べるレベルの技術のある人がほとんどいない
という点だと思いますよ。絵だけ描いてて食っていけるレベルなら
放っておいても向こうから仕事が舞い込んでくるでしょう。

81 : 名無しさん    2009/01/10(土) 17:13:36   ID:WKmj+E6k

今の漫画って絵のレベルが異常に高くなっていますよね。
そして読者もその高い水準の絵を求めている、
もちろんそういう絵の漫画がよく売れる。
出版社も当然そういう絵を求めてくる。
少し付け加えると今の読者の求める絵というのは
上手い絵というのはもちろん小畑健に代表されるよな
描写が細かくいんだけどそれでいてキレイで
手の込んだ絵(時間のかかる絵)なんだと思います。

これからの漫画の絵の主流が時間のかかる絵(キレイな絵)になっていくとしたら
原作兼ネームと作画の完全分業制の流れっていうのは自然な気がするんですけどね。

完全分業制と言えばアメコミがまず浮かびますね、
完全分業制がかなり合理的に機能している感じですね。
日本の漫画がああいう感じには進化するとは思えないですけど。
(アメコミの場合はもっと複雑な背景がありそうだし)

82 : 名無しさん    2009/01/10(土) 18:51:41   ID:WKmj+E6k

↑一度書いたのを編集してから書き込んだら誤字脱字だらけになった、
恥ずかしい。

83 : 名無しさん    2009/01/10(土) 19:12:26   ID:onub5FC+

今後の流れがどういうふうになっていくかを予想するのは難しいですけど、
自分が思うに、アメコミ的な完全分業制作品と、逆にアシスタントも使わず
全部自分で描くアーティストタイプの作品とに両極化していくのかもしれない。
どちらにもそれぞれ良さがあるから、需要があれば住み分けは可能だと思う。
高級レストランで食事をしたあとで、お母さんの手作り料理を食べたいと
思うことがあるように、技術的にはいまいちでも素朴で味のある絵の
漫画を求める読者もそれなりの割合でいると思いますよ。

84 : 名無しさん    2009/01/10(土) 20:26:10   ID:p7YDz6e6

『バクマン。』は、新しいマンガ制作を普及させるためのプロパガンダ・マンガかもしれない

この考えは思いつかなかった。でも、有り得るなー、とは思ったけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

|

« 【告知】中野タコシェにて「マヴォ」販売&通販開始! | トップページ | 【業務連絡】「ロボットマンガ」を提出した1年の女子学生へ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/43699566

この記事へのトラックバック一覧です: 『バクマン。』に関するコメント欄の流れ:

» [Web]芸術作品か工業製品か。 [うっくつさん本を読む。]
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-0b0f.html ここでは漫画についてのみ話をしているけども、内容は文化一般に通用する議論だと思う。 例えば、芸術の世界には「工房制作」という言葉がある*1。一人の親方が多数の職人を従えて壁画や彫刻を作成するとい... [続きを読む]

受信: 2009/01/11 02:16

» マンガ描きの分業化について [blog珍品堂]
 少年ジャンプで連載中の「バクマン。」の中で、最近のマンガの作られ方が明かされて [続きを読む]

受信: 2009/01/11 12:51

« 【告知】中野タコシェにて「マヴォ」販売&通販開始! | トップページ | 【業務連絡】「ロボットマンガ」を提出した1年の女子学生へ »