« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/29

健太郎、うどんが出来たぞ

「健太郎、飯だ。うどんを作ったから、食え」

と父親が声をかけてきました。退院以来、うちでは基本的に父親が食事の用意をしています。なにしろ俺は料理がまったくだめ。約20年間の一人暮らしのうち、自炊したのはトータル一週間くらいで、あとはオール外食で済ませてしまったくらいですから。

父親が作ったうどんを食べるのは初めてであります。母親が存命のころは、たまにうどんを作ってくれましたが、実をいいますと、俺は母親の作るうどんが好きではありませんでした。俺の母親は関東人で、彼女のうどんは関東特有の丼の底が見えない濃い色の出汁であるばかりか、汁とうどんを分けて茹でることをせずに、最初から一緒に入れてぐつぐつ煮込むため、汁が煮詰まってゲル状の粘性を帯びてドロドロとなり、それでもかまわず煮込むのでうどんが汁をすべて吸収して、しまいには子供の頃「少年マガジン」の秘境特集で見た「アマゾン奥地に生息する全長3メートルの大ミミズ」の如くにブクブクに肥大してしまい、それしか食べたことがなかったからです。

食事は「慣れ」とは申しますが、俺はおふくろの手料理に慣れたことがなく、なかでもうどんについては「うまい」と感じたことが一度もありませんでした。母親は「煮込みうどんよ」といいましたが、店の品書きにある煮込みうどんとは何かが違うような気がしました。

続きを読む "健太郎、うどんが出来たぞ"

| | トラックバック (1)

2009/04/25

30日、難波でのトークライブ「マンガの黙示録」が近づいてきました

えーと、この4月30日、午後7時半開場で行います大阪・難波のライブハウスmontageでのトークライブ「竹熊健太郎が語るマンガの黙示録」の開催が近づいて参りました。内容はかねがね「たけくまメモ」で語ってきたことがベースになっていますが、ここにきて佐藤秀峰さんが自身のブログで業界批判を繰り返したあげく、業界との訣別宣言ともとれるエントリを書くなど、マンガ界はいよいよ凄いことになってきています。そのあたりの話も、俺の立場からたっぷりするつもりです。

昨年の雷句誠さん事件につづき、佐藤秀峰さんの「事件」も、ともにエキセントリックな作家の個人的な行動だと済ませる向きがあるとすれば、おそらくそれは間違いです。マンガ界は、いや出版界全体がそうなのですが、業界の枠組みそのものが崩れる瀬戸際に立っていると俺は思います。

げんに俺は、名前を出せば「へえ、あの人が」と驚かれるような某マンガ家が、現在抱えている連載が終了したら、以後一切の連載依頼を断り、自分サイトでのネット連載に切り替えて単行本だけは某版元から出す段取りで、着々と準備を進めていることを知っています。というか、本人からこの耳で聞きました。この人はもちろん佐藤秀峰さんではなく、多くのファンを抱える別の中堅作家です。出版社からの依頼ではなく、作家の意志でこういう発表形態をとるということです。時期が来れば名前を発表できると思います。

続きを読む "30日、難波でのトークライブ「マンガの黙示録」が近づいてきました"

| | トラックバック (3)

2009/04/24

【告知】今後の「マヴォ」即売会参加について

告知がギリギリになってしまいましたが、あさって(4月26日)の同人誌即売会COMIC1にサークル名「時間藝術研究所」、誌名「コミックMAVO」で参加します。そのほか、このゴールデンウィーク中にSUPER COMIC CITYと、COMITIA88にも参加しますので、「マヴォ」をまだご覧になっていない方はぜひこの機会にお手にとっていただけると幸甚です。

●4月26日 COMIC1 有明ビッグサイト 東5 つ-25a

http://www.comic1.jp/
↑COMIC1公式

●5月3日 SUPER COMIC CITY18 有明ビッグサイト 東6 む-42a

http://www.akaboo.jp/
↑赤ブーブー通信社公式

●5月5日 COMITIA88 有明ビッグサイト 東1 の-01b

http://www.comitia.co.jp/
↑COMITIA公式

会場はすべて東京ビッグサイトですが、詳しいアクセスや開催時間などは各イベントの公式サイトをご覧ください。

続きを読む "【告知】今後の「マヴォ」即売会参加について"

| | トラックバック (1)

2009/04/22

なんとか生きてます

なんとか生きておりますが、激動の日々は続行中です。実は先週、精華の学生と話をしていて「自主ゼミ」の話が持ち上がりまして、この期に及んで忙しさにターボをかけてどうすると自分でも思うのですが、面白いことができるならそのほうがいいですから、たぶんやると思います。いろいろ正式に決まったらこのブログでも書くかもしれません。

こないだ新入生歓迎会というのがあって、俺も出席したのですが、さっそく堂々と新入生をナンパする学生がいたりして、青春だなあと思いました。

◎このエントリへコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (1)

2009/04/18

忙しいにも程があるというか

今、京都のレオパレスでこれを書いています。昨日の金曜日は多摩美の授業で、おとといまで京都にいました。それで本日午前中には京都にトンボ帰りですよ。

多摩美は金曜の4限だけなんですが、精華では一気に火・水・木で4つの授業を持つことになってしまいまして、その準備だけで土曜も日曜もありません。そのうえ、入試委員なんてものをするはめになり、加えて5月7日のメビウスシンポの準備もあります。

それだけではなく、中野晴行さんの単行本の解説と新聞コラムがふたつ。ど、どうすればいいいんですか!

とりあえず死にたくないので、ブログの更新頻度を落とすかもしれません。とはいえ「三日以上更新間隔を空けない」というマイルールを破りたくないので、当分の間、その時々の生存証明として、三日に一度なんか書くだけにします。4日以上空くことがあるかもしれませんが、たぶん死んではいないので、もしも一週間俺が何も書かなかったら初めて心配してください。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| | トラックバック (4)

2009/04/16

メビウスが描いたアトムが…

Mebius2 ←(C)Moebius Production

精華大学の公式サイトに「メビウス展」の告知がアップされましたのでお知らせします(これ書いている現在、京都国際マンガミュージアムのサイトでの告知はまだみたいです)。

http://www.kyoto-seika.ac.jp/index.php
↑京都精華大学top

http://info.kyoto-seika.ac.jp/event/2009/04/post-3.html
↑メビウス展告知ページ

精華大学の告知ページには、メビウス本人が描きおろしてくれた「メビウス展」の公式ポスターがアップされていますが、なんと! 京都国際マンガミュージアムの上空にメビウスのキャラクターの翼竜と鉄腕アトムが飛んでいます(ジェッターマルスではありません)。ちなみに地上に描かれている黄色いのはマンガミュージアムが誇る公式ゆるキャラクターの「マミュー」くんです。

http://www.kyotomm.jp/HP/mamyu.php
↑マミュー

続きを読む "メビウスが描いたアトムが…"

| | トラックバック (1)

2009/04/13

京都でメビウス展・京都と東京でシンポジウムやります

02imagot フランスの世界的マンガ家 ジャン・ジロー=メビウス氏といえば、大友克洋氏をはじめ日本のマンガ界にも多大な影響を与えたことで知られていますが、このたび京都精華大学の招きによって京都での展覧会のため来日することになりました。しかも5月7日と9日に京都と東京で当人および超豪華ゲストによる無料公開シンポジウムもあります(ただしマンガミュージアムには館内への入場料が別途かかります。一般500円)。以下は京都(精華大学主催)と東京(明治大学主催)でのシンポジウムの全容と案内であります。

※図版はすべて (C)Moebius Production

●5月6日(水祝) 於京都国際マンガミュージアム

トーク・パフォーマンス「メビウス×村田蓮爾 線が語る―イラストレーションからマンガへ」@京都国際マンガミュージアム メビウス氏と人気イラストレーター村田蓮爾氏との作品制作をめぐるトークイベント

出 演 者 メビウス氏(マンガ家)
      村田蓮爾氏(イラストレーター)
司  会  原正人氏(BD[ベーデー]研究会主宰者)
会  場  京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
日  時  2009年5月6日(水・祝)14:00~16:00
聴 講 料  無 料 ※ただし、ミュージアム入場料(一般500円、中・高生300円、小学生100円)は別途必要
定  員  250名(申込不要、先着順) ※当日午前10時より会場前にて整理券を配布(お一人様1枚限り)

http://www.kyotomm.jp/
↑京都国際マンガミュージアム
http://www.kyoto-seika.ac.jp/index.php

↑京都精華大学

続きを読む "京都でメビウス展・京都と東京でシンポジウムやります"

| | トラックバック (1)

2009/04/11

レオパレス入居報告(ブログ読者向け)

Madori このたび入居した京都のレオパレスですが、あれから契約書を読み返しましたところ、「室内に入居前からの傷跡があったら一週間以内にレオパレスまで報告」というのは、「一ヶ月以内」の間違いでした。そりゃそうだよなあ。もう少し住まないと、どこに傷があるかわかったものではないですからね。

そんなわけで、まだ少し時間はありますが、入居直後に発見した傷跡写真を撮りましたので、レオパレスに報告する前にブログに掲載して全国50万(推定)たけくまメモ読者の皆様にも証人になっていただきたいと思います。

上が間取り図です。狭いですがどうせ寝るだけの部屋ですのでこれで十分です。ただ、まだ布団を購入していないため、近所の登山ショップで寝袋を購入してこれで寝ております。ちょっと寝苦しいですが、来週京都に行ってから布団を注文したいと思います。

続きを読む "レオパレス入居報告(ブログ読者向け)"

| | トラックバック (2)

2009/04/08

京都のレオパレスで書いています。

現在、京都某所のレオパレスから更新中。レオパレスは昨日入居して、今夜で二泊目になります。なかなか新しくていいんですが、噂通り、隣の部屋や上の階で人が歩くと結構音がしますね。俺は大丈夫ですが、神経質な人は気になって寝られないかも。

あと、室内に前の住人がつけていた傷跡を発見。さっそく日付入りで写真に撮りました。これを一週間以内にレオパレスに送っておけば、退去時に水掛け論にならずにすみそうです。「部屋に傷を発見したら一週間以内に申告しろ」と契約時に用紙まで渡されたんですよ。こういうのを渡すということは……。

あと、いろいろ書きたいんですが、今使っているレッツノートのCF-R7はキーボードが小さすぎて長文打つのがしんどいので、明日の夜、自宅に帰ってからにします。ではまた。

◎このエントリにコメント→★
◎掲示板トップへ→★

続きを読む "京都のレオパレスで書いています。"

| | トラックバック (1)

2009/04/06

ブログを毎日更新できるか

以前も書いたと思うんですが、この「たけくまメモ」は、三日以上間隔を空けずに更新することを旨としております。別にそのことで直接お金になるわけではないんですけれども(アフィリエイトがちょっぴり動いたりはしますが)、これ以上間隔を空けてしまうと、そのままズルズル更新しなくなる危険があるんじゃないかと恐れているのですよ。

ブログの世界で四番目にアクセスを集めるのは面白い記事を書く人です。面白さにもいろいろあるわけなんですが、とにかく笑えるとか、読んでためになるとかが基本ですね。「おもしろくてためになる」というのは講談社を創業した野間清治が掲げた社是ですが、明治の奇才出版人宮武外骨のキャッチフレーズ「過激にして愛嬌あり」と同様、娯楽の本質であろうと思います。これについてはいろいろ思うところもあるので、そのうち改めて書きたいと思います。

それで三番目に集めるのが、まめに更新する人。これも、俺みたいに2~3日にいっぺんというのは実はよくありません。毎日更新が人気ブログになる基本ではないかと思うんですよ。実際人気ブログを見ますと、本当にまめに更新しているところが多いですよね。

知り合いのアルファブロガーでも小飼弾さん(→★)とか、ネットゲリラさん(→★)なんて人は、毎日どころか一日三回は更新してますからね。とても別のことをやっているとは思えないんですが、今度時間があったらじっくり問いただしてみたいです。いったいブログ以外に何かやってるんですかと。もしかするとヒマなんですかと。

続きを読む "ブログを毎日更新できるか"

| | トラックバック (3)

2009/04/03

京都から帰ってきました

さきほど3日間の京都行きを終え、自宅に帰ってきました。昨日、大学の自分の部屋(研究室)を確認したんですけれども、日当たりもよく、建物が新しいこともあって、なかなかいい部屋でしたよ。ただ前にこの部屋を使っていた准教授さんが、うっかり空けた数分間で泥棒が入った曰わく因縁のある部屋だそうで。うかうかしていられません。

病院の入院病棟とか、大学の研究室専門に狙う泥棒がいるんだとか。これを読まれている新任の大学教員がおられましたら、お互いに気をつけましょう。

講義は来週から始まります。火・水・木と京都精華大で、金曜日が多摩美の講義。やってみないとわかりませんが、ヘビーなことになるかも。これから大学で何をするのかは、これから「たけくまメモ」にもちょくちょく書くつもりですが、簡単に触れますと、精華大の木曜日と金曜の多摩美が「マンガ文化論」で、これは基本的に同じ講義をやる予定。アニメ史とマンガ史を相互影響の観点から見た歴史についてですね。すでに6年多摩美でやっているので、内容はほぼ固まっています。

続きを読む "京都から帰ってきました"

| | トラックバック (1)

2009/04/01

本日、教授就任式

本日は京都精華大学の入学式でしたが、その前に教職員の就任式があり、マンガ学部教授の辞令が交付されましたので、ご報告いたします。正教授に就任することは以前から決まっていたのですが、辞令交付まではそれ以前に一度内定していた特任教授なのか、正教授なのかはわざとぼかして書いていました。正式には教授ということですので、よろしくお願いします。

この歳になって、俺みたいなのが教授職で正規雇用されるというのも驚きですが、なったからには精一杯頑張る所存です。と書こうと思ったら、なんと昔から仲間だった伊藤剛氏も東京工芸大准教授になったことを自分のブログで書いていました。だいたいどこの大学も入学式とセットで4月1日にやることになってるんだな。エイプリル・フールと間違われないかしら。

http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20090401/1238547642
↑伊藤剛「東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授に就任いたしました。」

俺が所属するのはプロデュース学科ですが、これは今のところ精華大にしかない学科になります。一応「編集者養成」の学科なんですけども、実際には編集者にとどまらない、もう少し広い範囲までカバーする学科みたいです。

続きを読む "本日、教授就任式"

| | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »