コミックマヴォVol.5

« マンガ的には真央の勝ちなのだが | トップページ | 日帰りで博多に行ってきました »

2010/02/27

頑張れ真央ちゃん、まだソチがある。

真央ちゃんは残念な結果になってしまいましたが、それでも銀メダルですからたいしたものです。マンガ的には絶対に勝つパターンだったのですが、ここで負けたということは、間違いなく長期連載のフラグなのでしょう。キム・ヨナという最大のライバルも現れましたし、これであと4年間は連載が楽しめるのですから、むしろ喜ぶべきことと言えるのではないでしょうか。

こうなったら、失意の真央ちゃんの前にモロゾフコーチが現れて恋に落ちるとか、二人でデートに行った浅草サンバ祭りでヨナに勝てる究極の振り付けのヒントを得るとか、そうしているうちにタラソワコーチが血を吐いて「あと半年ですね」と主治医に冷たく宣告されるとか(少なくとも4年は「あと半年」状態が続くからご安心を)、家に帰ったらエアロが巨大化しているとか、キム・ヨナが回転中に異次元の世界に飛ばされるとか、モロゾフがなんとキム・ヨナのコーチになってしまうとか、失意で帰宅した真央をエアロがしっぽを振って喜びのあまり回転して出迎える様子から幻の五回転ジャンプのヒントを得るとか、各種面白い展開がてんこ盛りだと思いますのでお楽しみに。

ところで昨日のお昼は修学院の新居でガスの開栓に立ち会わなければならなかったんですよ。ちょうど試合の時間で、テレビもないしヤキモキしたのですが、1時半に開栓が終わって、あわてて近所の中華料理屋に入ったんですが、残念、最後の長洲未来が演技をしている最中でした。そのとき画面に映った順位表で、キム金、真央銀の結果を知ったわけです。

二条のレオパレスは明日いっぱいで完全に引き払わなければなりませんので、今日はちょっと大変です。落ち着いたら、新居の様子なども書きたいと思います。

|

« マンガ的には真央の勝ちなのだが | トップページ | 日帰りで博多に行ってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

そちがいうのはもっともである。

・・こういうダジャレは早い者勝ちトス

投稿: 門弟廃村 | 2010/02/27 17:11

>キム・ヨナが回転中に異次元の世界
スプリンター思い出した。
小山ゆうとかどうかしら

投稿: あさのときしだ | 2010/02/27 20:34

部屋にTVを置かないのはつい見てしまうと時間をとられてしまうからでしょうか?
USB接続のチューナとかでノーパソで見ると言うのも手軽でよいかと思いますが・・・・。

投稿: hiro4 | 2010/02/28 02:49

ヨナさん3月でプロ転向らしいですね。
そうなると、漫画的にはどうなるのだろう?
やっぱり、一旦プロになったものの怪我をしてスケーター生命が危ぶまれたヨナが、真央の励ましもあって五輪のリンクに帰ってくるという友情ものの要素が入ってくるのかな(笑)
 いかんなぁ。最近はたけくま先生の影響か漫画的に物事を考えてしまう(大笑)

投稿: めきし粉 | 2010/02/28 03:24

キムヨナ、プロ転向ですと?
勝ち逃げか……。
でもまあ、ピークの時に金とってプロに行くのは珍しいことではありませんけどね。

ここはやはり、次の世界フィギュアで真央が圧倒的なワザでヨナを引き離し、次の五輪までアマに留まって勝負を継続するとか。

今回の審査員の採点ミスが発覚して実は真央のほうが点が高いことが分かるとか。

あるいはキム・ヨナがハッと目覚めたらすべては夢の中の出来事で、バンクーバー五輪はまだ始まってなかったとか。
とにかくどんな手段を使ってでもライバル継続になる展開で引っ張りますよ、俺が原作なら。

投稿: たけくま | 2010/02/28 09:47

 残飯漁りやってるカラスみたいな展開ですな。

投稿: 渡辺裕 | 2010/02/28 10:43

キム・ヨナはアンドロイドだった!説

そして「4年後にアイル・ビー・バック。」
応えた真央は「アスタ・ラ・ビスタ・ベイビー!」とキメ台詞

投稿: ぬるはち | 2010/02/28 17:18

ヨナさんが交通事故で急死。
だが彼女には妹がいた。
潜在能力は姉をしのぐ。

これで十分ひっぱれると思うけど。(ツッコミ歓迎)

投稿: KLJ | 2010/02/28 21:46

金ダルを取り、自室に戻るキム・ヨナ。
部屋の中央の巨大モニターに一人の人物が浮かび上がる。
片膝を付き頭を垂れるキム・ヨナ。
「マスター。全ては指示通りに」
「よくやったわ、キム。これで第二段階に移れる。ククク・・・」
モニター越しに不適な笑みを浮かべるのは浅田真央の実姉、浅田舞であった。

投稿: とも | 2010/02/28 23:47

たけくまさんを始めとして皆さん面白いストーリーを思い付かれますね。読みながらPCの前で大笑いしています。

私からも殆ど妄想なアイディアを…
日韓合作の壮大な連載企画とし、韓流に付き物の要素も取り入れます。
とりわけ恋愛のところはモロゾフ・コーチではなく(安藤美姫さんのコーチだし^^)、高橋大輔くんを巡る真央ちゃんとヨナちゃんと三角関係にしちゃうかな。しかも織田くんはヨナちゃんに、小塚くんが真央ちゃんにそれぞれ想いを寄せている…など三角関係も複数個用意。

若き日のタラソワ・コーチにまつわる因縁関係や、和みキャラとしてエアロも登場してもらうます。もちろん主要キャラは頻繁に入院して、でも短期間に復帰する…などなどいろいろ妄想が膨らんで止まらなくなっています(笑)

投稿: れんげ草 | 2010/03/01 01:04

>れんげ草さん
韓流ストーリーなら、
持病があって入院しても次週は退院して元気になったり、
突然交通事故にあったり、
目が見えなくなったり、治ったり、
足を引っぱるオジサンオバサンがいたり、
横恋慕してる旧友が反目にまわって妨害してきたり、
不倶戴天の敵はじつはいいヤツだったり、
~するわけですな!

投稿: ぬるはち | 2010/03/01 06:40

・・ていうか、
韓国じゃ、今絶対作ってるよね。

『銀盤女王キム・ヨナ』(たぶんこんな題)

ライバル浅田真央ちゃんひどいキャラにされそうだ・・
(裏で妨害しまくりとかな。するわけねーっての)

投稿: ぬるはち | 2010/03/01 06:50

スレ違いで申し訳ないですが、
漫画投稿サイトが新しくできたようです。

MANGAROO(まんがるー)
http://www.mangaroo.jp/

まだ、それほど作品は集まっていないようですが、
流行ると良いですねー

投稿: SPQR | 2010/03/02 01:59

バンクーバーから帰国後、早速一人スケートリンクで練習に励む浅田真央。
そのときである。
いきなりリンク上に轟く雷鳴と共に巨大な悪魔が降臨した!
浅田が滑った氷上の軌跡が、偶然にも魔法陣として作用したのだ。
【我と契約を。さすれば汝の願いを叶えん!】

とか。

投稿: 87分 | 2010/03/02 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70029/47673155

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ真央ちゃん、まだソチがある。:

« マンガ的には真央の勝ちなのだが | トップページ | 日帰りで博多に行ってきました »